プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

近くで寝ている人のキーキーやギリギリという異様な音で目を覚ました経験は誰でも一度や二度はあるのではないでしょうか?

上下の歯と歯が強く擦れ合う時の歯ぎしりの音です。

しかし、歯ぎしりがすべて音を発するとは限りませんので自覚的、他覚的に分からない場合もあるのです。擦れ合うことで天然の歯やかぶせた人口歯が少しずつ摩耗するため、歯科医が歯を見ると歯ぎしりの有無やその程度はすぐわかります。

歯ぎしりは健常者にも多く認められ、それ自体決して悪いとは言えませんでしたが、一見意味のない非機能的活動と考えられています。

非機能的活動は日中のものと夜間のものがあります。

日中のものには仕事中の噛みしめや爪を噛む癖などがあります。
夜間のものとして、歯ぎしりがその代表ですが、その内容には縦方向の噛みしめと横方向の擦りの二つがあります。

歯ぎしりの原因に関しては多くの研究がなされてきましたが、いまだ明確な科学的解明はできていないようです。

ただ、睡眠段階と歯ぎしりは密接に関係しているようで、深い眠りから浅い眠りへの移行期あるいは覚醒相に、主に生じることがわかっています。

肉体的ストレスよりも精神的ストレスに密接に関連し、それらを解放する動作の一つとも考えられています。

睡眠中の歯ぎしりの力は、昼間の自発的噛みしめ力の数倍にも達するといわれ、歯への負担や顎関節への負担は無視できません。そのため負担軽減の目的で、マウスピースのような出し入れできる装置(ナイトガードあるいはスプリントという)を、上顎に入れて歯や顎関節を保護することもあります。 (毎日新聞より)