プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

妊娠中の歯科治療について


1) 妊娠中の歯の治療って大丈夫?

基本的に歯科治療が出来ない時期はありません。 お母さんの体の状態・赤ちゃんの状態を併せて、それぞれの時期(前期・中期・後期)での歯科治療の留意点を考えてみましょう♪

妊娠前期の歯科治療・妊娠1ヶ月から4ヶ月

妊娠の初期は胎児の各器官の形成期であり、 母体にとっても胎盤の成熟期です。したがって妊娠中で一番不安定な時期といえます。 この時期の歯科治療としては、 除痛を目的とした対処療法に留めておいたほうが良いでしょう。

妊娠の可能性がある時は歯科医師に申し出てください。つわり等もありますのでくれぐれも無理はしないで下さいね!

妊娠中期の歯科治療・妊娠5ヶ月から7ヶ月

中期は胎児・母体とも一番安定している時期といえます。この時期にできるだけの処置をすると良いでしょう。

抜歯等の治療もほとんど問題はありませんが、 特に不安を抱かれる方は可能なら出産後に処置しましょう。

ただ、お薬の服用には注意点もありますので、 歯科医あるいは産婦人科医の先生ともよく相談するようにしましょう。

妊娠後期の歯科治療・妊娠8ヶ月から10ヶ月

妊娠後期になると子宮底がみぞおちのあたりまで下がって、 心臓や肺も圧迫されえるため、動悸や息切れが頻繁になります。

この時期もあまり問題なく歯科処置が可能ですが、 ただ同じ姿勢を長い時間続けていると腹部を圧迫して苦しくなることもありますので、 治療時間など歯科医に相談されると良いでしょう。


どの時期にも共通して言えることですが

普段から定期的に歯科医院に通院する。
妊娠期は体調の良い時と悪い時があるかと思います。
 
   決して無理はしないでくださいね!



妊娠中のレントゲン撮影について

私たちは日常生活の中で常に自然放射線と呼ばれている微量の放射線にさらされており、これを自然被曝と呼びます。

自然被曝には太陽や宇宙空間から降り注ぐものなど ごく身近なとことに存在しています。 妊娠中にレントゲン撮影すると放射線による被曝が胎児に影響を及ぼすのではないかと心配される方も多いと思います。

歯科でのレントゲン撮影に際しての被曝は一日の自然被曝の約3分の1以下で、 被曝としてはごく微量です。 従って過度に心配される必要はありません。


妊娠中に麻酔や薬は大丈夫?

授乳中に歯科治療を行う際に、局所麻酔注射が必要な場合があります。 局所麻酔は母乳中に移行しますが、乳児に与える影響は少なく アメリカ小児学会の見解では授乳時にもしようしても良いとされています。

同様にお薬が必要な事があります。 多くの場合は母乳中に移行する量は母親に投与された薬の1〜2%を超えることはありませんので、 乳児に与える影響は非常に少ないと言われています。

ただ、乳児の場合特に生後1週間以内の新生児においては、 薬を代謝する能力が不十分ですので注意が必要です。 そのような場合は、人工乳(ミルク)を用意したり、 事前に母乳を搾乳して保存しておくようにして下さい。

母乳育児中の薬の飲み方の基本は、 1日のうちで最も授乳間隔が空くようにできるだけ授乳の終了後に服用して下さい。 母乳から赤ちゃんへの影響を最小限にすることができます。

歯の痛みを無理に我慢するよりも、 薬が必要な場合は服用し、 早く楽になって赤ちゃんに笑顔で接してあげてください。