歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

入れ歯(一生、入れ歯ですごすあなたのために)

不幸にして自分の歯を失ってしまったあなた、インプラントもできないあなた、

しかし落胆することはありません。

当医院には、先代院長から引き継いだ
43年にわたる入れ歯の技術があります。


入れ歯の歴史
ではなぜ、入れ歯が必要なのでしょうか?
実例


exclamation.gif入れ歯の歴史
入れ歯
人類が入れ歯をするようになったのはいつ頃からか知っていますか?

柳生飛騨守の墓から木製義歯が発見されたことから推測すると、江戸時代初期には木製義歯を製作するものがいたと思われます。(材料は、つげ、桜など)

諸外国においては、1737年にP.Fouchardが初めて入れ歯を作り、
日本の木製義歯はそれより1世紀も前に製作されていました。

いまから400年も前のことです。

 

exclamation.gifではなぜ、入れ歯が必要なのでしょうか?

それは、「噛む」という運動が健康に直結しているからなのです。


噛めば噛むほど胃の消化が良くなり、
また唾液が通常の5〜10倍もでてきます。

唾液にはいろいろな作用があり、
特殊なホルモンの分泌により皮膚を若返らせることができ、
顔色も非常に良くなります。


また、MRI法(磁気共鳴機能画像)により、しっかり噛むと脳が活性化し、
記憶力が増大することがわかっています。

つまり、痴呆症の予防という面からも噛むことは非常に大事なのです。

年をとればとるほど、よく食べ物を噛んで、
唾液をたくさん出して若々しい健康な体を手に入れてください。


それには、まず噛める入れ歯が必要です。


では、噛める入れ歯とはどのような入れ歯なのでしょうか?

ガタつかない、はずれない、痛くない、
なによりも楽しく食事ができる入れ歯のことではないでしょうか?


40年の歴史が支える、泉田歯科医院流の入れ歯を
じっくりと楽しんでいただきたいと思います。


exclamation.gif実例 70歳代女性 上顎入れ歯


上顎入れ歯
感想文



実例 58歳女性 下顎入れ歯

下顎入れ歯
感想文