歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

こんにちは 院長の泉田尚宏です

2016年、4月29日〜5月2日までドミニカ共和国の首都サントドミンゴのアラン・ガーグ先生の診療所で、カリブ歯科大学研究員の一員として、多くの患者様にインプラント治療を無料で施すインプラント診療奉仕活動があり、これに参加しました。


1_71.jpg

2_65.jpg
 
3_40.jpg

4_20.jpg


片道30時間近くかかる結構ハードな旅でした。
IDIAアメリカ国際口腔インプラント学会主催で行われる診療奉仕で、今回が3回目の参加になります。
日本からは、13名の歯科医師が参加しました。


診療所には、ドミニカ共和国の全土から集まってこられた数百名の患者様が、列を作って待っておられました。


診療は、朝9時から夜8時過ぎまで、ほとんど休みなしで行われ、非常にハードでしたが、ドミニカの人たちの心温まる笑顔に支えられ、無事終了することができました。


ドミニカ共和国は、カリブ海に浮かぶ島国で、昔々、コロンンブスによって発見されました。
その時の船乗りの方々がそのまま居着き、ドミニカ共和国となりました。


そのため、言語はスペイン語です。片言英語が少し通じるくらいです。

病院のスタッフ、市民の皆さんは、ラテン気質とっても明るく、日本に比べれば経済的には貧しいのですが、とっても幸せそうに見えました。


患者さんたちの明るい表情が旅の疲れを吹き飛ばしてくれました。


泉田歯科医院院長 泉田 尚宏(いずた なおひろ)