プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

こういうところに気を付けた方がいい』ということをご紹介させて頂きます。子供への対応であったり、歯医者へ子供が一人で通うことの考え方についての部分であったり、『保護者の心得』的なものとして、参考にして頂ければ幸いです。


子供を怖がらせたり、嘘をついたりするのはやめましょう

例えば、普段の生活で、『歯医者での治療は怖いものだよ』とか『歯を削られるのは痛くて、嫌なものだよ』と言うなどして、子供を怖がらせるのはやめましょう。

また、『悪いことをしたら、そんな怖い歯医者に連れて行くからね』という言葉も同様です。こうした言葉を言って、歯医者という存在に対して『怖い』というイメージを与えてしまうと、大事な成長期の子供の歯をしっかりと上手に治療を進めていくことができなくなってしまうからです。

それの延長上で、歯医者に連れて行く時に、『今日は診てもらうだけ』や『歯を削ることはない』『歯は抜かない』などといった嘘の約束をする事、また、嘘をついて歯医者に連れて行くこともやめましょう。

そうしてしまうと、先ほどと同じように、歯医者に対して怖いイメージが付きまとってしまい、うまく治療を進めていくことが難しくなってしまいます。歯医者は大事な成長期の子供の歯を治療、予防するところですから、そのための存在に対して怖いイメージを子供に与えてしまうのは問題なのです。


褒めてあげる、けれどご褒美はほどほどに

子供は褒められれば自信がつきます。ですから、歯医者で少しでも上手に治療を受けられた時には、褒めてあげましょう。そこで得られた自信は、今後も歯医者で治療を続けていくやる気や、頑張りに繋がっていくものだからです。

ですが一方で、勇気をつけるためとは言え、ご褒美を毎回あげるというのも問題です。確かに、勇気づけには必要な場合や部分もあると思いますが、それは病気を治すということの意味、意識を履き違えて子供に理解させてしまいます。

病気であるから、そしてその病気を治すために病院(この場合は、歯医者)に行く、と教えるためにも、通院毎、治療毎のご褒美は控えるべきです。



子供のためにも、保護者がリラックス

普段の生活でも何事でもそうですが、保護者の方の緊張感というのは子供に伝わります。歯医者にいる間も、保護者の方はなるべくリラックスするようにしてください。不安感や心配、恐怖感を空気に出してしまうと、『ここ(歯医者)に来ると緊張をしてしまうものだ』という考えが子どもにも伝わってしまいます。
どういう事態に直面しても、不安感や緊張感を出さず、リラックスしていてください。



まとめ

これらのことは、これから歯医者(病院)へ通い続け、病気を治療していくための意識を子供にちゃんと教える、心得です。もし成長期の子供の虫歯を放っておいたら、成長後の永久歯にも悪影響を与えてしまうことにも繋がりますので、治療や予防に対する子供の意識というのもまた、しっかりと教え、ケアしてあげられるよう、これらのことを参考にしてみて欲しいと願っています。



※待合室にも資料をご用意しています。参考にしていただければ幸いです。

20171121-2.png

 


お子様のための歯科の豆知識


小児矯正を失敗させないためのポイントとは?


最近、我が子に受けさせることが増えてきた小児矯正ですが、実はまったく失敗しないというものではありません。稀ですが、失敗してしまったというケースもございます。

歯科矯正には長い時間とそれなりの費用が必要です。それを無駄にしてしまわないためにも、なぜ失敗してしまうのか、それを防ぐにはどうすればいいのかご紹介します。



成功したのに戻ってしまった


小児矯正が成功しキレイな歯列を手に入れたのに、時間がたったら元に戻ってしまったというケースがあります。この原因の多くは、歯列を乱しやすい癖を続けていたせいです。
毎日無意識の内に行っている習慣が逆矯正となり、徐々に歯列を歪めてしまうのです。

どのような習慣が歯列に悪いのかを理解し、親御さんがお子さんにその習慣を止めるように指導しなくてはいけません。もちろん小児矯正中は歯科医師もそのような癖をしていないか目を光らせてはいますが限界があります。

一緒にいる時間が長い親御さんが日々チェックをして、おかしな習慣を身につけていたら止めさせてください。矯正が終わってから悪い習慣がついてしまうこともあるので、忘れずにときたまチェックしてくださいね。歯列に悪い習慣には以下のものがあります。


