プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

加齢と口腔内の変化(1)


むし歯や歯周病に罹患しなくても歯や歯ぐきも年を重ねるにつれて少しずつ変化をします。
典型的なものとしては、歯がだんだん磨り減ってきて、茶色っぽくなってくることや歯ぐきが少しずつやせて歯と歯との間に食べかすなどがつまりやすくなることなどがあります。

また、歯を抜いて入れ歯を使われている方の場合には、あごの骨がだんだん小さくなってくることもしばしば起こる現象です。

これらは加齢変化といわれるもので、個人差はあっても必ずどんな人にも生じてきます。そのため、これまでは咀嚼(そしゃく)や会話に大きな支障がない限り治療の対象になることは少なかったようです。

けれども近年の審美性に対する要求やアンチエイジング(抗加齢)の意識の高まりから若さを取り戻すための治療もおこなわれるようになってきました。

磨り減ってしまった歯にきれいな形の冠を被せたり、漂白によって茶色くなった歯を白くすること、吸収してしまった歯槽骨を再生する手術などです。

高齢者のライフスタイルの変化に伴って今後もこれらの治療に対するニーズはさらに高まっていくものと考えられています。

実際には、口腔内の変化が病的なものなのか加齢によるものなのかを区別して治療を行うことが非常に重要になります。

「歳のせい」と諦めていた方も一度かかりつけの歯科医に相談されてみてはいかがでしょうか。



加齢と口腔内の変化(2)


(1)では、むし歯や歯周病に罹患しなくても歯や歯ぐきが加齢によって変化することをお話ししました。(2)では、加齢によっておこりやすくなる口腔内の疾患を取り上げてみます。

口腔内における加齢変化の中でも重要なものとして、だ液量の減少があります。加齢そのものによってもだ液量は減少しますが、高齢者の多くが服用する降圧剤や抗不安薬等の薬物の副作用によってだ液の分泌量はさらに低下します。

だ液が少なくなるとプラークが蓄積しやすくなってむし歯や歯周病が進行しやすくなるばかりでなく、口臭や味覚障害、咀嚼・嚥下困難などさまざまな疾患を引き起こす原因になります。このような状態をドライマウスといいます。

丁寧にブラッシングをしてプラークを十分に除去することやゆっくり食事をして咀嚼回数を増やし、だ液を多く分泌させることは重要です。

その他の対策としては、水分補給や保湿剤やシュガーレスガムの使用、だ液腺マッサージなども有効です。

高齢者の増加に伴い、ドライマウス外来を備えた病院も多くなってきています。だ液分泌量の低下の原因は加齢や薬物の副作用以外にもありますし、他の疾患によっても似たような障害が生じることもあります。

口喝や口臭、咀嚼・嚥下の障害が気になりはじめた方はまず、かかりつけの歯科医に相談されてみてはいかがでしょうか。(毎日新聞より)

 


●子どもの仕上げ歯磨き


子ども(3歳)が仕上げ歯磨きをさせてくれないときどうすればよいでしょうか?

お母さん方から同様のご質問をよく受けます。
子ども自身が磨いただけでは磨き残しも多く発生し、その結果、さまざまなお口のトラブルの原因となることが考えられますので、お母さん方の仕上げ磨きは欠かせないものです。

しかしながら子どもにはその重要性がすぐに理解できませんので、嫌がるのも無理はないと思います。

お口の健康の重要性が広く認知されてきており、お母さん方は子どもたちの歯を守るため、非常に努力をされておられることも日々の臨床において強く感じることができます。

抑え付け、強引に歯磨きを続けることにより、子どももそのうちに慣れてきて仕上げ磨きをさせてくれるようになるかもしれませんが、日々の中で歯磨きの時間が一番嫌な時間となり、歯磨き自体を嫌いになってしまうことも考えられます。

歯磨きが嫌な時間ではなくなるように、歯ブラシの色を選んでみたり、好みの歯磨き剤の味を選んでみたり、また、仕上げ磨きができたときには十分にほめてあげてください。

遊びの一環として歯磨きを取り入れていただくことにより、歯磨きが生活の一部として定着し、生涯のお口と体の健康に役立つものと考えます。

定期的に、お子様のお口の中をかかりつけ歯科医にチェックしていただくことも欠かせません。
その折に歯磨き用具の選択、歯磨き方法、磨き残しの有無などしっかりとお伺いになり、お子様の成長にお役立てください。(毎日新聞より)



●小児の「歯ぎしり」


成人の歯ぎしりはあごのだるさや痛み、こわばりなどの症状を伴うことがあり、問題になることがあります。

一方、小児の歯ぎしりは非常に一般的なものでありますが、それほど問題にはなっていません。でも、しばしば両親が自分たちの子どもの睡眠中の歯ぎしり気づいて非常に心配し、治療の相談に歯科を訪れることも珍しくありません。

