プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ

失ってしまった歯の治療としてメリットの多いインプラント

インプラントは、失ってしまった歯の補綴治療としてメリットの多い治療方法です。歯を失ってしまった場合に行う治療には他にも様々なものがありますが、インプラントはその中でも特にメリットが多く、元の歯と同じような機能を取り戻すにはおすすめの治療法です。

インプラント治療では、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上にセラミックなどから作られた義歯を取り付けることになります。

手術も必要になるため入れ歯やブリッジといった他の治療法よりも時間や費用はかかりますが、その分自然の歯とさほど変わらない見た目や機能を有しており、治療後の食事や噛みあわせ、言葉の発音なども安定しているのが大きなメリットです。

また、失った歯の隣の歯など、残っている健康な他の歯に負担がかからないのもインプラント治療の特徴です。歯の治療においてはできるだけ元の歯を残すことが重要視されます。他の歯へ影響の少ないインプラントは、健康な歯を守り続けるという意味でもおすすめです。




インプラント以外の治療では残った歯への負担が大きい

インプラントは、先ほど説明した通り、基本的には義歯を失われた歯が生えていた箇所へ直接埋め込むという治療法です。

入れ歯やブリッジなど、他の治療法との大きな違いは、インプラントは周囲の歯の支えを必要としていないということです。

入れ歯やブリッジにおいては、残っている他の歯で義歯を支えるために負担も大きく、元々健康であった他の歯まで失うというリスクが残ります。

1_161.jpg



部分入れ歯を使用する場合には隣の歯にばねで固定することになり、長い間使用しているとばねを掛けられている歯も失う可能性があります。


4_55.jpg


またブリッジで治療する場合には、両隣の歯を削る必要があります。虫歯等にかかっているわけでもない健康な歯をわざわざ削るのですから、当然負担も大きくなります。


3_97.jpg



このように他の治療法では健康な歯に負担をかけ傷つける可能性が高いことを考えると、やはりインプラントはメリットの大きい選択だといえます。




インプラントで残った歯のケアも万全に!

失った歯がたった1本であっても、人の身体には大きな影響があらわれます。ほんの少し噛みあわせに問題ができるだけで、健康な暮らしが脅かされてしまうのです。また、適切な治療を行わなければさらに複数の歯を失う可能性も充分考えられます。

インプラントは確かに他の治療法と比べれば費用や時間が多くかかりますが、だからといって他の治療法を選び残った歯に負担をかけ続ければさらに歯の状態が悪化する可能性はどんどん高くなっていきます。

失う歯が増えれば増えるほど治療費や治療期間も比例して増えることを考えれば、最初からインプラントでしっかり治療しておくことがおすすめです。

 


むし歯にならないために気をつける事

むし歯にならないためにはむし歯の原因を理解することが大切です。
歯の主成分であるリン酸カルシウムは、酸によってリン酸イオンとカルシウムイオンに分解され、酸がなくなれば結合します。

すなわち、口の中が酸性状態になれば歯は溶け出し(脱灰)、中性状態になると脱灰された部分が埋められます(再石灰化)。食事のたびにこの脱灰と再石灰化を繰り返していますが、だらだらと食べる回数や歯垢(プラーク)が多いと酸性状態が長くなり再石灰化する時間がなく、バランスが崩れ、歯に穴があき、むし歯になるのです。

歯垢にはむし歯菌(ミュータンス菌)によってつくられた乳酸が多く含まれているため、歯垢が長時間ついているとそこはいつも酸にさらされていることになります。だ液には再石灰化に必要なリン酸イオンやカルシウムイオンが含まれており、酸を中和して中性に戻す性質や食べかすなどを洗い流す性質があります。

以上のことからも虫歯を予防するには、歯垢をなくし、だ液をたくさん出すことが大切になります。歯垢をなくすには適切な歯磨き方法を身につけることと、食べた後すぐに磨く習慣をつけること、睡眠時は、だ液が少ないので寝る前はしっかり磨くこと、だ液をたくさん出すためによく噛んで食べることが虫歯予防の基本となります。歯磨きの基本をかかりつけの歯科医院でしっかり習得してください。

