プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ

インプラント治療後も食事を楽しめるのか

歯を失い、その後の補綴治療を行うにあたって、多くの方が気にしているのがその後の食生活についてです。

補綴治療においては、歯の見た目や形を整えることはもちろん、歯の持っている機能を回復させることが重要視されます。噛むこと、咀嚼すること、(噛み砕く)、しゃべれること、物を飲み込むことなど、歯の健康が損なわれれば問題が起こる機能はたくさんあります。

これらの機能について、日常生活を問題なく送れる程度には回復する必要があるのです。歯の機能が関係することの中でも、毎日の食事は生きる上で絶対に欠かせないもののひとつです。栄養を摂取するという面でもそうですし、それ以上に食事を楽しみにしているという方も多いはずです。

歯を失ってしまえば、噛んだり、咀嚼したり、飲み込むという動作がこれまでと同じようにはできなくなってしまうため、しっかり治療していかなければいけません。インプラントはこれまでと同様に食事を楽しむという観点からもオススメの補綴治療です。



インプラント以外の治療法では食事を楽しめなくなることも

補綴治療としてもっとも広く知られているものはやはり入れ歯でしょう。その他にもブリッジやクラウン、インプラントといった治療方法があります。


入れ歯
01_15.jpg


ブリッジ
03_8.jpg


数ある補綴治療の中でもインプラントをオススメする理由のひとつが、他の治療方法に比べると治療後も食事を楽しみやすいということが挙げられます。入れ歯などは保険も適用される上に、治療期間も短いことが特徴的です。

しかし、隣の歯にバネをかけて入れ歯を固定するという仕組みである以上、噛む力など歯が本来持っている機能を完璧に回復できるとは言い難いのも確かです。歯茎とされる部分が傷ついたり痛んだりしてこれまでのように歯ごたえのある食べ物は食べにくくなります。

そして、入れ歯の隣にある(バネがかかる歯)への負担も大きく、口内の状態が悪化する場合があります。両隣の歯にかぶせるようにして失った歯を補うブリッジも同様にご自身の歯に対する負担が大きいのがネックとなる治療方法です。

これらの治療方法では、以前と同様に食事を楽しむのは難しいと言わざるを得ません。一方で、インプラント治療なら歯ごたえのある食べ物もしっかりと食べることが出来るのです。



インプラントなら歯ごたえのあるものでも安心して食べられる!

インプラントは、入れ歯等の治療方法と比べ噛む力がずっと強いというメリットがあります。完全に元の歯の通りとは行きませんが、それでも約80%ほどは噛む力が回復します。

入れ歯では自分の歯の20%ほどしか回復しないことを考えるとかなりの差であることがわかります。噛み合わせも安定し、しっかりと物を噛むことのできるインプラント治療であれば、歯ごたえのあるものはもちろん、今まで通りの食事を楽しむことができるのです。

 


むし歯の特徴

むし歯はどのような特徴を持った病気なのでしょう。歯の表面では、細菌が糖を分解して作る酸によって歯のカルシウムが溶けだす「脱灰」と、溶け出したイオンが再び歯に取り込まれる「再石灰化」が常に繰り返されています。しかし、このバランスが崩れて「脱灰」が優勢になると歯に穴が開いてむし歯が発症します。

「脱灰」を促進する因子としては細菌や糖分などがあり、「再石灰化」を促進する因子としてはだ液やフッ素などがあります。歯の質にも個人差があり、むし歯になりやすい人となりにくい人がいます。いずれにしても歯を磨いて最近の塊である歯垢をきちんと落し、フッ化物を適切に使用することはむし歯抑制の理にかなっていることになります。

また、むし歯の発症には歯が酸にさらされている時間が重要な条件になりますから、糖分をだらだらと摂取しないことも大切です。

むし歯は発症しても最初の内は歯の表層のエナメル質に限局していてまったく症状がありません。しかし、むし歯がエナメル質を貫通して象牙質に達すると、冷たいものがしみる程度の痛みから始まり次第に痛みが強くなってきます。

