プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

深い虫歯になっても神経を取らなくていい、

Doc‘s Best Cement



2014022510380330909.jpg



ドックス・ベストセメントは、次世代の治療システムです。
アメリカでティム・フレーザー博士により開発されたお薬です。

では、ドックス・ベストセメントには、どのような効果があるのでしょうか?


従来、虫歯になれば、その虫歯の部分を削り取り、

その虫歯が神経まで達していれば、神経を取る必要がありました。


しかし、ドックス・ベストセメントをその虫歯の部分の上に塗りつければ、
ドックス・ベストセメントのミネラル成分が虫歯部分に浸透し、
約1年かけて石灰化して元の状態に戻ります


さらに、CuイオンとFeイオンの電位差により電気が発生し、虫歯菌を殺菌するのです。

ドックス・ベストセメントは、アレルギーもなく使用でき、本来ならば神経を
取らねばならない歯でも、その多くを救うことができるのです。


歯は神経を取るともろくなり、免疫能力も低下します。
ドックス・ベストセメントは、歯を長持ちさせる上で欠かせないものなのです。
*但し、上行性歯髄炎(菌が根尖より上がってくる歯髄炎)の場合、効果はありません。


2014022510380330909_1.jpg

※ドックス・ベストセメントは保険適用外です。


 
2014022510484531416.jpg



2014022510221730779.jpg

院長泉田尚宏は、Dogsセメント療法 認定医です