2018071913532126947.png



むし歯の予防法

最近の研究では、むし歯の予防には歯磨きで歯垢(プラーク)を除去すること以上に、フッ化物を利用して歯の再石灰化を促進させ、資質を強くすることが効果的であるわかってきました。ですから、ブラッシングの際にはフッ素入りの歯磨き剤やデンタルリンスを併用することが肝要です。

むし歯にやりやすい人、なりにくい人、つまり個人差があります。自分の危険因子がどのレベルなのかを知っておくことが重要です。

むし歯の量、だ液の性状や分泌量、資質の強さ、歯並び、喫煙・飲食の習慣、睡眠時間、体の抵抗力などが危険因子と考えられています。むし歯菌の栄養になる砂糖が口の中に長くあると、むし歯になりやすくなるので、甘いものをだらだらと口にしないことやは並びを矯正して歯磨きをしやすいようにすることも有効です。

最近では、フッ素入りの歯磨き粉やデンタルリンスも市販されていますし、キシリトールによってむし歯菌の量が減ることもわかってきましたので、食後にキシリトールのガムやタブレットを食べることを推奨している歯科医も多くなっています。

子どもの場合は歯並びを矯正して歯磨きをしやすくすることや、歯が生えたらすぐに、むし歯になりやすい溝を特殊なプラスチックで埋めて歯垢をつきにくくするシーラント法が効果的です。

かかりつけの歯科医院では、危険度を考慮して歯のクリーニングや検診の間隔を決めています。定期的にチェックを受け、いつまでも健康な歯で過ごしたいものです。

2018071913532126947_1.png

 


歯を失った際に必要な治療のひとつにインプラント治療があります。

普段の生活の中ではあまり意識しない方も多いかと思います。しかし歯や口内の健康は日常生活の中の様々なことに関係しています。毎日の食事はもちろんのこと、会話や表情の変化などにも深く関わっているのです。

そんな大切な歯を失ってしまうと、食事や言葉の発音、表情をはじめ身体全体の様々な部分に問題が出てきます。残念ながら何らかの原因により歯を失ってしまった場合には、失った部分を補うために何らかの治療を受ける事が必要になります。

そういう治療の中でも、メリットが多くおすすめしたい治療法がインプラントです。
implant-.pngその他には入れ歯やブリッジなどが一般的な治療法です。そのどちらもインプラント治療程自然な歯に近い状態を回復することは難しいでしょう。治療費が高額になるというデメリットはありますが、健康な歯を取り戻すにはインプラントが最も適しています。



〇インプラント治療と他の治療との違いとは

多くの歯科でインプラント治療をおすすめしているのはインプラントとその他の治療法には大きな違いがあるからです。入れ歯やブリッジは歯を失った際の治療として真っ先に思い浮かぶ治療法です。治療期間が短くて済む事、保険が適用される為治療費が比較的安価であることもメリットになります。

しかしデメリットもいくつかあるのです。
例えば見た目が自然な歯とはどうしても違ってきますし、歯としての機能も元々生えていた天然の歯にはとうていかないません。毎日のケアも丁寧に行う必要があり、仕事等で忙しい日々を送る方には面倒でしょう。

一方インプラントは人口の歯を埋め込む為見た目がとても自然です。天然の歯に近い見た目を取り戻せるので、前歯など目立つ部分の治療にはぴったりです。また咬み合わせや言葉の発音などについても天然の歯にちかいものを取り戻せるので、機能面でも安心です。

このようにインプラントとその他の歯を補う治療比べてみると明確な違いがあることがわかります。入れ歯などの治療法が持つデメリットの多くを解消してくれるのがインプラント治療なのです。



〇高額でもインプラントがおすすめ

インプラント治療に踏み切れない方も多い理由のひとつにインプラント治療は保険適用外の治療でどうしても費用が高くなってしまうという事でしょう。又手術が必要になる為治療期間が比較的長く入れ歯、ブリッジ等と比べ治療を終えるまでに時間がかかってしまうのもネックです。

ただ、インプラント治療のもつメリットにはこういった金銭的、時間的なデメリット以上に健康上重要なものばかりです。これからの人生を健やかに過ごすため、やはり一番おすすめなのはインプラント治療といえます。 

2018071212052836607.png

 