歯と歯の間や歯の溝の部分にできたむし歯の場合は、穴が外からは見えなくても中で虫歯が広がっていることもあります。金属冠が入ってきても、歯と金属冠の継ぎ目などでむし歯になることがあります。定期的にチェックされることをお勧めします。



むし歯の治療

むし歯はどのように治療するのでしょうか。むし歯の治療法は、むし歯がどの程度進んでするかによって大きく異なります。むし歯が浅い場合には、むし歯菌に侵された部分の歯質を削り取り、人口の詰め物を入れます。

一方、歯の神経にまで及んでいるような深いむし歯では、神経を取る処置が必要となるため、歯を削る量は多くなります。この場合には、歯を覆うような冠を装着することになります。

asai-hukai.png

近年は接着材料や審美的素材の開発とむし歯に関する研究の進歩から、なるべく健康な資質を削り取らずに治療を行う方法が生み出されてきました。

これを歯科ではMI(Minimal Intervention(ミニマルインターベンション)=最少の侵襲)といいます。これまでは、入れたものが外れたり周囲が欠けたりしないようにするため歯を余分に削る必要がありましたが、新しい接着材料が開発されたことにより、最小限に削るだけで十分長持ちするものを入れることが可能になってきています。

さらに、歯の色をした樹脂やセラミックスなどの素材を用いることで、金属を使うよりも見た目に自然な治療ができるようになりました。

むし歯は早期に発見できれば削らずに済む場合もありますし、処置を行う場合でも、たいていの場合簡単に治療ができますので、ぜひ、定期健診を受けるようにしましょう。

 


くさび状欠損

テレビで歯の知覚過敏症が紹介され、話題を呼びました。その原因は歯の頸まわり(歯頸部)にできるくさび形をした三角形の欠損(くさび状欠損)で、歯をコーティングしているエナメル質の構造が破壊され、内部の象牙質が露出している状態です。

象牙質にはエナメル質との境目から俗に「歯の神経」と呼ばれている歯髄に至る管状の構造(象牙細管)があり、これが露出すると温冷刺激が歯髄に伝わり、一過性の疼痛を引き起こすことになります。

くさび状欠損の成り立ちには二つの道筋があり、一つは過度のブラッシングによるものです。歯周病などですでに歯肉が退縮し、歯根が露出している場合は、強いブラッシング圧と硬い歯ブラシ、歯磨き剤に含まれる研磨剤の働きで、歯根表面を覆っているセメント質は容易に摩耗して、くさび状欠損を形成します。セメント質の硬度は象牙質とほぼ同じで、エナメル質程硬くはありません。

もう一つは、異常な咬合力による歯頸部エナメル質の破壊です。就寝中の歯ぎしりや食いしばりなど悪習癖がある患者は、異常な咬合力が歯に働き、歯頸部付近には強い応力がかかります。

そのためエナメル質の微細構造であるエナメル小柱が破壊し、エナメル質の剥離が始まります(アブフラクション)。エナメル質はダイヤモンドに次ぐ硬度があり、ブラッシング程度で摩耗することはありませんが、エナメル質が破壊されて内部の象牙質が出てきてしまうと、先ほどと同じ経過をたどって、くさび状欠損が形成されることになります。

くさび状欠損を起こさないように定期的な検診を受け、ブラッシングのチェックをするとともに、歯ぎしりや食いしばりには噛みあわせの調整やナイトガードというマウスピースによる治療が必要です。



知覚過敏症

くさび状欠損が形成されると象牙細管が露出するため、温冷刺激や蝕刺激に対して知覚過敏が起こります。従って、露出した象牙細管をふさぐことが、知覚過敏症に対する治療法になります。

