プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

お子様のための歯科の豆知識

子どもの前歯に隙間があると、「大人になっても『すきっ歯』のままなんじゃ…?」と不安になられる方もいると思います。

特に乳歯から永久歯に生え変わる6〜7歳位になると、多くの子どもに歯の隙間は見られます。
これは「発育空隙」といって、永久歯のスペースを確保するために都合が良く、成長と共に隙間は自然と無くなっていくものです。

このすきっ歯の期間は、みにくいアヒルの子の時期(アグリーダッキングステージ)とも呼ばれています。

原因は中央の歯より少し生えるのが遅い糸切り歯(犬歯)が、歯茎の根っこの中で前歯を圧迫し隙間が生じるためで、歯が生えそろう時期には綺麗になるのが普通です。
しばらくすると歯が揃い、みにくいアヒルの子から美しい鳥になりますから、ご安心ください。

ただ歯が生える数が先天的に少ない場合や、歯の大きさが小さかったり、上唇と歯茎をつなぐヒダが大きすぎるとこの隙間が閉じないことがあります。

歯に隙間があいたままだと、話をするときに空気が漏れてしまい「さしすせそ」の発音が言いづらくなることも。これらの場合は適切な処置によって隙間を治すことが可能です。

治療が必要な場合と必要ない場合、親の視点だとなかなか分かりづらいことがあります。
「このくらいで診てもらうのはちょっと…」と思わず、不安な点や疑問点があれば是非一度お気軽にご相談下さい!