むし歯の予防に役立つ食品

「むし歯になりやすい食品」と言えば皆さん、甘いもの、砂糖がたくさん含まれている食べ物、飲み物をあげられると思います。

それはむし歯の原因菌であるミュータンス菌が砂糖を好んで分解し、酸を産生し、むし歯を作ることが広く知られているからです。

これに対して、むし歯になりにくくする、むし歯のリスクを低下させる食品もあります。以外に知られていないのはチーズで、中でも水分が少なく熟成期間の長いハードタイプのチーズは、むし歯のリスクを低くする食品としてWHO(世界保健機関)が認めています。

これは、チーズの中にリン酸やカルシウムが多く含まれていることによります。リン酸は唾液が酸性状態(歯の表面が溶けてむし歯になる状態)に傾くのを防ぎます。またカルシウムが唾液に多く供給されると、歯の表面が少し溶けても再び硬い歯質に戻る(再石灰化)のを助けます。

キシリトールや食物繊維もむし歯予防に役立つ食べ物として挙げられていますが、チーズほどではないようです。
201807052049172821.jpg


このようにむし歯と食べ物には関連がありますが、その摂取方法も大きな要素です。甘いもの(飲料も含めて)を、1日に何回もだらだらと摂取する生活習慣がむし歯のリスクを高めます。何をいつ食べるかににも関心を向けて、むし歯になりにくい食習慣を身につけることも、むし歯の予防には大切です。



定期的な通院のすすめ

以前は、歯医者さんへは歯の具合が悪くなってから行くものと考えられがちでしたが、近年、歯科医院へ定期的に通院している方もかなり多くなってきました。
一般的に虫歯や歯周病で自覚症状が出てくるのは、かなり病気が進行してしまってからです。病気が重症化してきてからの治療ではどうしても時間を要したりはを抜かなくてはならなかったりするケースが出てきます。このような重症化を防ぐのに、定期的な歯科受診は有効です。

むし歯や歯周病は口腔内に常在する細菌によって引き起こされる病気であり、完全に発症をなくすことは不可能です。残念ながら、たとえ定期的に歯科に通院したとしてもむし歯や歯周病に全くならなくなるということはありません。

けれども、自覚症状のない間にチェックを受けることでむし歯や歯周病の初期病変の発見や経過観察、ブリッジや入れ歯の状態確認、場合よっては口腔がんなどの疾患の早期発見などができます。

例えば初期の虫歯が見つかれば、ブラッシング指導や糖分摂取指導、フッ素塗布などを行って再石灰化をはかる。軽度な歯肉炎があればブラッシング指導と歯石除去で改善することができます。いずれも比較的簡単な治療です。

また、定期健診をきちんと受ける方ほど口腔への関心が薄れないため口腔衛生状態が良く、経年的な歯の喪失も少ないことが報告されています。年に1、2回が一般的ですが、それぞれの方のお口の状態や生活習慣などにより間隔を短くしたり長くしたりすることもあります。

まだ定期的な通院をしていない方は一度、歯医者さんでご相談されてみてはいかがでしょうか。

 


口の中の健康を守るために必要な矯正歯科治療  

「虫歯や歯周病といったトラブルはないのだから、歯の治療をする必要はない」と考えている方が多いかもしれません。ですが、歯並びに関する問題がある方は矯正歯科治療をおすすめします。 

矯正歯科治療は、口元の見た目を良くするだけでなく口の中の健康にも良い影響を与えてくれます。歯並びの良さは噛み合わせの良さでもありますので、歯の機能も矯正歯科治療によって更に改善することができます。 

歯の健康は、身体全体の健康状態も良好に保てるようになるのです。

01_13.jpg

矯正歯科治療を行わない場合のデメリット

矯正歯科治療を行わないままにしておくと、ほとんどの方は多少歯並びが乱れている状態になります。噛み合わせがあまり良くないことを実感されている方も少なくないかもしれません。

噛み合わせの悪さは、噛む力の弱さに繋がります。噛む力が弱いと食べたものをしっかりと咀嚼できないまま飲み込むことになり、慢性的に消化器官に負担がかかります。

また、噛んだ時の力のかかり方にも偏りができ、全体のバランスが崩れて一部の歯にのみ強い負荷がかかり続けるというケースもあります。力のバランスが崩れた状態が長く続くと、負担が大きい歯が徐々にもろくなってしまい、虫歯や歯周病といった病気にかかりやすくなることもあります。 

歯並びが悪いと歯が磨きにくいので、汚れを十分に落としきれないという面からも歯の健康が損なわれやすくなります。虫歯や歯周病、歯肉炎といった様々な病気の原因となってしまうのです。 

矯正歯科治療を行わず噛み合わせの悪い状態のまま長年過ごしていると、こういったリスクがどんどん大きくなっていきます。健康な歯を保つためには、矯正歯科治療はとても重要なのです。

02_11.jpg


矯正歯科治療で健康な身体を手に入れよう!!

