歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

お子様のための歯科の豆知識

リオオリンピックは大いに盛り上がりましたが、選手たちの歯並びに注目された方はいらっしゃいましたか?

笑顔でインタビューを受ける彼らの中で、極端に歯並びが悪い方はいませんでした。
運動能力と歯並びやかみ合わせは深い関係性があると考えられています。
歯並びが悪いと噛む力が弱くなり、強く食いしばったり体に力を入れづらくなります。

またかみ合わせが悪いと、頭やあごの位置が安定しないため、首の筋肉が緊張し肩こりになりやすく、体が動かしづらくなります。

発育途中の大切な時期に、左右均等でない力がかかり負荷がかかってしまい、健康に大きな影響を及ぼすこともあるのです。

例えば出っ歯の人は口が自然に開いてしまうことで口呼吸になります。
それが続くと鼻呼吸が出来なくなり、運動の際に酸素が足りなくなり力が発揮できないこともあります。

運動が苦手な人や運動音痴の人、運動能力が低い原因はもしかしたらその歯並びにあるかもしれません。

歯並びやかみ合わせが良いと、口の見た目が良くなるだけではなく、体全体が良い状態をキープするのに役立っているのですね。

歯並びが悪い状態で一生過ごすことは、この歯が及ぼす影響を一生受け続けなければならないということです。 早めに歯科矯正をすることで、これらは解決します。

スポーツで結果を残したいと考えているのなら、一度歯の状態を確認すると良いかもしれませんよ。