歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

これからのインプラント治療は『患者様が主体』がキーワードとは?


 患者様が主体のインプラント治療とは“痛くない・早く・美しく”です。


抜歯即時HAインプラント施術法とは?


 抜歯即時インプラントとは、抜歯をすると同時にインプラントを埋め込むテクニックです。




HA(ハイドロキシアパタイト)インプラントの優位性と特徴




01_3.png


HA コーティングインプラントは、チタンインプラントと比較して、骨とカルシウムブリッジにより直接生化学的に結合している。

この結果、インプラント周囲と骨海面において、より早く、より強い結合力、より多くのの骨形成が期待出来る。

HAコーテッドインプラントがチタン系インプラントに比べて優れている点として

――――――――――――――――――――――――

  • 必ずしも初期固定を必要としない。
  • インプラント自体の骨伝導性による抜歯窩などのスペースに左右されない許容性。
  • 骨質を選ばない(骨質 Type犬僕効)。
  • 早期の骨結合などがあげられる。
――――――――――――――――――――――――


適応症の選択、無理のない補綴設計、口腔内環境の整備を行ったうえHAコーティングインプラントの使用は、長期的にも安定し患者にとって優しいインプラントであると言える。


02_2.png

チタンインプラント+抜歯即時埋入法とHAインプラント+抜歯即時埋入法の比較
図はHAインプラントを用いた抜歯即時埋入とチタンインプラントを用いた抜歯即時間移入を比較したものである。

前者では、抜歯と同時のHAインプラント埋入、そして可能であればテンポラリークラウンの装着を同日に行い、2回目の来院時には二次手術と最終上部耕造製作のための印象採取を、3回目の来院時には上部構造の装着を行うというスケジュールが可能である。

このスケジュールが実現すると、最短で診察から約12週で最終上部構造が完了する。


03_2.png


これからのインプラント治療は『患者様が主体』がキーワード

■患者様が主体のインプラント治療とは?

  •  痛くない(外科的な痛み、腫れを最小限に抑える)
  •  早く(治療を短期間に終える)
  •  美しく(歯ぐきの形がかなり綺麗になる


抜歯即時HAインプラント施術法とは?

  抜歯即時インプラントとは抜歯をすると同時にインプラントを埋め込むテクニックです。

メリット 
  • (1) 抜歯直後は、傷口が治りやすく、また、抜歯した部分の骨も回復が早い為。
  • (2) 抜歯してから、期間が開いてしまうと、骨が溶けてしまいます。抜歯即時の場合はそれが起こらない。
  • (3) 手術に際し、切開・剥離を加えないため、痛み、腫れを最小限に抑える。
  • (4) 歯ぐきの形が温存されるため、見た目がかなり綺麗になる。
  • (5) 治療期間が大幅に短縮される。 
  • (6) 抜歯と同時にできるので、手術の回数が減り、患者さんの負担、通院回数も減る。

抜歯即時埋入施術方

04_1.png