まずブラッシングを徹底し、常にプラークがない状態をキープしておくと、だ液中のカルシウム分が沈着して再石灰化が起こり、象牙細管の閉鎖が期待できます。知覚過敏症専用の歯磨き剤やフッ素配合のジェルは効果がありますが、研磨剤を含む歯磨き剤は象牙質の摩耗に追い打ちを掛けますのでお勧めできません。くさび状欠損が浅く、後々むし歯になる心配がなければ、閉鎖のみで十分かもしれません。

ある程度深いくさび状欠損は、合成樹脂などで充てんする必要があります。現在、合成樹脂の材質や接着技術の改善が進み、丈夫で外れにくい充てんができる様になりましたが、エナメル質程の硬度はありませんので、過度なブラッシングが改善されないと再び摩耗してしまいます。

歯肉が退縮して審美性の問題があるようでしたら、外科的にくさび状欠損部を歯肉で覆い、知覚過敏と見た目を同時に回復する歯周外科手術という方法もあります。

また、アブフラクション(エナメル質の剥離)が原因でくさび状欠損が生じている場合は、歯にかかる異常な咬合力を解決しないと、充てん物が脱落(再発)したり、別の歯に新しいくさび状欠損ができたりしてしまいます。就寝中に装着するないとガードと呼ばれるマウスピースが有効です。

知覚過敏症は、お口の中の温度の差が大きいときに起こります。歯磨きの後、体温と同じ温度のぬるま湯で口をすすぐと過敏症状は起こりませんが冷たい水道水ならてきめんです。冬、温かい室内から外に出て、冷たい空気を口で吸うとジーンときますので、マスクなどして冷たい外気を遮断してください。

 


入れ歯治療のメリット

なんらかの理由で歯を失ってしまった場合、その部分を補うための治療が必要になります。現在、その治療法は多岐に渡っています。

もっとも一般的で知名度も高いのは入れ歯、入れ歯を作るということですが、その他にもブリッジやインプラントなど、様々な治療法があります。それぞれの治療法にメリット・デメリットがありますが、一番選ばれている入れ歯という治療法にももちろんいくつかのメリットがあります。

それは治療に外科処置が必要ないこと、周囲の歯を削らなくても良いということです。インプラントの場合は顎の骨に直接人工の歯根を埋め込みますので手術をしなければいけませんし、顎の骨の状態や身体全体の調子が良くなければ治療を受けられないという欠点があります。

ブリッジは入れ歯とも似ている部分のある治療法ですが、固定するために歯の失われたスペースの両隣の健康な歯を削らなくてはいけません。健康な歯を削る上、その後は削った歯でブリッジを支えるため負担も大きいのです。

入れ歯であれば、インプラントやブリッジにおける術式などは必要ありません。多少の違和感を覚えることもありますが、丁寧に型を取って歯ぐきに合わせればさほど気にならないでしょう。



失った歯の早急な治療にも有効な入れ歯

歯を失ってしまっても、1本くらいならさほど問題ない、奥歯だから目立たない……と治療を後回しにしてしまう方も実は少なくありません。ですが、歯はたとえ1本でも欠けてしまうと身体への影響がとても大きく、できるだけ早い段階での治療が必要となります。

入れ歯治療は、治療期間が短くて済むという点でも失った歯の治療としてはメリットが大きいです。インプラントやブリッジは、手術をしたり歯を削ったりという工程が必要になるためどうしてもその分治療にかかる時間が長くなってしまいます。入れ歯なら手術は必要ありませんので、それだけ早く治療を終え、失った歯の機能を回復することができるのです。

入れ歯は他の治療法と違い取り外し式ですので何度か調整が必要になることもありますが、それを合わせてもインプラント・ブリッジより短期間の治療です。できるだけ早く治療を終えたい方にはおすすめできる治療法です。



入れ歯なら短い治療期間と比較的安価な費用で安心!

