歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

お子様のための歯科の豆知識


フッ化物塗布は、虫歯を予防し歯の健康を守るための有効な手段です。

フッ化物はフッ素とも呼ばれ、こちらは聞いたことがあるかもしれませんね。
「口の中に薬品を入れるのはちょっと…」と思われる方もご安心ください。 肉や野菜、果物にもわずかに含まれる成分ですので、過剰摂取しなければ問題なく、0歳時から塗布することは可能です。
 
歯は、口の中にあることで唾液に含まれるカルシウムが付き再石灰化が進み、少しずつ硬く強くなっていきます。 その為、乳歯や永久歯が生えたばかりのころは、虫歯になりやすい危険な時期と言えます。

歯が生えてきたら、歯科医院でフッ素物塗布を行いましょう。
年に3、4回歯科に塗布しに行く際、口の中を診てもらうことで歯の健康維持にも繋がります。 フッ化物塗布は子どものうちから行うのがより効果的ですが、大人になってからも虫歯予防にとても有効です。

家族で意識して、虫歯が無くても定期的に歯科医院に足を運ぶのが当たり前になると良いですね。 最近は「フッ素配合」と書かれた歯磨き粉も市販されています。

これは歯科医院で塗布する濃度よりもずっと低いため、毎日使うことが大切です。 うがいのできない3歳くらいまでは、歯磨き粉ではなく、飲んでも問題の無いジェルやスプレーを取り入れると良いでしょう。

フッ化物は万能ではありません。 基本となる歯磨きはしっかりと行うことは大切です。 フッ化物塗布はプラスで行う虫歯予防と考えてくださいね。