矯正歯科治療を行えば、歯並びを整え、噛み合わせを良くすることができます。その結果歯や口内の健康状態が良くなることはもちろんのこと、身体の全体的な健康を保つことにも効果が期待できます。歯の噛み合わせが良いかどうかは、身体のバランスと強く結びついています。噛み合わせの悪さが原因で様々な部分に不調が出てくることもあるほどです。 

また、顔の筋肉も歯の噛み合わせが良ければそれだけバランス良く鍛えられますので、表情や容貌そのものにも良い変化が出てきます。綺麗な歯並びを手に入れるだけでなく、より若々しい印象を与えられる表情へと変わっていくことも期待できるのです。そして自分自身への自信にも繋がります。

矯正歯科治療を行って、より若々しく健康な身体を手に入れましょう!!

03_7.jpg

 


健康な暮らしに欠かせない歯を補うインプラント


インプラント
1_161.jpg


健康な暮らしに欠かせない歯を補うインプラント 健康な歯は、健康な暮らしをするには欠かせないものです。たった1本失うだけでも、噛み合わせや他の歯への負担、顎関節への負担など、様々な面で健康に悪い影響を及ぼします。痛みがないから、他の歯には現状問題がないからと放置してもいいという問題ではありません。

失った歯の治療については様々な方法がありますが、その中でもおすすめしたいのがインプラント治療です。入れ歯やブリッジ等インプラント以外の治療法もありますが、こういった方法には様々なデメリットがあります。保険が適用されるため比較的安価で治療を受けることができるのは大きなメリットですが、だからといってデメリットの多い治療を続けていては健康にも影響が出てきます。毎日を健やかに過ごすためにも、インプラント治療はおすすめなのです。

欠損
2_145.jpg



健康のためにもインプラント治療で失った歯を取り戻そう

インプラント治療の大きなメリットは、天然の歯とさほど変わらない状態を取り戻せるということです。入れ歯やブリッジといった治療法では、機能を補うことはできますが、やはり元の通りの状態を取り戻すということはできません。健康のためにはきちんとした噛み合わせの健康な歯が欠かせません。インプラントなら自分の歯を失ってしまってもしっかりその部分を補うことができるため、歯の状態はもちろん全体の健康を守る意味でも安心です。

また、見た目については、自然の歯と変わらず美しくでき、声を出す際の発音についても安定しているというメリットもあります。歯を失ったことにより人前で話すことに抵抗を持つようになってしまう方も少なくありませんが、インプラントなら何も気にせずこれまで通りのおしゃべりを楽しむことができます。

ブリッジ
3_97.jpg



以前と変わらない咬み心地を取り戻すならインプラント

歯を失い、入れ歯などの義歯治療を行っている方の一番多い悩みとしては「咬み心地」だと思います。しっかりとした噛み合わせは、食事をするときだけではなく、肩こりや力を込める際などにも大きく影響してきます。また左右の歯でバランスよく噛めるかどうかも、顔の筋肉や容貌に深く関わってきます。

例えば歯を失った方の咬み心地が良くないと、無意識のうちに逆側の歯でばかり噛むようになってしまい、顔の筋肉のバランスが崩れてしまいます。顔の筋肉は表情や顔の作りにも関わっているので、バランスが悪いと容貌まで変化してしまうことがあるのです。

歯そのものだけではなく、咬み心地や噛み合わせによる身体への悪影響を防ぐためにも、自然な咬み心地を取り戻せるインプラント治療がおすすめです。

入れ歯
4_55.jpg

 


おとなになってからでも矯正歯科治療は充分間に合う!

