歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

カラー3D画像CT トロフィー・パンプラス(通称トロパン、フランス製)を導入しました。
より一層、正確な診断と、より正確なインプラント治療を目指すためです。

(CTとは、コンピューター断層撮影の略で、レントゲン装置とコンピューターを使ってお口の中を輪切り状態で(断面画像)見ることができる装置です)

なぜCTが必要なのか?
夜中の真っ暗闇の中で、大きな体育館の中を電気をつけずに肉眼だけで掃除することをイメージしてみてください。
現在の歯科治療は、そういったものなのです。


CTはその大きな体育館を照らす大きな懐中電灯の役割をします。

大きな照明器具があれば、今まで見えなかったものがはっきりと見ることができます
見落としていたごみをきれいに取ることができるのです。

【CTを設置したメリット】
  • 歯周病をはじめ、欠損病の顎骨の質や厚み、また病変の有無を調べることができます。
  • インプラント治療に際し、より正確な診断と治療がおこなえます。
  • 歯の根の病変の原因解明に大きな効果があります。
  • CTは、大学病院や大きな病院にしかなく、外部依頼となるので結果が分かるのに時間と労力がかかります。

などなど、メリットは限りなくあります。

被爆線量の問題ですが、医科用CTと比較して約1/10の被爆量で、画像解析度も約2倍あり、安心して使用できます。

医療の一番大きな問題は正確な診断であり、CTはこの診断力を大きく上げてくれます。

(今のところ、より多くの人たちにその恩恵を享受していただきたいので、しばらくは無料で撮る予定です)