成人の歯ぎしりに関しては多くの研究がなされ、データの数も多いのですが、小児の歯ぎしりに関してはテータが非常に少ないのが現状です。一般的には、小児の歯ぎしりには成人に見られるような特別な症状を伴わないことが広く認められています。

126人の歯ぎしりをする6〜9歳の小児に関するある研究では、5年後になっても歯ぎしりを続けていたのはそのうちのたった17人で、残りの約9割の小児は歯ぎしりがなくなっていました。


すなわち、この研究からもわかるように小児の歯ぎしりは加齢とともになくなっていくものであり、重大な症状とは関連なく、成人した時の歯ぎしりのリスクを増加することに関係しないということが分かっています。

従って、もしもご自分の子どもさんが睡眠中に歯ぎしりをしていたとしても、通常はそのうち次第になくなっていきますから、心配する必要がないということです。(毎日新聞より)

 



このごろ食事がおいしくない、なにか変な味がするように思うのですが、歯を磨けばよくなるでしょうか?(62歳 女性)

おいしく食事がとれるということは、人生の大きな楽しみの一つですが、さまざまな原因で味覚に異常が起こることがあります。

味わいとは、食物中の味成分がだ液に溶けて舌の表面にある味蕾(みらい)という細胞を刺激することで感じる感覚ですから、頭けい部の放射線療法などの後遺症として味蕾そのものが破壊された場合、味覚を感じることはできなくなくります。

また、味蕾からの感覚刺激を脳に伝える神経系統が損なわれた場合や(顔面神経まひなど)、脳腫瘍などで味覚中枢が障害されたときにも味覚異常が起こります。

しかしこれらの発現頻度は低く、元になる病気がありますので、なんとなく味が変な気をするというお尋ねのケースとは違うようですね。

味を感じるにはまず食物の味成分がだ液に溶け出す必要がありますので、だ液の分泌が不十分な場合(ドライマウス)、苦く感じたり味覚異常を起こしたりします。またお薬の副作用で口が乾くことがありますし、味覚そのものに異常を起こす薬剤も多数存在します。

正常な味覚を保つ上で、必須微量元素のひとつである亜鉛が不可欠です。普通の食事をしていれば亜鉛が不足することはありませんが、お薬の中には亜鉛の働きを弱めるものもあり、服薬中の方はお医者さんに相談してみてください。

舌が舌苔で覆われていたり、カンジダというカビの一種が起こすカンジダ症にかかっていたりすると、味成分が味蕾まで届きませんので味覚が障害されます。
汗ばむこの季節、ともすれば水分が不足がちになり口が乾きます。十分に水分を補給し、口を清潔に保つよう心がけてください。(毎日新聞より)

 


歯と歯肉(歯ぐき)の間にある溝のことを歯周ポケットと呼びます。
1_17.png
歯医者さんで歯周病の検査を熟れられた方は経験がおありでしょうが、検査のときに2とか3とかの数字で表示される検査結果は、この歯周ポケットの深さをミリ単位で測定しているのです。

歯周ポケットの深さは必ずしも歯周組織破壊の過程と一致しませんが、歯周組織の状態を把握するのに最も重要な検査の一つです。

歯周ポケットはその名のとおり形態が服のポケットによく似ています。服の胸のところにポケットがあり中にコインがあることを想像してください。

もし服のポケットが浅ければ指で簡単にコインを取り出すことができます。
しかしポケットが深くなればなる程コインを取り出しにくくなりますし、あまりに深いとコインに手が届きません。

歯周ポケットの中には歯周病の原因であるデンタルプラークや歯石があります。
もし歯周ポケットの深さが2ミリ程度であれば、歯ブラシや補助的器具でポケット内のプラークを除去することができ、歯周組織を良好に保つことが容易になります。

しかし歯周ポケットが4ミリ以上になれば歯医者さんで専門的な器具を用いても、ポケット内の歯石やプラークを完全に除去することが難しくなります。

歯周ポケットの深さは適当な治療を受けることにより変化し、浅くすることもできます。歯周病が気になる方は、ぜひ歯医者さんで歯周ポケットの検査を受けられることをお勧めします。(毎日新聞より)

 


最近、骨粗鬆症の治療薬としてビスフォスフォネート(BP)系のお薬が多用されるようになっています。

これは骨の吸収を抑制する作用をもち、骨量増加による骨折予防効果があるため、骨粗鬆症の第1選択薬とされているからです。

また悪性新生物(がん)領域でも、骨への転移による痛みや骨折の予防効果で、重要な支援療法とされています。

主に、経口製剤が骨粗鬆症に、注射用製剤ががん治療に使用されていますが、ビスフォスフォネート(BP)系薬剤治療を受けていた患者に抜歯などの口腔外科処置を行った場合、顎骨の骨壊死が起こったという報告が2003年に出されました。それ以来、世界中で研究が進んでいますが、現在のところその原因は分かっていません。

