プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

不幸にして歯を失ったあなたへ


決して落胆することはありません。
失った歯とまったく同じ様に噛むことのできる方法があります。


そう、インプラントです。


インプラントとは、英語で「植立する」という意味です。


歯を失った顎の骨に人工の歯根を植え込み、

その人工歯根の上に人工の歯を取り付ける方法です。



当医院は、予防歯科医院をめざしています。


p.gif 自分の歯を長持ちさせるにはどうするのか?
p.gif
 一生自分の歯で食事するには何が大事なのか?


これらの答えの一つがインプラント治療なのです。



下の図を見てください。

01-01.jpg
 入れ歯     ブリッジ     インプラント


一本の歯を失いました。

治療法は、入れ歯ブリッジインプラント
この3つしかありません。


入れ歯にした場合、
隣の歯に金具(バネ)をかけなければなりません。

ブリッジにした場合、
隣の歯を削ってかぶせなければなりません。
まったく健康な歯を削ってしまうのです。



インプラントは、
歯の抜けたところに人工の歯を植え込みます。

そうです、隣の歯を守ることができるのです。


歯は削れば削るほど弱っていきます。
いかに自分の歯を削らないようにして治療するか?

その答がインプラントなのです


インプラントは、自分の歯とまったく同じ様に、
しっかりと噛むことができます。

インプラント植立して、
上顎なら4か月、下顎なら3か月で
歯をかぶせることができます。


しかし、すべての人にできるわけではありません。


内科的な疾患のある方、
特に糖尿病や心疾患、高血圧の方では、
インプラントできない場合があります。

顎の骨が薄くなり、
新たに人工的に骨を作らねばならない場合、
またそれでもインプラントできないケースもあります。


インプラントの成功率は、約97%です。

100本植立すれば、
2〜3本はうまくいかない場合があります。

インプラントの材質チタンが骨と
ひっつかない場合があるのです。


様々な原因がありますが、
禁煙もその大きな原因のひとつです。


インプラントは保険がききません。

一本約30万円です。
人工的に骨を作る場合など、
ケースによって費用のかかる場合があります。


わたしは、金額はけっして高いとは思いません。

なぜならインプラントすることにより、
他の歯を守ることができ、
歯を失う前の状態に戻すことができるからです。


歯を失っても、
インプラントし、自分の歯とまったく同じ様に、
旅先で美味しいものを食べられる。


すばらしいと思いませんか?


インプラントは、
あなたが今後の人生をより豊かに、
より充実したものにするには
欠かすことのできない治療法です。


予防歯科を推進する私たちにとって、インプラントは、
フッ素、キシリトール、ブラッシング、定期検診と
並ばなくてはならない治療法です。




実例 50歳代 男性 右下臼歯部 インプラント植立


インプラントを埋め込んだところ

01-02.jpg


セラミック冠を装着したところ

01-03.jpg
      
                     


インプラント埋め込んだところ

01-04.jpg


セラミック冠を装着したところ

01-05.jpg



感想文


インプラント治療後の感想


インプラントの歯の治療を進めて頂いたことを
大変感謝の気持ちでいっぱいです。
今は、歯が全部そろい、毎日食事をするにも
不便さはなくなりました。
歯の大切さをしみじみ感じている今日このごろです。
先生並びスタッフの皆様 大変お世話になりました。
これからも皆様患者様のために頑張ってください。
平成19年11月27日(火) Y.T