入れ歯治療のメリットのひとつが、比較的安価に治療を受けられるということです。入れ歯は保険が適用される治療ですので、自由診療のインプラント等と比較するとかなり費用を抑えることができます。もちろん素材などにこだわれば入れ歯であっても自費になってしまいますが、それでも複数の歯を失った場合には入れ歯の方がずっと安価です。

短い治療期間と比較的安価な治療費のおかげで、入れ歯治療はどなたでも安心して受けられる補綴治療のひとつとなっています。

ireba.jpg


など、いろいろあります。お気軽にご相談ください。

 


外見にも大きく関係する歯の美しさも守れるインプラント

歯の治療に関して、その機能だけを回復できればそれでいいと考えている方も少なくありません。ですが自分自身で意識する以上に、歯の美しさは外見に大きな影響を与えています。

特に前歯は、会話や食事のときなど口を開ければほとんど必ず見えるものです。前歯の見た目が気になっていると自然に笑えませんし、人前でおしゃべりすることにも抵抗を感じてしまいますよね。美しい歯であれば明るく綺麗な笑顔を見せること、会話を楽しむことも自然にできます。

このように直接人の目に触れる前歯だけではなく、実は奥歯も容貌に関係しています。なんらかの理由で奥歯を失ってしまったとしても、もちろんそう簡単には他の人の目に触れることはありません。

ですが歯を失った分噛み合わせが悪くなり、顔の筋肉のバランスが崩れて容貌が変化してしまうこともあります。直接見えない部分だからといって見た目には問題ないと判断してはいけないのです。

このように、歯は人の外見、特に顔の様子に深く関わっています。歯の持つ機能的な側面だけではなく、美的な側面からも有効な治療を考えると、インプラント治療は特にメリットが大きいといえます。



審美性も優れているインプラント


治療には多くのメリットがありますが、その中でも見た目が自然な仕上がりを期待できるというのは大きなポイントのひとつです。例えば部分入れ歯は、機能的側面については補えても見た目が不自然になってしまうこともしばしばあります。

「入れ歯を使用している」ということを意識しすぎて以前のように人前での会話を楽しめなくなってしまった、という方もいます。ブリッジについても、審美性と機能性の両方を取ることは難しいケースもあります。

機能性に優れた素材では見た目が、審美性に優れた素材では機能的側面が不足することもあるのです。一方、インプラント治療にはそういった問題はほとんどありません。もちろん審美性の高いインプラント治療のためには医師との綿密なコミュニケーションが欠かせませんが、機能性の高さだけではなく残っている他の歯とも馴染み自然な見た目を持つ義歯を実現することが可能なのです。特に目立つ前歯の治療に関しては、自然な歯に近い見た目のインプラント治療がおすすめです。



インプラントで明るい笑顔を取り戻そう!

自然で美しい歯並びは、食事や会話などの日常生活に欠かせないものです。普段は特に意識していなくても、実際に失ってみるとその大切さがよくわかるはずです。インプラントは、機能面だけではなく見た目の面からも失った歯を補える治療法です。インプラント治療で、また以前のような明るい笑顔を取り戻しましょう!

2_147.jpg


1_163.jpg 

 


デンタルフロスと歯間ブラシ

むし歯(う蝕)も歯周病も、歯垢(デンタルプラーク、細菌の塊)が原因です。歯のどの部位に歯垢がついているかは、歯垢染色液を使えばよくわかります。そして口腔清掃の状態は全体の歯面の何%に歯垢がついているかをカウントする、プラークスコアによって評価するのが一般的です。当然このスコアが低いほど歯垢がよくとれている、歯磨きをうまくできているということになります。

歯の清掃に関心がある方はご存知と思いますが、一般的な歯ブラシ以外に歯と歯の間(歯間部)を清掃する器具にデンタルフロスと歯間ブラシがあります。と、いうのは、いくらうまく歯ブラシで磨いても、歯間部は20〜30%の歯垢が残ってしまうことが多いのです。

floss-50burasi.png

デンタルフロスや歯間ブラシは補助清掃器具とよばれ、歯ブラシと併用して上手に使うとプラークスコアを10%以下にすることができます。つまりう蝕や歯周病のリスクを下げることができると考えられます。