1.
指をしゃぶる

 指や舌で歯を押すので、出っ歯になります。


2.
下唇を咬む

 上の歯で下の歯を押すことで出っ歯になります。


3.
頬杖をつく

 アゴの片方だけが圧迫されるので下の歯の歯並びが悪くなります。


4.
舌を押し出す

 舌で押され続けた場所が歪み、歯をかみ合わせても上下の前歯に隙間ができてしまい、開口という症状が現れます。これらの習慣は歯列を歪ませます。行っているところを見かけたら、きっちり止めさせましょう。




小児矯正を行ったのに歯並びが改善されなかった


どのような処置をするかはお子さんの歯やアゴの状態によって変わりますが、多くは長時間装置を装着することで矯正を行います。矯正を行ったのに歯列が改善されないケースの原因の多くは、その装置の装着時間をきちんと守っていないせいです。

個人差はありますが、こうした装置は1日10時間以上の装着がほとんどなので、お子さんによっては煩わしくて嫌がる子もいるでしょうが、だからといって勝手に装着時間を短縮してしまうと、歯が予定通りに移動せず、結果失敗してしまいます。

きちんと歯科矯正の重要性を教え、後伸ばしにするともっと大変になると伝えて、お子さんが勝手にはずしてしまわないように目を光らせてください。矯正が進まないと、それだけお子さんの辛さや煩わしさも長引くことを忘れないでくださいね。


 


お子様のための歯科の豆知識


歯並びと一緒にアゴの成長もチェック。

歯科矯正というとどうしても歯並びにばかり目がいきますが、実は歯並びの悪さの原因にはアゴの成長が大きく関わってきます。

アゴを土台として歯は生えてくるので、アゴの成長に問題があると、歯も正常に生えてこなくなるのです。小児矯正の場合、まだアゴや歯が成長段階なら、これを利用して成長を正常な方向へと導き、歯並びを改善することができます。

これは大人の矯正歯科ではできないことです。アゴや歯の成長が終わってしまうと簡単には動かすことができなくなるので、大規模な外科手術でアゴの骨を削ったりすることもあります。
そんな負担を将来お子さんにかけないためにも、早期矯正をぜひおすすめしたいのです。



■アゴのどこをチェックしたらいいの?

歯並びならすぐにわかりますが、アゴをチェックしろと言われても、どこを見ていいか戸惑う人も多いでしょう。アゴが正常に成長しているかは、上アゴと下アゴのバランスを見てください。
上の前歯が2〜3mm下の前歯をおおい、下の前歯が上の前歯の裏に軽く当たるくらいが正しい状態です。

ただし、一般的には下アゴよりも上アゴのほうが先に成長するので、上アゴが大きくてもそこまで慌てる必要はありません。

逆に幼い頃から下アゴが大きい場合は、異常な成長をしている可能性が高いので、速やかに歯科を受診しましょう。

また、左右のアゴ関節がずれていないかも大切です。上下の前歯がきちんとずれずにかみ合っているかチェックしましょう。



■アゴがきちんと成長する前なら矯正も簡単


アゴの骨格は幼い頃はまだ未発達なので、成人のものと比べるとやわらかいのが特徴です。この時期なら、歯科医師の適切な処置で、歪みを調整し、正しい位置へ導くことができます。

この処置ができるのは小児矯正のときのみです。10歳前後から骨格は硬くなりはじめます。こうなってしまうと最悪骨を削ったり切ったりする大手術が必要となるため、お子さんのアゴの状態がおかしいなと感じたら、速やかに小児矯正を行っている歯科へ相談したほうがいいでしょう。

また、この時期に小児矯正を開始すると、アゴが小さくても乳歯の内に歯がはえてくるスペースを確保して永久歯を一本も失わずに歯列をキレイにすることができます。永久歯が生えそろってしまうと、この処置はできないので、抜歯してスペースを確保することになります。

このようなことから、最近では永久歯がはえそろう7歳までに小児矯正を受診させるのがよいとされているのです。成長してから苦労しないようにと、小児矯正を早めに受けさせる親御さんが増えつつあります。


 


お子様のための歯科の豆知識


不正咬合ってどんな種類があるの?


