プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

妊娠による身体の変化だけでなく、お口の中の環境も変わってきます。 これは、妊娠によるホルモンバランスの変化や食生活の変化・つわりの影響で磨く事が出来ずお口の中の環境が悪くなってしまい、 次の様な症状がみられます。



1) 歯肉炎・歯周炎(歯周病)


妊婦さんのお口には、歯肉炎や歯周炎が比較的多く見られます。 その原因は、つわりや間食の増加などによって歯磨きを充分に行えないなどの理由で、お口の中が不潔になりやすいこと、 及び女性ホルモンの増加などの影響で炎症症状がより強く現れるためと考えられています。

一方、歯周炎をもつ妊婦は早産や低体重児を出産する確率が高くなるという報告がなされています。 北海道医療大学による疫学調査では、 歯周病の妊婦は、そうでない妊婦に比べ、 約5倍も早産になりやすかったという驚くべき結果が出ています。

海外のデータでも、歯周病が進んだ妊婦では早産および低体重児出産の危険性が7倍高まるといった報告や、 歯周病が進んだ妊婦ほど早産の頻度が高かったという報告などがあります。

日頃から歯科医院に通って定期的に専門家による お掃除をすることで防ぐ事が出来ます



2) むし歯


妊娠したらむし歯になりやすくなった…”と御自身・周りの方が言ってるのを耳にしたことはないでしょうか? 妊娠するとむし歯になりやすくなると言われていますが、 妊娠中にむし歯が増えるという証拠はなく、直接の関係はないのです。
 
しかし、つわりや間食の増加のためにお口の中の清掃が不十分だったり、 女性ホルモンの増加により唾液の性状が変わる為、むし歯になりやすい状態になると考えられています。
 


3) 妊娠性エプーリス(歯ぐきのできもの)
01_4.png

歯ぐきにできる良性のできもので、 主に妊娠3カ月以降にみられることがあります。 強い赤みを帯びた出血しやすいできもので、 分娩とともに小さくなって自然消滅することが多いです。

原因として、機械的刺激と感染による炎症性刺激などの外的原因に加え、 女性ホルモンの変化(妊娠)による内的原因が大きく関与していると考えられています。



4) 妊娠中のお口のケア方法


妊娠中でもむし歯や歯周病(歯ぐきから出血する等)の発生メカニズムは同じなので、基本的に変わりませんが、ホルモンバランスの変化によって歯肉炎が起こりやすくなっています。


また、つわり等で歯磨きを行うことも容易ではなくなってしまいます。さらにそれらが重なるとお口の中が不潔になり、歯肉炎の症状が悪化し、歯ぐきの痛みによって歯磨きが困難になります。


こんな時は・・・

1)小さめの歯ブラシを使う(ワンタフト等)

2)柔らかめの歯ブラシを使う

3)歯ブラシの動かし方を小さくする

4)前屈み気味で、前に汚れを掻き出すように磨く

5)匂いの強い歯磨き粉は避ける

6)出来る時に何回かに分けて磨く

7)歯磨きが出来ない時は、甘いもの(ジュースやお菓子等)等を避ける

8)こまめにうがいをする。オラブリス等のフッ素洗口剤やコンクール等のデンタルリンスを使う
 


上記を心がけて下さい。
つわりの時期は、あまり神経質にならず調子の良い時に磨くという位の気持ちでいきましょう♪



妊婦さんへお勧め商品

ワンタフト(小さめ歯ブラシ)コンクールf(デンタルリンス)
オラブリス
バトラー(フッ素洗口剤)