歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

歯科の豆知識


●得られる様々なメリットってどんな事?


美しい歯並び、憧れますよね。
キレイにならんだ歯なら、笑顔に自信が持てそうです。

一方で、歯並びが悪かったり全体に歯が出ていたりすると、気になって思い切り笑えないもの。写真を撮ったりするのも、ちょっと憂鬱だったりします。 歯並びがいい美しい口元にはあこがれるけれど、費用の事や長期間の治療を考えるとなかなか踏ん切りがつかないという方は多いでしょう。

ですが、矯正歯科には口元を美しくするだけではない様々なメリットがあるんです。 歯並びが悪いと、歯磨きをきちんとすることがどうしても難しくなります。すると虫歯ができてしまったり、歯周病になりやすくなったりといった様々なデメリットがあります。

虫歯や歯周病は将来歯を失うリスクにもつながりますし、歯周病は肺炎や心臓病の原因になる場合もあります。歯並びが悪いだけ、ではなく全身によくない影響を与える可能性があるんですね。

一方、歯並びをよくする事で正しく噛めるようになり、集中力が上がったり運動能力が高まったりする場合もあるようです。

何よりも、もって生まれた歯並びのせいで自分に自信が持てないと、うつむき加減で毎日を過ごすなんてもったいない!矯正する事で自分に自信が持て、明るく毎日を過ごせるようになるのならそれは素晴らしい事ではないでしょうか。

毎日を明るく楽しく健康に生きて頂きたい、だから私共では矯正歯科をオススメしています。


●矯正中の注意点


歯並びの乱れを直す矯正。
虫歯などのリスクを減らせるほか、見た目が良くなり自分に自信が持てるようになるなどメリットは大きい治療ですが、治療中の生活に不安を感じる方も少なくないようです。

矯正治療中はどのような注意が必要なのでしょうか。矯正治療中は装置を装着します。
そのため、歯磨きがしにくく汚れが付いたままになってしまったり、装置にプラークがついてしまったりします。虫歯になりやすい環境になってしまうので、普段より意識して歯磨きをすることが大切です。

また、矯正治療中は定期的な通院が必要になります。装置の調整や、進み具合を確認します。虫歯などのチェックもできます。

通院を怠ると、治療期間が延びる可能性があるなどデメリットもあります。定期的な通院は、今後の治療に必要な判断をする場でもありますので、めんどうでも時間をとりましょう。

装置をつけている矯正中は、食べ物にも注意しましょう。かたい食べ物は装置を傷つけてしまう可能性があります。外れてしまうこともあります。

また、粘り気の強いお餅などは装置にくっつくと、外れてしまったり壊れてしまったりすることにつながります。色素の強いカレーやコーヒーなどは、装置に色がつき見た目が悪くなる原因になるので避けたほうが良いでしょう。
虫歯になりやすい状態にあることを考えれば、歯にくっつきやすい食べ物も避けたいところです。



ちょっと不自由に感じるかもしれませんが、矯正治療が終わるまでですので頑張りましょう。矯正についてのご不安は歯科医院にご相談ください。