デンタルフロスには糸巻タイプと柄つきタイプ(糸ようじなど)がありますが、柄つきタイプの方が初めての方には使いやすでしょう。フロスは歯と歯の間に強く入れると歯ぐきを傷めますのでのこぎりを引くようにスライドさせて入れ、歯面に沿わせて動かしてください。歯間ブラシは効果的な器具ですが、サイズの選択が難しいので、どの部位に歯間ブラシの使用が適当なのか、歯医者さんで相談するのが良いでしょう。

いずれにしても、歯間部の清掃は口腔衛生の維持のためには重要な部分ですので、専門家のアドバイスを受けられることをお勧めします。



洗口剤の効果

ugai.pngたくさんの洗口剤が市販されていますが、歯磨きと同じような効果があるのでしょうか?


洗口剤は液状のうがい薬で、塩化セチルピリジニウムやポビヨンヨードといった殺菌作用のある薬剤が配合されていて、むし歯や歯周病の原因である歯垢(デンタルプラーク)の形成を抑制するとされています。また口臭予防もうたわれています。

歯垢は、歯の表面に多数の種類の細菌が集団となって付着している最近の塊です。そして、その塊は細菌だけではなく、細菌が作り出した水や竹駅に溶けないネバネバした多糖類をその周りに形成し、まるで鎧をまとっていると例えられる構造をもっています。

このよう構造を持つ細菌の集団は、細菌バイオフィルムと呼ばれています。歯垢はブクブクうがいでは歯の表面からはがれず、洗口剤の薬剤も内部まで浸透しないので、洗口剤だけで破壊することはできません。

この細菌バイオフィルムを破壊、取り去るには、歯ブラシやデンタルフロスを用いて機械的に取り除く必要があります。洗口剤のはたらきは、うがいにより口の中の細菌を減らすことができるので、いったん歯垢が除去された後、再び歯の表面に歯垢が蓄積することを抑制することができます。

洗口剤は口臭をなくす効果がありますが、これはメントールのような香味剤の働きが大きく、口臭の原因である歯垢や舌苔を取り除くものではないので、一時的な効果にとどまります。このように、洗口剤は歯磨きと併用する補助的な使用が望ましいと考えられます。



キシリトール配合のガムで虫歯の予防ができるのでしょうか?

キシリトールは白樺の樹液などから抽出される天然の甘味料です。砂糖と違い、酸を生成しませんから歯垢をつきにくくし、はがれやすくします。

また、むし歯菌(ミュータンス菌)を減少させることがわかっています。むし歯予防に効果的な製品には、甘味料としてキシリトールが50%以上含まれていることが望ましく、100%配合のガムが最も効果的です。ガムを噛むことによりだ液量が増え、歯の再石灰化が促進されること効果の一つです。

予防目的で使用する場合、1日3〜4回食べることが効果的で、歯垢を落しやすくするには歯磨き前が、また、だ液の分泌が減るお休み前に噛むことも効果的です。

キシリトール入りのガムは食品ですが、体質によっては下痢などの症状が出る場合もあるので注意が必要です。キシリトールを食べると、2習慣で歯垢が減り始め、3ヶ月ほどで虫歯になりにくくなるという研究発表も出ているようですが、毎日の歯磨きが一番大事だということは言うまでもありません。

キシリトールについて過剰な期待を持つことはお勧めできませんが、無理なく摂取できる方法を習慣にすると効果があるかもしれませんね。



キシリトール100%ガム(オーラル・ケアー社)
ugai.png








 


失ってしまった歯の治療としてメリットの多いインプラント

インプラントは、失ってしまった歯の補綴治療としてメリットの多い治療方法です。歯を失ってしまった場合に行う治療には他にも様々なものがありますが、インプラントはその中でも特にメリットが多く、元の歯と同じような機能を取り戻すにはおすすめの治療法です。