矯正歯科治療といえば、子供の頃に行う治療であるというイメージがまだまだ根強いようです。大人になってからの歯の矯正は難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。子供の歯と比べると大人の歯の矯正に時間がかかるのは確かですが、矯正歯科治療自体は大人になってからでも充分間に合います。

近頃は子供の頃にはできなかった歯の矯正を、大人になってから行う方も増えてきました。歯並びや歯の噛み合わせを整えることは、見た目の美しさもさることながら、身体全体の健康状態にも大きく関わってきます。矯正歯科治療を行うことには様々のメリットがあります。今からでは遅いと諦めず、ぜひ矯正歯科治療にトライしてみましょう!



審美性にも関わる矯正歯科治療

審美性だけが注目されがちな矯正歯科治療ですが、健康の面でもメリットはたくさんあります。歯並びが良くなると、歯磨きがしやすくなり、その結果として虫歯や歯周病にかかるリスクも減らすことが出来ます。

また、しっかり噛めることにより唾液の分泌も増えるので、口内を清潔に保てるようになるのです。そして、かみ合わせの良さは身体全体の健康にも深く関わっています。かみ合わせが悪いと身体の様々な部分に不調が現れるのですが、矯正治療を行い噛み合わせが良い歯並びになると左右でバランス良く噛むことができるので、胃腸への負担が減る他、肩こりや歯ぎしりの解消、さらには頭痛やめまい、腰痛などの症状が収まったというケースもあります。

大人の矯正治療は時間がかかりますが口内だけではなく、身体全体の健康も保てるようになるのです。

01_12.jpg



矯正歯科治療は見た目だけではなく健康にもいい影響がある

矯正歯科治療における最大のメリットは歯並びが良くなり、見た目を整えられるという事です。歯並びが悪いと友人や家族との会話で自然に笑えないことにコンプレックスを感じる方もいるのではないでしょうか。

それは自分ではさほど意識していないつもりでも、ストレスが少しずつ溜まっていくものです。 矯正歯科治療を行なえば歯並びが改善されますので、見た目のコンプレックスからは当然解放されることになります。これまで無意識のうちに隠していた歯を綺麗に整えることで周囲の目を気にせず、自然と笑顔でいられるようになります。

笑顔が増えると、精神的に良い傾向が出てくることも多くなります。

矯正歯科治療は歯並びの美しさという審美性そのものだけではなく、精神や考え方にもプラスの影響を与えてくれるのです。

02_11.jpg

 


歯を失うことで起きる影響の対策にはインプラントを

事故や病気など、何らかの原因で歯を失うことになった場合、適切な治療を施すことが必要になります。痛みがなければ特に問題ないだろうと考えている方もいらっしゃいますが、歯を失えば口腔内の状態が悪くなるのはもちろんのこと、身体全体の健康状態に大きな影響が出てきます。

例えば歯を1本失ったとすると、まず影響が出るのは失った歯の周辺に生えている歯です。隣の歯は支えを失って徐々に倒れてきてしまいますし、失った歯と噛み合っていた歯も噛み合う相手をなくしたことであいた隙間に向かって伸びだしてきたりします。

このように元の噛み合わせや歯並びが崩れはじめると、当然全体の噛み合わせも悪くなります。噛み合わせが悪いと顎の関節に悪影響になり、肩こりなどの原因にもなりえます。歯茎にも傷がつき歯周病が悪化するなどの影響もあります。

その他、歯を失ったことで左右の歯を使う頻度に差が出て顔の筋肉も変化し、顔つきが変わってしまうこともあります。たった1本であっても、歯を失うだけでこれだけ健康に影響が起こるのです。こういった悪影響を防ぐためには、失った歯の機能を回復させることが重要です。

歯を補うための治療方法の一つ、インプラントについてご紹介いたします。

インプラント
1_160.jpg




インプラントなら天然の歯に近い状態を取り戻せる

インプラント治療がおすすめの理由は、なんといっても治療後は天然のご自身の歯が生えているのと近い状態を取り戻せるということです。失った歯の治療法には、入れ歯やブリッジといったものもあります。インプラントより安価で保険も適用されるのでこちらを選ぶ方も多いですが、元々生えていた天然の歯と同じ状態に回復できるとはとても言えません。

