歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー


このごろ食事がおいしくない、なにか変な味がするように思うのですが、歯を磨けばよくなるでしょうか?(62歳 女性)

おいしく食事がとれるということは、人生の大きな楽しみの一つですが、さまざまな原因で味覚に異常が起こることがあります。

味わいとは、食物中の味成分がだ液に溶けて舌の表面にある味蕾(みらい)という細胞を刺激することで感じる感覚ですから、頭けい部の放射線療法などの後遺症として味蕾そのものが破壊された場合、味覚を感じることはできなくなくります。

また、味蕾からの感覚刺激を脳に伝える神経系統が損なわれた場合や(顔面神経まひなど)、脳腫瘍などで味覚中枢が障害されたときにも味覚異常が起こります。

しかしこれらの発現頻度は低く、元になる病気がありますので、なんとなく味が変な気をするというお尋ねのケースとは違うようですね。

味を感じるにはまず食物の味成分がだ液に溶け出す必要がありますので、だ液の分泌が不十分な場合(ドライマウス)、苦く感じたり味覚異常を起こしたりします。またお薬の副作用で口が乾くことがありますし、味覚そのものに異常を起こす薬剤も多数存在します。

正常な味覚を保つ上で、必須微量元素のひとつである亜鉛が不可欠です。普通の食事をしていれば亜鉛が不足することはありませんが、お薬の中には亜鉛の働きを弱めるものもあり、服薬中の方はお医者さんに相談してみてください。

舌が舌苔で覆われていたり、カンジダというカビの一種が起こすカンジダ症にかかっていたりすると、味成分が味蕾まで届きませんので味覚が障害されます。
汗ばむこの季節、ともすれば水分が不足がちになり口が乾きます。十分に水分を補給し、口を清潔に保つよう心がけてください。(毎日新聞より)