プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー


治療の流れについて


インプラント治療は、どういった流れで行われるのでしょうか?

このページでは、カウンセリングから手術まで、インプラントの流れをご紹介いたします。



カウンセリング

患者がインプラント治療を望む理由を伺い、治療の流れから、治療内容、治療後のケアにいたるまで、詳しく説明します。

04-01.jpg


審査・診断

虫歯、歯周病の検査を行います。

ここで、インプラント治療が可能かどうかの判断がなされ、レントゲンなどのデータに基づき治療計画を立てていきます。


04-01.jpg


インプラント術前治療

治療結果が確実なものとなるように事前に治療を行い、歯石の除去や咬み合わせの治療をします。


04-01.jpg


インプラント手術

治療計画に基づいた最初のインプラント手術を行います。


1〜2本は15分、2〜3本は30分程度の時間を要します。

局所麻酔を行った後、骨質にあったチタン製のインプラントを顎の骨に埋入しますので、安全で痛みの無い手術を行うことが可能です。


04-01.jpg


治療期間

インプラントと歯がしっかりと固定するまで期間をおきます。


骨の状態によりますが、約3ヶ月の治療期間を置きます。


04-01.jpg


インプラント上部構造のセット(2次手術)


咬み合わせの状態をチェックし、お口の中でのバランス(調和)が整った時点で型をとります。


色や形を患者さんに合わせて人工歯を作製し、インプラントの上にヘッドをセットします。
その後、上部構造を装着します。




インプラント治療後のケア

上記の流れ全てで、インプラント治療は一応終了となりますが、インプラントを長持ちさせるには、終了後のホームケアが大変重要です。


指導された正しいブラッシングを行いましょう。


また、インプラント治療後も、最低でも半年に一度の定期健診とアフターケアを続けましょう。

この定期健診を続けることが、最終的にインプラントの寿命につながります。



 

インプラント手術の手順


インプラントの手術は大きく分けて
1次手術2次手術に分けられます。

1次手術


1 麻酔をしインプラントを植立する部分の歯肉を切開し、
歯肉・骨膜を剥離します。このとき、インプラントできるかどうか、骨の量、厚みを確認します

05-01.jpg


2 骨にドリルで穴を開けます。


ドリルは細いものから順次太いものへ交換し、穴を広げていきます。

05-02.jpg


3 インプラント体を骨内に埋入します。

05-03.jpg


4 埋入したインプラント体にふた(カバースクリュー)をし、歯肉を縫合します。

05-04.jpg





2次手術



1次手術が終わってから2〜4か月、長い場合は6ヶ月後に、2次手術を行います。



1 麻酔をし、インプラント埋入部の歯肉を切開します。カバースクリュー(ふた)を取り外します

05-05.jpg

2 歯肉を貫通させるためヒーリングカラーを装着します。

05-06.jpg

約2週間後、ヒーリングカラーを取り外します。


3 アバットメント装着、歯の土台になる部分を装着します。

05-07.jpg


4 印象します(型をとります)。

05-08.jpg

5 最終補綴物を装着します(人工の歯をとりつけます)。

05-09.jpg




インプラント安心・安全のためのCT


カラー3D画像CT トロフィー・パンプラス(通称トロパン、フランス製)
を備え付けています。

より一層、正確な診断と、より
正確なインプラント治療を目指すためです。

(CTとは、コンピューター断層撮影の略で、レントゲン装置とコンピューターを使ってお口の中を輪切り状態で(断面画像)見ることができる装置です)。


インプラントをするにあたり、骨の厚み、密度、また動脈や神経の走行を把握しておくのは
とても重要です。

CTはこれらの要望にすべて答えてくれます。
安心・安全のためCTは必需品です。


被爆線量の問題ですが、
医科用CTと比較して約1/10の被爆量で、画像解析度も約2倍あり、安心して使用できます。


医療の一番大きな問題は正確な診断であり、CTはこの診断力を大きく上げてくれます。


(今のところ、より多くのひとたちにその恩恵を享受していただきたいので、しばらくは無料で撮る予定です)。




06-01.jpg

06-03.jpg

06-04.jpg