歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

歯と歯肉(歯ぐき)の間にある溝のことを歯周ポケットと呼びます。
1_17.png
歯医者さんで歯周病の検査を熟れられた方は経験がおありでしょうが、検査のときに2とか3とかの数字で表示される検査結果は、この歯周ポケットの深さをミリ単位で測定しているのです。

歯周ポケットの深さは必ずしも歯周組織破壊の過程と一致しませんが、歯周組織の状態を把握するのに最も重要な検査の一つです。

歯周ポケットはその名のとおり形態が服のポケットによく似ています。服の胸のところにポケットがあり中にコインがあることを想像してください。

もし服のポケットが浅ければ指で簡単にコインを取り出すことができます。
しかしポケットが深くなればなる程コインを取り出しにくくなりますし、あまりに深いとコインに手が届きません。

歯周ポケットの中には歯周病の原因であるデンタルプラークや歯石があります。
もし歯周ポケットの深さが2ミリ程度であれば、歯ブラシや補助的器具でポケット内のプラークを除去することができ、歯周組織を良好に保つことが容易になります。

しかし歯周ポケットが4ミリ以上になれば歯医者さんで専門的な器具を用いても、ポケット内の歯石やプラークを完全に除去することが難しくなります。

歯周ポケットの深さは適当な治療を受けることにより変化し、浅くすることもできます。歯周病が気になる方は、ぜひ歯医者さんで歯周ポケットの検査を受けられることをお勧めします。(毎日新聞より)