歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

歯科の豆知識


●若いからといって油断は禁物の若年性歯周病



歯周病は、歯茎の腫れや出血が初期のサインです。

しかし、歯周病は高齢者の病との誤認が多く、若い人は特に初期段階を見逃す傾向にあるように感じます。そこで、今回は若い人にも歯周病の可能性があり、注意が必要だというお話をしたいと思います。これまで歯周病といえば中年・高齢で気をつけたい病でした。


しかし、10代や20代、それどころか小学生でも歯周病を発症するケースがあり、一般的な歯周病の症状に加え、特定の特徴があることがわかってきました。


30歳以下で歯周病を発症した場合を、若年性歯周病、正しくは侵襲性歯周炎といいます。

特徴的なのは、とにかく進行が速いということで、あっという間に重症化してしまいます。
前歯と第1大臼歯に限って発症するケースがあります。

若年性歯周病の方は、家族にも同様の症状がある人がいることが多くあります。


原因は、食生活の乱れや歯磨きが行き届いていないことに加え、抵抗力が落ちていることにあるといわれています。
特殊な細菌感染や遺伝・家族間での感染も考えられます。



若年性歯周病はとにかく進行が早い上、一般的な歯科治療では治りにくく手ごわい病です。

場合によっては抗生物質の投与が有効なこともあります。
歯を守るために外科的処置が必要になることもあります。
いくら治療しても再発してしまうこともあります。


若年性歯周病は、早期発見と早期治療が大切です。
治療が終わったら再発を防ぐために、正しい歯磨きと定期検診を受けることをおすすめします。


●予防が大切な歯周病



痛みを伴うお口のトラブルの代表格、う歯(虫歯)は一般的に広く認知され、予防を心がけている人も少なくありません。



一方、進行すると歯が抜け落ちてしまう可能性もある歯周病は、激しい痛みを伴うことが少ないため周知が遅れているように感じます。



歯周病は虫歯を抜いて、歯を失う原因の1位にあたり、年をとってもおいしく食事をとるためには罹患したくない病気です。


歯周病はいきなり歯が抜けるのではなく、時間をかけて徐々に進行します。

歯肉溝に歯垢がたまることから歯周病は始まります。

歯肉が赤くはれたり、歯ブラシがあたると出血したりしますが、激しい痛みを伴わないため気づかない人も少なくありません。



この初期段階では炎症の程度は浅いため、歯磨きで歯垢を除去すれば健康な状態に戻ることもできます。


しかし、初期段階では必ずしも発見できるとは限りませんので、歯周病にかからないことが大切になるのです。

つまり、予防ですね。


進行は高齢者の方が遅く、若年者の方が早くなる傾向があるため、若年者こそ歯周病の予防を心がける必要があります。


歯周病の予防は、歯垢の除去や心身を健康にし抵抗力を高めることがあげられます。

歯垢の除去は毎日の歯磨きが基本となりますので、歯垢をしっかり除去する歯ブラシテクニックを身につけることも大切です。