その点インプラントであれば、天然の歯とほとんど同じ力で噛むことができる上、見た目もごく自然です。



残った歯の健康にも良いインプラント

また、インプラントのメリットは現在残っている健康な歯に悪影響を与えないことです。ブリッジなどの治療法では、隣り合う歯を削り、つながった被せを入れる必要があるため健康な歯に大きな負担がかかり、深刻なダメージを与えてしまうことがあります。


 ブリッジ
 入れ歯
3_96.jpg


その結果元々は健康だった歯の状態も悪くなり、さらに多くの歯を失うことにもなりかねません。インプラントは人工の歯根を顎の骨に埋め込むという治療法です。そのため、周囲の歯へ負担をかけることがありません。これ以上自分の歯を失うことなく治療できるインプラントは、失った歯の機能を回復させるだけではなく、他の歯の健康も守ることができる治療法なのです。

 


一般歯科で診てもらうもの

一般歯科で診てもらう代表的な症状や悩みとしては、むし歯の治療や歯周病の治療、そしてそれらの予防などがあります。他にも「歯が痛くなった」「歯に歯石がついていると言われた」「親知らずが痛いから抜く」など、そういう病気や悩みで行く歯医者ということで、これらのように一般歯科は小児歯科や矯正歯科、口腔外科のような特殊な歯の治療以外をする、ごく一般的な歯医者のことです。

一般歯科で特に治療(処置)してもらうことが多い詰め物ですが、この詰め物にも保険適用されるものと保険外診療(自費診療)があるのです。この記事では、保険診療と自費診療の違いについて触れ、また実際に詰め物でのそれらの違いをご紹介したいと思います。



保険診療と自費診療

保険診療とは、保険制度によって定められた範囲内で、どこの歯医者(歯科医院)でも同じ金額で、同じ診療を受けることができます。原則として、治療費の保険分を自己負担するだけでいいので、経済的負担の少ない治療を受けられます。ただし、保険が適用される治療内容は決められた範囲内でしかできないので、最良の治療方法を受けることができない可能性もあるわけです。

自費診療(自由診療とも言います)とは、健康保険が適用されない診療のことで、つまり、厚生労働省が承認していない治療法であったり、薬や材料を使うなどの治療のことを言います。
例えば、先進のインプラント(歯を顎の骨の部分に埋め込む治療法)などがあり、その治療費は全額自己負担となるので、高額な治療費になりやすいのです。

ですが、治療法の選択肢が自由なので、より自分に合った治療法や診療を受けられるという大きなメリットがあります。他に例を挙げると、入れ歯をより自然な見た目にする(これを審美歯科とも言います)などです。

どちらも一長一短な部分があります。



詰め物で見る、保険診療と自費診療の違い

ここから詰め物の種類から保険診療と自費診療でどういった違いがあるのかをご紹介します。
※インレーとは虫歯を削った後の穴に、はめ込む詰め物のこと


・パラジュームインレー

一般的に良く見る銀色の詰め物です。
利点は、保険適用されるのでとても安いこと。
欠点は見た目が良くないことと、精度が悪くむし歯になりやすいこと。また、金属アレルギーを起こす可能性があることや、歯茎にかぶせ物が入り黒くなってしまうことがあることなどです。


・ゴールドインレー

金でできた詰め物で、保険適用外の材質です。
利点は、金はよく伸びる材質なので、歯との間にすき間がほとんどできず、歯へのなじみが非常に良い点です。むし歯にもなりにくく歯肉への変色もかなり少ないことです。
欠点は、保険外適用の自費診療なので、高額になりやすいこと。白色ではないので、目立ちやすく、場所によっては使いにくい点、また金も金属ですから、金属アレルギーを起こす可能性があることです。


・セラミックインレー

本来の歯のような自然な見た目の詰め物です。
利点は、自然な歯に見えること。金属でないので、、金属アレルギーを起こす可能性がなく、また歯肉への変色もないなどです。
欠点は、強度が天然の歯よりも少し硬いので天然歯が破損してしまう可能性があることです。


20180412-mame.jpg



終わりに

このように、詰め物の種類、というより保険診療と自費診療によって特徴がかなり変わってきます。自費診療のものの方がより高度で質も高い、メリットの大きなものになる、というのが分かっていただけたかと思います。