しかしBP系薬剤関連顎骨壊死を予防する方法は分かってきています。
BP系薬剤治療を開始する前に、

(1)必要な歯科治療(特に抜歯や歯周外科治療など歯槽骨を扱う外科処置)をすませておくこと、(2)抜歯などを行った場合、術後の傷が良くなるまで待ってから血利用を始めること、そのためには(3)定期的な歯科検診を受けること、の三つが予防法としてあげられています。

そのため、最近骨粗鬆症の治療を始めた方は、治療を始める前に担当のお医者さんから「歯科検診を受けておくように」「必要な歯科治療を済ませてから来るように」と言われたこととがあるのではないかと思います。

BP系薬剤治療中に歯科治療が必要になった場合は、担当医と相談のうえ服薬を中止しなければならないことがあります。また顎骨壊死が起こってしまったら、壊死骨の除去と徹底した口腔ケアが必要ですので、歯科口腔外科専門医による大がかりな治療が必要になってきます。

骨粗鬆症やがんは決して珍しい病気ではありません。BP系薬剤の世話になる可能性は誰にでもあります。安心してBP系薬剤治療を受けることができるように、日ごろから定期的な歯科検診と早期治療を心がけるようにしてください。 (毎日新聞より)


 



歯周病が糖尿病などの体の病気に悪影響を与えるということを耳にしましたが、本当なのでしょうか?(30代 主婦)

以前は糖尿病にかかっていると歯周病の治りが悪いと言われていました。
現在では糖尿病をはじめ心臓病や脳血管障害などの循環器系疾患、肥満やメタボリックシンドローム、肺炎やインフルエンザ、誤嚥性肺炎などの呼吸器系の疾患と、ほぼ全身にまたがる病気に影響を及ぼしていることが分かってきています。
早産や低体重児出産にもつながるとされています。

人間は上下左右それぞれ7本ずつ、合計28本の永久歯をもっています。
もしこれらすべての歯が歯周病に侵されて深さ5ミリの歯周ポケットがあるとすると、その面積はおよそ2.6平方センチ×28=72平方センチで、大人の手のひらと同じサイズになります。

ポケット内面は一部潰傷化して絶えず出血傾向にあり、口腔内の細菌にさらされています。
たとえば「手のひらサイズの炎症面が24時間365日細菌にさらされている」状態が歯周病という病気です。

歯周病にかかるとこのポケットから絶えず大量の病原菌と内毒素、ケミカルメディエータ(炎症のある歯肉で作られる成分)が供給し続けられ、毛細血管に侵入して体中を巡ることになりますので、全身に影響が出て当然だといえるでしょう。

細菌が直接、心臓内膜に付着すると細菌性心内膜炎になります。細菌やケミカルメディエータが動脈硬化を招き、心筋梗塞や脳梗塞が起こります。

また、ケミカルメディエータの一種はインスリンの働きを抑制するため、血糖値が上がって糖尿病が悪化することが分かっています。定期的な歯科検診で歯周病を予防し健やかな人生をお送りください。 (毎日新聞より)

 



小学1年生になる長女の乳歯がまだ全くって生え変わってきません。異常なのか心配なのですが、どうすればよいのでしょうか?(32歳 女性)

小学1年生ということは6歳か7歳になりますが、平均的な成長をしている子どもさんを例にとると、下あごの前歯が永久歯に生え変わっていて、上あごの前歯も生え変わり始めている年代かと思われます。

ただし、これはあくまで平均的な話であり、それぞれの子どもについて言えば成長速度が異なりますので、すべての子どもが同じ年齢で同じように生え変わるとは限りません。1年程度のばらつきは正常な範囲と考えていただいて差し支えないといえます。

個人差以外に永久歯への生え変わりが遅くなる原因としては、永久歯の生えてくる方向に異常があるケース永久歯が全く作られていないケースなどが考えられます。

ご心配であればかかりつけの歯科医にご相談いただき、レントゲン撮影をすることで原因を探ることができます。

永久歯が作られていないケースでは乳歯がそのまま大人になっても歯列に残ることになりますが、その他の歯と同様にしっかりとお手入をしていただくことによって歯としての機能を十分に果たしてくれます。

永久歯に比べ石灰化度の低い乳歯はむし歯になりやすいなどの欠点がありますのでそれを補うべく、より入念なお手入れが必要となるのは言うまでもありません。

あごの発育のために一番大事なことは、しっかりと噛んで食事をする習慣を身につけることだと考えます。食事を口に運び、すぐに飲み込んでしまわずに、よく噛み砕いて飲み込むことは消化を助けるだけでなく、噛むための筋肉を成長させ、ひいてはあごの成長発育に大きく影響してきます。

