歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー
検索窓

お子様のための歯科の豆知識

子どものころのちょっとした癖で、大人になってからの顔立ちが大きく変わるかもしれない…
このように言われたら、女の子の親だけでなく男の子でも気になるところだと思います。



ちょっとした癖というのは、子どもによく見られる指しゃぶりや唇を噛む、舌を噛む、爪を噛む、口呼吸、頬杖など。
これらは歯並びに影響し悪癖(あくへき)と呼ばれています。

悪癖は出っ歯や受け口、凸凹な歯列やあごの骨の歪みの原因となります。
骨への影響が大きいほど顔つきが変わってしまう可能性があります。
舌を噛む癖や口呼吸は受け口の原因になります。
あごの「しゃくれ」の多くは遺伝的なものですが、舌を噛む癖や口呼吸のような後天的な原因でもなります。


そのため、小さいころは顔がそっくりな双子の兄弟でもどちらかだけに悪癖があると、大きくなってからの顔が違うということが起こるのです。

悪癖による顔つきの変化は、良い方に向かうことはないと考えてよいでしょう。
口元のバランスが崩れ、顔全体のバランスも悪くなってしまいます。

もしかしたら、大人になって美容整形をしたいと考えるかもしれません。

悪癖による歯列の乱れを直すのは矯正治療です。
小さいうちに小児矯正をはじめれば、それなりの成果が期待できます。


ただし、悪癖の影響が強すぎる場合は、矯正してもまた歯列が乱れてしまうことがあるようです。

悪癖が見られるお子さまには、できるだけ早くやめることと小児矯正を視野に入れることをおすすめします。