不正咬合とは歯がうまく噛み合わなかったり、歯並びが悪い状態のことを言います。不正咬合を治すには歯科矯正をするしかありません。

不正咬合はまだ骨格が未発達な幼い頃に治療すると、大人になってからよりも無理なく治療ができるので小児矯正がとくにおすすめとなっています。

では、そんな不正咬合ですが、どんな種類があるのかご紹介しましょう。


1.八重歯、乱くい歯

八重歯がかわいいなんて言われていた時代もありましたが、これもれっきとした不正咬合です。八重歯も乱くい歯も歯の生えるスペースが少ないせいで歯が押し出され、歯並びがでこぼこになる症状です。歯磨きがしにくいため、虫歯や歯周病になりやすいという問題もあります。


2.出っ歯(上顎前突)

前歯が前方に傾いて生えていることで突出して見えたり、上の歯すべてが前に出ている症状です。原因にはさまざまあり、上アゴが成長しすぎた、下あごの成長が不足している、前歯の生える角度異常があげられます。また、指しゃぶりをいつまでも止められないなど癖によっても、後天的になることがります。


3.受け口(下顎前突)

正常だと前歯が前にきますが、下の歯が前に出てしまう症状です。発音に問題が起こることもあります。骨格が原因の場合は骨が硬くなる前の幼児期に治療するのがベストです。それに間に合わなかった場合、手術が必要になることがあります。


4.上下顎前突

上下の顎や歯が突き出ている症状です。口全体が突き出て顔のバランスが悪くなります。前歯の角度を調整することでバランスを取ることができます。


5.すきっ歯(正中離開)

前歯の間がひろく離れている状態です。上唇にある筋がきちんと成長できなかったり、上顎の中にいらない歯が埋まっているせいで発症します。


6.過蓋咬合

前歯が2〜3mm程度かぶさっているのが正常なのですが、それよりも深くかぶさっている症状を言います。バランスのが悪いことでアゴへかかる負担が通常よりも多くなります。


7.開咬

前歯同士がかみ合わずに隙間ができている状態のことです。前歯で噛み切るという動作ができないので、食事がしにくくなります。成長と共に開咬はひどくなることがあるので、気がついたら幼い頃から矯正するのがいいでしょう。



このように、一口に不正咬合と言ってもいろいろな種類があります。その多くは、幼児期に早期矯正することで悪化させずに治療することが可能です。

逆に放置してしまうと、大人になってから大きな手術が必要になったり、時間や費用をもっとかけなくては治療できなくなります。

ですから、紹介した症状以外でも、お子さんの歯並びを見てどこかおかしいと感じたら、まずは歯科医師に相談してみてください。


 


お子様のための歯科の豆知識


小児矯正はいつからはじめるべき?

うちの子にはきれいな歯並びでいてほしいと願った場合、迷うのが小児矯正をいつから受けさせればいいのかということです。小児矯正は年齢や成長によって2段階に分かれています。



●第一期治療


3歳から12歳くらいまでに行い、アゴや骨のバランスの悪さを矯正します。受け口や出っ歯など、骨格の矯正が必要な症状は、骨が柔らかいこの時期から矯正を行うのがベストです。

また、生まれつきアゴが小さいと、八重歯や乱ぐい歯となってしまうため、この時期に器具を使用して歯が正しく生えてくるように矯正します。


●第二期治療


10歳から成人まで行える歯科矯正です。ワイヤーによって歯の位置を正しい位置に整え、その後保定装置によって元に戻るのを予防します。



■小児矯正は早いうちに済ませるのがベスト


見てわかるように、小児矯正は幼い頃に行うと、骨格から歯並びを改善することができます。
これは骨の柔らかい幼い頃にしかできないことです。
骨が成長して硬くなってしまうとこのような治療は困難になります。

場合によっては歯を抜いてスペースを作り、歯並びを治すしかありません。結果として、歯並びのためとはいえ、大切な永久歯を数本失うことになってしまうのです。

ですから、子供の歯の矯正はもう少し成長してからにしようと考えず、歯並びが気になったらすぐに小児矯正を行っている歯科に行って相談してください。

専門の歯科医がお子さんの歯やアゴの状態に合わせたピッタリの治療計画を作成してくれます。第一期治療をきちんと行うと、状態によっては第二期治療をする必要がなくなることもあります。

