プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

矯正について

2016/11/29

歯科の豆知識


●矯正と年齢



歯列の乱れは、滑舌の悪さや食べにくさにつながります。

見た目の印象にも大きくかかわるため、精神的な影響も少なからずあるようです。人前で大きな口を開けて笑えないだけでなく、人と会うのさえ苦痛に感じることもあるといいます。


歯列を整えるには、矯正が必要です。
矯正は時間をかけて、歯を理想の位置に移動させるなどして行います。

歯の移動をしやすい若い人の方が、矯正は短期間で済むといわれています。

そのためか、若くないと矯正できないと思っている方が少なくありません。



しかし、昨今は20代だけでなく30代、40代さらには50代で矯正をしている方もいます。

子どものころの矯正は、自分だけでなく保護者の理解が必要になりますが、大人になってからの矯正は自分で判断できるというのがポイントです。

やりたいとき、やれるときに始めることができます。
矯正資金を自分で用意できるので、気兼ねなく治療を受けることができます。


大人になってから矯正をする方は、歯並びに「長くコンプレックスを抱いていた」という方が少なくありません。苦しい思いを抱え、「こんな年齢でもできるかしら」と訪れる方もいます。


矯正するにはちょっと遅いかなと思われている場合は、お急ぎください。
年をとるにつれ歯周病などのリスクが高まりますので、矯正を考えている場合は早めに歯科医院で相談することがおすすめです。


●見た目だけではない矯正のメリット



キレイに歯列が整ったお口はすてきです。
おそらく多くの方に共感いただけると思いますが、欧米諸国から比べると日本の矯正はまだまだ浸透していないと言わざるを得ません。


矯正は歯並びを整えるためにするものという認識は誤りではありませんが、歯並びを整えるのは見た目をよくするためだけではないことを知っていただきたいと思います。


矯正のメリットは、すなわち歯並びが良いお口のメリットになります。


歯科分野では歯並びが整うと歯ブラシが届きやすくなり、プラークを除去しやすくなります。

そのため、抜歯の原因になる虫歯や歯周病を防ぐことができます。
よって、8020運動にも有効です。


空気が漏れたりすることがなくなり発音がきれいになります。

滑舌が良くなるので、聞き返されることなくテンポが良い会話が楽しめます。


かみ合わせが整うことで、しっかり噛むことができ消化吸収がよくなりますので、消化器官の負担を減らします。

歯をしっかり食いしばることができ、いざというとき力を発揮できます。

運動能力アップにつながります。


歯並びが整うとあごが理想の位置に納まりますので、顔立ちが整います。

歯並びの乱れによる体の乱れも修復でき、きれいな姿勢になります。

口元だけでなく体全体のキレイにつながります。




矯正は口元の見た目だけでなく、全身へのメリットがたくさんあります。
興味のある方は、泉田歯科医院で話を聞いてみませんか。