プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

歯科の豆知識


●口臭の原因は歯周病?



楽しい話をしているはずなのに、今すぐその場を立ち去りたい気分になってしまう。
大事な人なのに近くによって来られるのが苦痛…そんな思いをさせてしまうのが口臭です。

目の前の相手の口臭がきつくても、なかなか指摘しにくいというのも厄介です。



あなたのお口は大丈夫でしょうか?

近づくと距離を取られたり、顔を背けられたりしたら口臭のサインかもしれません。

口臭の原因はさまざまですが、その中で歯周病はもっともよくみられる原因で、きつい臭いを放ちます。


歯周病は歯茎の腫れと出血が初期のサインになります。
そこから進行し、歯を支える骨が溶けはじめると歯周ポケットという溝が出現します。


歯周ポケットはプラークがたまりやすく、細菌にとって格好の住みかとなります。

歯周ポケットに住み着いた細菌の中でも、嫌気性細菌という無酸素状態でも生育できる細菌が悪臭のもとになります。


嫌気性細菌は、血液やだ液の分解に伴い硫化水素やメチルメルカプタンという悪臭を伴うガスを出します。

これが歯周病における口臭の正体です。

細菌の住みかであるプラークの除去で一時的に口臭を減らすことはできますが、歯周ポケットがあれば、やがていずれ同じ問題が起き口臭につながります。

よって、口臭を改善するには歯周病を治すことが必要となります。


口臭を放つほど進行した歯周病を自力で治すのは難しいので、歯科医院に相談するのがよいでしょう。


●歯周病の活動期と静止期



重症になると歯が脱落してしまう危険もある歯周病。
気づいたときには歯槽膿漏になってしまっていることもある歯周病は、初期症状が分かりにくいことに加え、一見治ったかのように見える期間があることに注意が必要です。


歯周病は、静止期と活動期を繰り返しながら進行していきます。

静止期は体の抵抗力が強く、腫れや出血も治まり歯周病の症状がほとんど見られない時期です。
活動期は急速に炎症が進み、組織破壊が起こります。

時に痛みを伴うこともあり、多くの人が歯周病に気づくのは活動期になります。
活動期は、体の抵抗力が落ちているときだといわれています。

歯周病は、気づかないうちに徐々に進行する病だと書いているものを多く見かけます。


しかし、実際は静止期と活動期を繰り返しながら徐々に進行しています。
各期間の長さは特に決まっておらず、歯肉炎から歯周炎への進行までに何回繰り返すとも決まっていません。


この静止期と活動期を繰り返すことにより、治療開始が遅れてしまうのは怖いことです。

活動期に自覚症状があってもすぐに歯科医院に行かないと、やがて静止期に入ってしまい治ったと勘違いしてしまうことがあるようです。


静止期は、症状が止まっているだけで決して治っていませんので、やがて活動期に入り進行してしまいます。

歯周病の治療がためには、一度、疑わしい症状が見られたら歯科医院でしっかりチェックすることが大切です。