インプラント治療では、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上にセラミックなどから作られた義歯を取り付けることになります。

手術も必要になるため入れ歯やブリッジといった他の治療法よりも時間や費用はかかりますが、その分自然の歯とさほど変わらない見た目や機能を有しており、治療後の食事や噛みあわせ、言葉の発音なども安定しているのが大きなメリットです。

また、失った歯の隣の歯など、残っている健康な他の歯に負担がかからないのもインプラント治療の特徴です。歯の治療においてはできるだけ元の歯を残すことが重要視されます。他の歯へ影響の少ないインプラントは、健康な歯を守り続けるという意味でもおすすめです。




インプラント以外の治療では残った歯への負担が大きい

インプラントは、先ほど説明した通り、基本的には義歯を失われた歯が生えていた箇所へ直接埋め込むという治療法です。

入れ歯やブリッジなど、他の治療法との大きな違いは、インプラントは周囲の歯の支えを必要としていないということです。

入れ歯やブリッジにおいては、残っている他の歯で義歯を支えるために負担も大きく、元々健康であった他の歯まで失うというリスクが残ります。

1_161.jpg



部分入れ歯を使用する場合には隣の歯にばねで固定することになり、長い間使用しているとばねを掛けられている歯も失う可能性があります。


4_55.jpg


またブリッジで治療する場合には、両隣の歯を削る必要があります。虫歯等にかかっているわけでもない健康な歯をわざわざ削るのですから、当然負担も大きくなります。


3_97.jpg



このように他の治療法では健康な歯に負担をかけ傷つける可能性が高いことを考えると、やはりインプラントはメリットの大きい選択だといえます。




インプラントで残った歯のケアも万全に!

失った歯がたった1本であっても、人の身体には大きな影響があらわれます。ほんの少し噛みあわせに問題ができるだけで、健康な暮らしが脅かされてしまうのです。また、適切な治療を行わなければさらに複数の歯を失う可能性も充分考えられます。

インプラントは確かに他の治療法と比べれば費用や時間が多くかかりますが、だからといって他の治療法を選び残った歯に負担をかけ続ければさらに歯の状態が悪化する可能性はどんどん高くなっていきます。

失う歯が増えれば増えるほど治療費や治療期間も比例して増えることを考えれば、最初からインプラントでしっかり治療しておくことがおすすめです。

 


むし歯にならないために気をつける事

むし歯にならないためにはむし歯の原因を理解することが大切です。
歯の主成分であるリン酸カルシウムは、酸によってリン酸イオンとカルシウムイオンに分解され、酸がなくなれば結合します。

すなわち、口の中が酸性状態になれば歯は溶け出し(脱灰)、中性状態になると脱灰された部分が埋められます(再石灰化)。食事のたびにこの脱灰と再石灰化を繰り返していますが、だらだらと食べる回数や歯垢(プラーク)が多いと酸性状態が長くなり再石灰化する時間がなく、バランスが崩れ、歯に穴があき、むし歯になるのです。

歯垢にはむし歯菌(ミュータンス菌)によってつくられた乳酸が多く含まれているため、歯垢が長時間ついているとそこはいつも酸にさらされていることになります。だ液には再石灰化に必要なリン酸イオンやカルシウムイオンが含まれており、酸を中和して中性に戻す性質や食べかすなどを洗い流す性質があります。

以上のことからも虫歯を予防するには、歯垢をなくし、だ液をたくさん出すことが大切になります。歯垢をなくすには適切な歯磨き方法を身につけることと、食べた後すぐに磨く習慣をつけること、睡眠時は、だ液が少ないので寝る前はしっかり磨くこと、だ液をたくさん出すためによく噛んで食べることが虫歯予防の基本となります。歯磨きの基本をかかりつけの歯科医院でしっかり習得してください。

