歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー
検索窓

お子様のための歯科の豆知識

赤ちゃんの頃は歯が1本生えてくるだけで成長を感じるものですが、次第に生えそろってくると歯並びが気になってくるようです。



歯列の問題はあごの成長と関係がある場合があります。
あごは年齢とともに成長し、歯も個人差はありますが時期が来たら生えてくるのが一般的です。
あごの成長が歯が出てきたときに十分でないと歯が重なるなど歯列が乱れることがあります。

出っ歯や受け口といったトラブルは、歯列にとって好ましくない習慣の結果であることがあります。
指しゃぶりや口呼吸、唇を噛む癖などです。


乱れた歯列を治すには矯正という方法があります。
一般的に装置を装着して、時間をかけて歯を理想の位置に移動させる方法がとられます。
場合によっては、虫歯でもない健康な歯を抜歯せざるを得ないこともあります。



矯正のさまざまな負担を減らすのが小児矯正です。
子どもの成長を矯正に生かすことができ、抜歯せずに矯正できる、比較的短期間で治療を終えられるなどメリットがあります。
抜歯をせず短期間で済めば、治療費も抑えられます。


心の成長に伴い、歯列の乱れはコンプレックスにつながることもありますが、小さいうちに矯正することで、嫌な思いをすることも減るのではないかと思われます。

歯列が乱れているとかみ合わせもずれてしまいがちですが、早いうちに矯正して正しいかみ合わせにしておくと、かみ合わせの乱れによる姿勢やお顔の歪みなどを防ぐことができます。


小さいうちからと思うかもしれませんが、早めの矯正がお子さまの負担を減らしますので、お子さまの歯並びが気になる場合は、早めに歯科医院で診てもらいましょう。