歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

動脈硬化の引き金になる?

厚生労働省によると、日本人の死因の第1位は「悪性新生物(がん)」で、第2位は「心疾患」、いわゆる心臓病です。

今回は心疾患と歯周病の関係についてご紹介します。

心疾患で亡くなる方のほぼ半数は、狭心症や心筋梗塞など「虚血性心疾患」です。
これは心臓全体を取り巻く「冠状動脈(冠動脈)」で動脈硬化が進み、血液の通り道が狭くなったり詰まったりして、酸素が届かなくなるのが最大の原因です。

動脈硬化の要因としては高血圧、高コレステロール、喫煙などが有名ですが、最近の研究では、こうした“古典的”な動脈硬化は全体の25%程度にすぎないとも言われ、風邪で感染する「肺炎クラミジア」、胃がんとの関連が指摘される「ピロリ菌」などの細菌、ウイルスが新たな脅威となっていることが報告されています。

歯周病菌もその一つです。

歯周病が動脈硬化の引き金になるメカニズムは詳しく分かっていませんが、現時点の仮説では、歯周組織の毛細血管に歯周病菌が侵入することで、血液中に毒素が放出され、血流に乗って心臓まで運ばれた結果、冠状動脈の内壁を傷つけたり、コレステロールの沈着を後押しし、動脈硬化を引き起こすと考えられています。

動脈硬化を予防し、進行を防ぐには、生活習慣の改善が不可欠です。
高脂肪の食生活を見直し、運動し、禁煙するだけでなく、日ごろから正しい歯磨きを心がけ、歯科医のチェックを受けるなど、歯周病の増殖を抑え込むことも大切であると考えられるのです。

(毎日新聞より)