プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

歯科の豆知識


●いつでもできる?いつ始める?


大人になっても歯の矯正は可能ですが、子供と比べるとどうしても期間が長くかかります。
矯正をする以上は早くキレイな歯並びになりたいですよね。

時間が相当かかる場合もあると考えると、思い立ったら早めがオススメです。
大人の矯正には、色々と「この場面で矯正、大丈夫?」と思うシーンがありますね。

例えば結婚式。
特に女性にとっては一生に一度の大切な瞬間ですし写真もたくさん撮りますから、この時は矯正をやめておきたいと思う事でしょう。 大人になると矯正はかなりの長期間を要します。

個人差もありますが、大体1年半〜2年程度かかる場合が多いですから、その間に様々なイベントもあるでしょう。そのような場合、矯正を一時中断する事ができます。

結婚式があるというような場合は、その前後2週間くらい器具を外す事が可能です。お早めに歯医者にご相談下さい。

大切な会議がある、プレゼンテーションがあるなどで矯正が目立つ事を心配される方もいるでしょう。そうなると始めるタイミングを悩んでしまいますよね。

今は矯正器具も様々な種類がありますから、目立たないものを選ぶ事も可能です。 治療の開始時期には多少の違和感や痛みがあり、集中力がそがれるという事も確かにあります。

仕事への支障が心配、という場合は、なるべく影響のない時期を選んで始めると良いのではないでしょうか。


●矯正を始めるなら子供のうちがオススメ。その理由は?


大人になって矯正をすると時間がかかる、と聞いた事がある方は多いのではないでしょうか。
これは事実。子供の方が代謝が早いので矯正は早く終わります。

また、それだけでなく乳歯の時に矯正をする大きなメリットがあるんです。それは、乳歯の歯並びをよくしておくと永久歯が正しい位置で生える事ができる、という事。

小さな子どものうちに矯正を開始すると、顎の発達を利用して顎を正しく広げたり、歪みを直したりする事が容易です。その結果、永久歯が生えるべきスペースがしっかり確保され、永久歯を正しい位置に誘導できるという訳なんです。

大人になってから歯の矯正をする場合、どうしても抜歯をしなくてはならないケースも出てきます。ですが子供のうちなら抜歯はせずに矯正できる場合がとても多いのです。

また、矯正を行う場合は虫歯や歯周病の治療を終えてからという事になるのですが、子供の場合虫歯や歯周病が少ないのですぐに治療を開始できるケースが多いというのもうれしい点ですね。
 
矯正を始めた直後は違和感や多少の痛みがあります。
小さなお子さまが矯正をする場合、その親御さんと二人三脚で頑張る事が必要でしょう。ぜひ親御さんとお子さんと歯医者、みんなで協力して矯正を進めていきましょう。