2018071913532126947.png



むし歯の予防法

最近の研究では、むし歯の予防には歯磨きで歯垢(プラーク)を除去すること以上に、フッ化物を利用して歯の再石灰化を促進させ、資質を強くすることが効果的であるわかってきました。ですから、ブラッシングの際にはフッ素入りの歯磨き剤やデンタルリンスを併用することが肝要です。

むし歯にやりやすい人、なりにくい人、つまり個人差があります。自分の危険因子がどのレベルなのかを知っておくことが重要です。

むし歯の量、だ液の性状や分泌量、資質の強さ、歯並び、喫煙・飲食の習慣、睡眠時間、体の抵抗力などが危険因子と考えられています。むし歯菌の栄養になる砂糖が口の中に長くあると、むし歯になりやすくなるので、甘いものをだらだらと口にしないことや歯並びを矯正して歯磨きをしやすいようにすることも有効です。

最近では、フッ素入りの歯磨き粉やデンタルリンスも市販されていますし、キシリトールによってむし歯菌の量が減ることもわかってきましたので、食後にキシリトールのガムやタブレットを食べることを推奨している歯科医も多くなっています。

子どもの場合は歯並びを矯正して歯磨きをしやすくすることや、歯が生えたらすぐに、むし歯になりやすい溝を特殊なプラスチックで埋めて歯垢をつきにくくするシーラント法が効果的です。

かかりつけの歯科医院では、危険度を考慮して歯のクリーニングや検診の間隔を決めています。定期的にチェックを受け、いつまでも健康な歯で過ごしたいものです。

2018071913532126947_1.png

 


歯を失った際に必要な治療のひとつにインプラント治療があります。

普段の生活の中ではあまり意識しない方も多いかと思います。しかし歯や口内の健康は日常生活の中の様々なことに関係しています。毎日の食事はもちろんのこと、会話や表情の変化などにも深く関わっているのです。

そんな大切な歯を失ってしまうと、食事や言葉の発音、表情をはじめ身体全体の様々な部分に問題が出てきます。残念ながら何らかの原因により歯を失ってしまった場合には、失った部分を補うために何らかの治療を受ける事が必要になります。

そういう治療の中でも、メリットが多くおすすめしたい治療法がインプラントです。
implant-.pngその他には入れ歯やブリッジなどが一般的な治療法です。そのどちらもインプラント治療程自然な歯に近い状態を回復することは難しいでしょう。治療費が高額になるというデメリットはありますが、健康な歯を取り戻すにはインプラントが最も適しています。



〇インプラント治療と他の治療との違いとは

多くの歯科でインプラント治療をおすすめしているのはインプラントとその他の治療法には大きな違いがあるからです。入れ歯やブリッジは歯を失った際の治療として真っ先に思い浮かぶ治療法です。治療期間が短くて済む事、保険が適用される為治療費が比較的安価であることもメリットになります。

しかしデメリットもいくつかあるのです。
例えば見た目が自然な歯とはどうしても違ってきますし、歯としての機能も元々生えていた天然の歯にはとうていかないません。毎日のケアも丁寧に行う必要があり、仕事等で忙しい日々を送る方には面倒でしょう。

一方インプラントは人口の歯を埋め込む為見た目がとても自然です。天然の歯に近い見た目を取り戻せるので、前歯など目立つ部分の治療にはぴったりです。また咬み合わせや言葉の発音などについても天然の歯にちかいものを取り戻せるので、機能面でも安心です。

このようにインプラントとその他の歯を補う治療比べてみると明確な違いがあることがわかります。入れ歯などの治療法が持つデメリットの多くを解消してくれるのがインプラント治療なのです。



〇高額でもインプラントがおすすめ

インプラント治療に踏み切れない方も多い理由のひとつにインプラント治療は保険適用外の治療でどうしても費用が高くなってしまうという事でしょう。又手術が必要になる為治療期間が比較的長く入れ歯、ブリッジ等と比べ治療を終えるまでに時間がかかってしまうのもネックです。

