歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

国民の約8割に何らかの歯周病の症状が出ていると言われています。

口の中の二大疾患は、う蝕(むし歯)と歯周病で、いずれも歯の表面に付着した細菌による感染症です。ですから、歯周病の予防は歯周病を引き起こす細菌をできるだけ取り除き、細菌の出す毒素を抑え込める状態を保つことが大切です。
予防の基本は歯磨きですが、実はそれだけで十分ではないのです。

歯と歯のすき間は複雑な形をしており、歯ブラシだけで細菌を除去するのは困難です。
通常の歯ブラシで取り除ける細菌は、全体の60%程度とされています。

デンタルフロスや歯間ブラシなどを通常の歯ブラシと併用すれば、確かに有効です。
ただ、それでも完全ではなく、歯の表面には数%から10%の細菌が残ってしまうのが実情です。口の中の細菌は手ごわいのです。

そこで大切なことは、むし歯や歯周病の自覚症状がなくても、1年に2〜3回は歯科医を受信する事。歯科医や歯科衛生士などの専門家に口の状態をチェックしてもらい、専門の器具と技術で徹底的に歯を掃除してもらいましょう。

たとえ毎日、掃除機をかけている家でも、盆や暮れなどには大掃除をするのと同じです。
掃除機(歯ブラシ)が届かず、汚れ(細菌、歯垢)が残ってしまった場所を根こそぎ掃除してもらいましょう。

歯周病の予防に早道はありません。日々のケアと定期的な専門家のケアを受けることが大切です。

泉田歯科医院 院長 泉田尚弘