まだ永久歯が生えそろっていないからと小児矯正をためらう親御さんがいますが、第一期治療は乳歯の頃にアゴの成長をコントロールする治療法です。

美しい歯並びをお子さんに与えたいと思ったら、乳歯のうちに歯科医師に相談しましょう。



■早いほうがお得


お子さんの状態によって治療にかかる費用はまちまちですが、一般的には第一期治療なら10万円〜40万円程度、第二期治療なら30万円〜60万円程度と言われています。

値段にここまで差が出るのは、骨格矯正で使用されるプレートやマウスピースよりも、ワイヤーで歯を固定するブランケット矯正のほうが治療費が高額だからです。

また、第一期治療から行っていれば、第二期治療に突入しても費用が安くすむことが多いです。そのため、幼い頃から小児矯正を受けさせたほうが、家計にかかる負担を軽減することにもなるのです。

顎変形症と認定されれば保険が適応されますが、基本的には矯正では保険が使用できません。だからこそ、より費用を抑えるためにも早めの受診をおすすめします。


 


お子様のための歯科の豆知識

乳歯が抜ける時期は個人差があります。

最初は大体6、7歳頃に、下の前歯から抜けるケースが多いのですが、それは人それぞれ。
歯が抜けるとどうしても気になってしまい、触ったりいじったりしたくなりますが、雑菌が入ってしまうこともありますので注意しましょう。

歯が抜けた箇所は出血しやすくなっています。 出血したら、清潔なガーゼをあててやさしく噛んでいるとやがて止まります。 再度出血するのを防ぐために、歯磨きの際は歯が抜けた箇所に触れないようにします。

また何度もうがいをすると出血することもありますので、出来るだけ刺激を与えないようにすることも大切です。 歯が抜けた日は食事も刺激物を避けると良いですね。

極度に固いものや、辛いもの、しょっぱいもの、酸っぱいものを避けるようにし、あとは普段通りで問題ありません。乳歯の一部が歯茎に残ってしまった場合は痛みが伴うことがあります。

また雑菌の繁殖から炎症を起こしてしまい、歯茎が腫れ、時には発熱してしまうことも。 その場合はきちんと病院で診てもらうようにしましょう。 乳歯が抜け、やがて生えてくる永久歯はまだ軟らかく虫歯になりやすい状態です。

今まで以上に虫歯対策をしっかりと行えるように、歯が抜けた時は歯の大切さを家族で話し合えると良いですね。

 


お子様のための歯科の豆知識

最近は歯磨きに電動歯ブラシを使う方が増えてきました。
店頭には高性能の電動歯ブラシがたくさん並び、子ども用の商品ラインナップも目にするようになりました。

そこで気になるのが、電動歯ブラシを子どもに使うべきかどうか。これは一概に良い悪いとは言えません。

メリットとデメリットをしっかりと理解した上で取り入れるか決めると良いと思います。電動歯ブラシの良い点は、使い方を間違わなければ細かいところまで磨く事ができることです。

また物珍しさから自分から磨くようになり、歯磨き嫌いを治すきっかけになったという話もあります。 しかし正しく使えない子どもが実際には多く、磨き残しが意外とあることがデメリット。

歯茎を傷つけたり、痛みを感じることもあります。
もし電動歯ブラシを取り入れたいのであれば、親子で電動歯ブラシの使い方をきちんと知ることが大切です。

電動歯ブラシが無ければ上手く磨けない、となってしまうと困りますので、手でも上手に磨けることが基本だと考えましょう。

手で歯を磨くことは、子どもの指先の訓練にも繋がります。 力の入れ方や、細かい動き、指先や手首を使うことで脳への適度な刺激もあります。

電動歯ブラシも悪くありませんが、手で磨くことの良さも十分に知っておいてくださいね。

 


お子様のための歯科の豆知識


フッ化物塗布は、虫歯を予防し歯の健康を守るための有効な手段です。

フッ化物はフッ素とも呼ばれ、こちらは聞いたことがあるかもしれませんね。
「口の中に薬品を入れるのはちょっと…」と思われる方もご安心ください。 肉や野菜、果物にもわずかに含まれる成分ですので、過剰摂取しなければ問題なく、0歳時から塗布することは可能です。
 
歯は、口の中にあることで唾液に含まれるカルシウムが付き再石灰化が進み、少しずつ硬く強くなっていきます。 その為、乳歯や永久歯が生えたばかりのころは、虫歯になりやすい危険な時期と言えます。