ただ、インプラント治療のもつメリットにはこういった金銭的、時間的なデメリット以上に健康上重要なものばかりです。これからの人生を健やかに過ごすため、やはり一番おすすめなのはインプラント治療といえます。 

2018071212052836607.png

 


むし歯の予防に役立つ食品

「むし歯になりやすい食品」と言えば皆さん、甘いもの、砂糖がたくさん含まれている食べ物、飲み物をあげられると思います。

それはむし歯の原因菌であるミュータンス菌が砂糖を好んで分解し、酸を産生し、むし歯を作ることが広く知られているからです。

これに対して、むし歯になりにくくする、むし歯のリスクを低下させる食品もあります。以外に知られていないのはチーズで、中でも水分が少なく熟成期間の長いハードタイプのチーズは、むし歯のリスクを低くする食品としてWHO(世界保健機関)が認めています。

これは、チーズの中にリン酸やカルシウムが多く含まれていることによります。リン酸は唾液が酸性状態(歯の表面が溶けてむし歯になる状態)に傾くのを防ぎます。またカルシウムが唾液に多く供給されると、歯の表面が少し溶けても再び硬い歯質に戻る(再石灰化)のを助けます。

キシリトールや食物繊維もむし歯予防に役立つ食べ物として挙げられていますが、チーズほどではないようです。
201807052049172821.jpg


このようにむし歯と食べ物には関連がありますが、その摂取方法も大きな要素です。甘いもの(飲料も含めて)を、1日に何回もだらだらと摂取する生活習慣がむし歯のリスクを高めます。何をいつ食べるかににも関心を向けて、むし歯になりにくい食習慣を身につけることも、むし歯の予防には大切です。



定期的な通院のすすめ

以前は、歯医者さんへは歯の具合が悪くなってから行くものと考えられがちでしたが、近年、歯科医院へ定期的に通院している方もかなり多くなってきました。
一般的に虫歯や歯周病で自覚症状が出てくるのは、かなり病気が進行してしまってからです。病気が重症化してきてからの治療ではどうしても時間を要したり歯を抜かなくてはならなかったりするケースが出てきます。このような重症化を防ぐのに、定期的な歯科受診は有効です。

むし歯や歯周病は口腔内に常在する細菌によって引き起こされる病気であり、完全に発症をなくすことは不可能です。残念ながら、たとえ定期的に歯科に通院したとしてもむし歯や歯周病に全くならなくなるということはありません。

けれども、自覚症状のない間にチェックを受けることでむし歯や歯周病の初期病変の発見や経過観察、ブリッジや入れ歯の状態確認、場合よっては口腔がんなどの疾患の早期発見などができます。

例えば初期の虫歯が見つかれば、ブラッシング指導や糖分摂取指導、フッ素塗布などを行って再石灰化をはかる。軽度な歯肉炎があればブラッシング指導と歯石除去で改善することができます。いずれも比較的簡単な治療です。

また、定期健診をきちんと受ける方ほど口腔への関心が薄れないため口腔衛生状態が良く、経年的な歯の喪失も少ないことが報告されています。年に1、2回が一般的ですが、それぞれの方のお口の状態や生活習慣などにより間隔を短くしたり長くしたりすることもあります。

まだ定期的な通院をしていない方は一度、歯医者さんでご相談されてみてはいかがでしょうか。

 



137件中(1件〜10件を表示しています)   前   |  

診療時間
フォームからのご予約はこちら
無料メール相談受け付けはこちら
無料託児サービスの詳細はこちら

インプラント インプラントとは 泉田歯科医院のインプラントとは

banner_icoi.png
banner_kaigai.png 海外研修・ドミニカ診療奉仕 海外研修・ニューヨーク大学 海外研修・ハーバード大学 海外研修・ハーバード大学 海外研修・コロンビア大学

海外研修・ハーバード大学