プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

歯科の豆知識



●インプラントは「2回目の永久歯」のようなもの



自分の歯を失うというのはちょっとショッキングな体験です。
目立つ部分ならかなり見た目に影響しますから悩みますよね。
口を開けて笑えなくなってしまった、という方もいらっしゃるでしょう。


歯を抜いた後には入れ歯かブリッジ、もしくはインプラントという治療方法があって、インプラントは見た目がいいけれど費用がかかるというイメージではないでしょうか。

インプラントは、本来の自分の歯のようにしっかりと噛める理想的な治療法。入れ歯やブリッジとは全く使用感が違い、残った歯にも負担をかけません。

入れ歯やブリッジとの違いは、その根っこ。インプラントでは先が細くなったチタンを顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯をかぶせます。見た目が本物の歯に近いだけでなく、人工の歯根があるという点で形的にも本物にとても近いんです。

このチタンの歯根は、顎の骨に埋め込みしばらくすると骨とくっつき始めます。顎の骨と一体化していくんです。 これにより、自分の歯にそっくりな噛み心地が実現します。チタンの歯根が顎の骨と結合して上にかぶせた人工歯を支えてくれるので、本物の歯で噛んだ時と同じように噛んだ力が顎に伝わります。

まるで永久歯がもう一度生えてきたようですね。

インプラントなら見た目にも噛み心地の点でも本物に近い第二の歯をご提供できます。もう一度歯の悩みのない日々を手に入れませんか?



●インプラント・失敗することを恐れなくてもよい理由



過度にインプラントに対して不安を抱く方の中には、消極的な意見や実際に体験した方の後日談などから、「失敗することもよくある」という認識を持っているからだと思います。

しかしデータで見てみると、インプラントが10年間定着する率は非常に高いものがありますので、術前の処置、術中、術後のケアを怠らずに歯科医師の指導のもとに進めることで満足のいく結果を得ることができます。


しかし注意したい点として、自分のケースで確実に成功する治療とするためには、良い歯科医院選びが大前提となります。


近年日本においては歯科医師が増えており、政府の方針の影響で診療報酬にも変化が見られる時代にあって、新たにインプラントの分野に参入する歯科医も増えています。

「インプラント治療を行なっています」という文句自体は何の保証にもなりません。
大切なのは、適切な治療を行なうことのできる歯科医院と担当医を見つけてお願いすることです。


いまでは自分である程度の情報を仕入れることができます。
気になる歯科医院のホームページを閲覧する、そこの口コミを見る、さらには実際に出向いて話を聞くこともできます。


これまでの症例数などの実績を尋ねてみることもできますし、歯科医をはじめとしてスタッフの対応にも目を光らせることができます。

良い歯科医院を見つけることで、良い結果を期待できます。