歯が生えてきたら、歯科医院でフッ素物塗布を行いましょう。
年に3、4回歯科に塗布しに行く際、口の中を診てもらうことで歯の健康維持にも繋がります。 フッ化物塗布は子どものうちから行うのがより効果的ですが、大人になってからも虫歯予防にとても有効です。

家族で意識して、虫歯が無くても定期的に歯科医院に足を運ぶのが当たり前になると良いですね。 最近は「フッ素配合」と書かれた歯磨き粉も市販されています。

これは歯科医院で塗布する濃度よりもずっと低いため、毎日使うことが大切です。 うがいのできない3歳くらいまでは、歯磨き粉ではなく、飲んでも問題の無いジェルやスプレーを取り入れると良いでしょう。

フッ化物は万能ではありません。 基本となる歯磨きはしっかりと行うことは大切です。 フッ化物塗布はプラスで行う虫歯予防と考えてくださいね。

 


お子様のための歯科の豆知識

歯が生え始めて本格的に歯ブラシで歯を磨くようになると、どんな歯ブラシを選んだらいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

大人と違い、子どもは歯が小さく歯茎も柔らかいため、普通の歯ブラシは負担になります。 歯ブラシに書いてある推奨年齢を参考に購入するようにしましょう。

選ぶポイントは、ヘッドは小さめ、毛が長めで軟らかいものがベスト。ヘッドは、子どもの前歯二本分くらいの幅のものを選ぶのがお勧めです。

幼児の歯ブラシは、子どもが自分で磨く用と親が仕上げ磨きをする用の2本用意するのが基本です。 最初は歯ブラシを嫌がる子も多いため、子どもが自分で磨く用の歯ブラシはあまり機能を重視せず、子どもの好きなものを選ばせてあげると良いですよ。

好きなキャラクターが描かれていたり、好きな色のものであったり、小さな配慮で歯ブラシがぐっと身近なものになります。

4歳くらいまでは噛んでしまったり乱暴に扱うことも多く、歯ブラシはすぐに毛が開いてしまいます。使い方を厳しく指導するのではなく、歯ブラシは消耗品と考えて割り切ってしまいましょう。

仕上げ磨き用の歯ブラシは柄が長めのものを選ぶと良いでしょう。 仕上げ磨きでしっかりと磨いてあげることは虫歯予防のためにとても大切です。

歯ブラシが慣れていない時期は、嫌がったり暴れたりするもの。 毎食きちんと磨くのが一番良いのですが、それが無理そうなときは一日の終わりの夜だけでも丁寧に磨いてあげてください。

歯磨きは一生続くものです。 親子で出来るだけ楽しい時間になるような歯ブラシの時間を作れるといいですね。

 


お子様のための歯科の豆知識

「大人と赤ちゃんの食器や箸を分けるべき、一緒に使うと虫歯になる」という話を聞いたことがありませんか?

親としては子どもに小さいうちから虫歯になってほしくないですし、神経質になってしまいますよね。 でも本当に同じ箸などを使うことで虫歯になってしまうのでしょうか?

そもそも同じ食器や箸を使わないほうが良いというのは、そこから虫歯菌がうつってしまうため。 実は赤ちゃんは生まれた時、口の中には虫歯菌は存在していません。

生まれた後に、お父さんやお母さんを経由して虫歯菌が赤ちゃんの口の中に入ってしまい、その後虫歯になりやすくなってしまうのです。

虫歯菌が感染しやすい時期は決まっており、1歳半〜2歳半の間。 早い段階で感染すればするほど、その後の虫歯人生が変わるともいわれているのです。
 
ある研究によると、2歳までに虫歯菌が感染しなかった場合、4歳になるころの虫歯の数は0.3本ですが、2歳までに感染した場合、4歳になるころの虫歯の数は5本でした。 虫歯菌の感染を防ぐことが、とても大切であることが良く分かると思います。

虫歯菌の感染を防ぐには、食器や箸を共有しないこと、お父さんとお母さんが虫歯をきちんと治すこと、砂糖が入ったおやつを極力与えないことが効果的です。

子どもの虫歯を作らないためにも、是非今日から心がけるようにしてくださいね。

 



42件中(1件〜10件を表示しています)   前   |