しっかり噛ませて、元気で丈夫な子どもに育ててあげてください。(毎日新聞より)

 


国民の約8割に何らかの歯周病の症状が出ていると言われています。

口の中の二大疾患は、う蝕(むし歯)と歯周病で、いずれも歯の表面に付着した細菌による感染症です。ですから、歯周病の予防は歯周病を引き起こす細菌をできるだけ取り除き、細菌の出す毒素を抑え込める状態を保つことが大切です。
予防の基本は歯磨きですが、実はそれだけで十分ではないのです。

歯と歯のすき間は複雑な形をしており、歯ブラシだけで細菌を除去するのは困難です。
通常の歯ブラシで取り除ける細菌は、全体の60%程度とされています。

デンタルフロスや歯間ブラシなどを通常の歯ブラシと併用すれば、確かに有効です。
ただ、それでも完全ではなく、歯の表面には数%から10%の細菌が残ってしまうのが実情です。口の中の細菌は手ごわいのです。

そこで大切なことは、むし歯や歯周病の自覚症状がなくても、1年に2〜3回は歯科医を受信する事。歯科医や歯科衛生士などの専門家に口の状態をチェックしてもらい、専門の器具と技術で徹底的に歯を掃除してもらいましょう。

たとえ毎日、掃除機をかけている家でも、盆や暮れなどには大掃除をするのと同じです。
掃除機(歯ブラシ)が届かず、汚れ(細菌、歯垢)が残ってしまった場所を根こそぎ掃除してもらいましょう。

歯周病の予防に早道はありません。日々のケアと定期的な専門家のケアを受けることが大切です。

泉田歯科医院 院長 泉田尚弘

 


歯周病と糖尿病が双方で影響し合っているのをご存知ですか。
糖尿病になると、口にもさまざまな影響が出ます。

その一つが歯周病です。

糖尿病の患者さんの約8割には歯周病の症状があり、ほとんどの人が歯周炎の段階まで進んでいます。糖尿病になると、感染症から身を守るための免疫機能が低下し、唾液が出にくくなって口が乾燥し、細菌が繁殖しやすい環境に変わっていきます。

また、高血糖の影響で歯周組織の細胞の元気がなくなり、炎症を起こして傷つきやすくなってしまうのです。

一方、歯周病が糖尿病の状態に悪影響を及ぼすことも、最近になってわかってきました。歯周病を引き起こす細菌が歯周組織から血管に入り込むと、血液中に「TNFα」と呼ばれる物質が放出されます。

この物質には、血糖値を下げるホルモン「インスリン」の働きを妨げる作用があり、その結果、糖尿病が悪化すると考えられています。

実際、糖尿病の人の歯周病を治療したら、血糖値が落ち着いた症例も報告されています。
ここで強調したいのは、歯周病を早く見つけて治療すれば、糖尿病の予防や早期発見につながるということです。

糖尿病と診断された方は、その恐れを感じている方は、ぜひ早めに歯科も受信してください。(毎日新聞より)

 


近くで寝ている人のキーキーやギリギリという異様な音で目を覚ました経験は誰でも一度や二度はあるのではないでしょうか?

上下の歯と歯が強く擦れ合う時の歯ぎしりの音です。

しかし、歯ぎしりがすべて音を発するとは限りませんので自覚的、他覚的に分からない場合もあるのです。擦れ合うことで天然の歯やかぶせた人口歯が少しずつ摩耗するため、歯科医が歯を見ると歯ぎしりの有無やその程度はすぐわかります。

歯ぎしりは健常者にも多く認められ、それ自体決して悪いとは言えませんでしたが、一見意味のない非機能的活動と考えられています。

非機能的活動は日中のものと夜間のものがあります。

日中のものには仕事中の噛みしめや爪を噛む癖などがあります。
夜間のものとして、歯ぎしりがその代表ですが、その内容には縦方向の噛みしめと横方向の擦りの二つがあります。

歯ぎしりの原因に関しては多くの研究がなされてきましたが、いまだ明確な科学的解明はできていないようです。

ただ、睡眠段階と歯ぎしりは密接に関係しているようで、深い眠りから浅い眠りへの移行期あるいは覚醒相に、主に生じることがわかっています。

肉体的ストレスよりも精神的ストレスに密接に関連し、それらを解放する動作の一つとも考えられています。

睡眠中の歯ぎしりの力は、昼間の自発的噛みしめ力の数倍にも達するといわれ、歯への負担や顎関節への負担は無視できません。そのため負担軽減の目的で、マウスピースのような出し入れできる装置(ナイトガードあるいはスプリントという)を、上顎に入れて歯や顎関節を保護することもあります。 (毎日新聞より)

 



176件中(1件〜10件を表示しています)   前   |