保険診療と自費診療は、一長一短なので一概にどちらが良いとは言えません。ご自分に合った、納得のできる治療を受けることが肝心です。

泉田歯科医院の待合室にマンガで読みやすい「安心&納得の歯科医療を選択されたい方へ」を置いています。ご参考にしてください。

20180412-hon.jpg


泉田歯科医院ではご納得できる治療のご相談もお受けしております。お気軽にお越しください。

 


技術と科学と医療の進歩

技術や科学の進歩からインプラント治療が行われるようになり、そのインプラント治療もまた進化し、今ではその際にコンピューターシミュレーションを利用するところが増えてきました。

インプラント治療におけるコンピューターシミュレーションとは、CT撮影で得られたデータをコンピューターで解析し、治療のシミュレーションをすることを言います。そうしてコンピューターで解析することによって、顎の骨の厚みや、血管や神経の位置などが正確にわかるようになるのです。

そしてその正確に割り出した情報から、どういった長さや太さのインプラントをどの位置、どの角度に埋入すればいいのかをコンピューター上でシミュレーションするわけです。

なぜコンピューターシミュレーションが必要なのか、また、それを使うと患者側にどういう影響があるのかを、ご説明したいと思います。



コンピューターシミュレーションはなぜ必要か

以前のインプラント治療は、レントゲン写真から得られる情報を元に手術をしていました。レントゲン写真は、あくまで写真(平面の写真)なので、その写真を元に手術をしていたのですから、その手術は医師の経験に伴う勘と感覚で手術が行われていましたし、同様の理由から、顎の実際の骨幅や、骨の質、神経や血管までの距離などといったものは正確にわからないという問題点がありました。

その写真頼りのみだった情報が、現代のコンピューター技術を使うことで、患者一人一人のデータを収集し、より正確に、そしてより詳細で的確な情報として割り出すことができるようになったのです。

その上で、コンピューター上で手術を行うシミュレーションをするので、医師の感覚や経験から行われていた手術を、もっと安全に行えるようにしたのがコンピューターシミュレーションなのです。そのため、安全でわかりやすい手術を行うために活用できる、というわけなのです。


1_159.jpg
※お口全体のレントゲンです。平面のため実際と誤差があります。


2_143.jpg
※CTのレントゲンです。3Dの立体映像のため、正確に骨や歯の状態を調べることができます。



コンピューターシミュレーションは患者にどういう影響が?

では、患者側にはどういう影響を与えるか、が気になりますよね。

患者側からすると、コンピューターで正確に割り出した情報(例えば、顎の形や、歯がどう生えているか等)を見ることができ、また手術をシミュレーションするので、どういう手術をし、そしてこの先どういう治療をしていくか、といった治療計画の説明が視覚的にも感覚的にもわかりやすくなります。

また、コンピューターシミュレーションをすることで、手術時間もかなり短くなるので、手術を受ける際の不安が減るという点も、患者側には良い影響があります。

これら二つを考えた時、例えば、どういう手術をされるのか、よくわかっていない中で手術を受けるというのはかなりの大きな不安になりますし、同様に手術が長くかかるのもまた、かなり大きい負担になってしまいますよね。そのような不安感や心配を軽減できるのが、患者側にとって大きな好影響を与えてくれます。



まとめ

今回は、理論的なことで堅苦しい話になってしまいましたが、まとめますと、コンピューターシミュレーションをすることで、より安心で、そして納得のいく治療を受けられることになった、ということです。

泉田歯科医院でも既にコンピューターによるシミュレーションを行っています。より安全で安心してインプラント治療が受けられるように、インプラント希望、検討される患者様お一人お一人のCTデータを元に院長がオペプランを立てます。


3_95.jpg
※レントゲンのデータに直接オペプランを書き入れることができます。


4_54.jpg
※レントゲンデータ(CT)を元により具体的にシミュレーションすることができます。



ただ、このシステムもそうですが、インプラントの治療自体も、医師の説明をよく聞き、その上で調べ、検討することが大事です。

インプラント治療は自費診療のため、保険診療と比較すると、お金がかかりますし、手術をする必要もあります。

「こんなのがあるからこれでいいや」というのではなく、しっかりと考えた上で決めて欲しいと願っています。

大切な治療のことですから、ご自身が納得できる、また満足できる選択をしてくださいね。

 



131件中(1件〜10件を表示しています)   前   |