歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

最近、骨粗鬆症の治療薬としてビスフォスフォネート(BP)系のお薬が多用されるようになっています。

これは骨の吸収を抑制する作用をもち、骨量増加による骨折予防効果があるため、骨粗鬆症の第1選択薬とされているからです。

また悪性新生物(がん)領域でも、骨への転移による痛みや骨折の予防効果で、重要な支援療法とされています。

主に、経口製剤が骨粗鬆症に、注射用製剤ががん治療に使用されていますが、ビスフォスフォネート(BP)系薬剤治療を受けていた患者に抜歯などの口腔外科処置を行った場合、顎骨の骨壊死が起こったという報告が2003年に出されました。それ以来、世界中で研究が進んでいますが、現在のところその原因は分かっていません。

しかしBP系薬剤関連顎骨壊死を予防する方法は分かってきています。
BP系薬剤治療を開始する前に、

(1)必要な歯科治療(特に抜歯や歯周外科治療など歯槽骨を扱う外科処置)をすませておくこと、(2)抜歯などを行った場合、術後の傷が良くなるまで待ってから血利用を始めること、そのためには(3)定期的な歯科検診を受けること、の三つが予防法としてあげられています。

そのため、最近骨粗鬆症の治療を始めた方は、治療を始める前に担当のお医者さんから「歯科検診を受けておくように」「必要な歯科治療を済ませてから来るように」と言われたこととがあるのではないかと思います。

BP系薬剤治療中に歯科治療が必要になった場合は、担当医と相談のうえ服薬を中止しなければならないことがあります。また顎骨壊死が起こってしまったら、壊死骨の除去と徹底した口腔ケアが必要ですので、歯科口腔外科専門医による大がかりな治療が必要になってきます。

骨粗鬆症やがんは決して珍しい病気ではありません。BP系薬剤の世話になる可能性は誰にでもあります。安心してBP系薬剤治療を受けることができるように、日ごろから定期的な歯科検診と早期治療を心がけるようにしてください。 (毎日新聞より)