プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

お子様のための歯科の豆知識


小児矯正はいつからはじめるべき?

うちの子にはきれいな歯並びでいてほしいと願った場合、迷うのが小児矯正をいつから受けさせればいいのかということです。小児矯正は年齢や成長によって2段階に分かれています。



●第一期治療


3歳から12歳くらいまでに行い、アゴや骨のバランスの悪さを矯正します。受け口や出っ歯など、骨格の矯正が必要な症状は、骨が柔らかいこの時期から矯正を行うのがベストです。

また、生まれつきアゴが小さいと、八重歯や乱ぐい歯となってしまうため、この時期に器具を使用して歯が正しく生えてくるように矯正します。


●第二期治療


10歳から成人まで行える歯科矯正です。ワイヤーによって歯の位置を正しい位置に整え、その後保定装置によって元に戻るのを予防します。



■小児矯正は早いうちに済ませるのがベスト


見てわかるように、小児矯正は幼い頃に行うと、骨格から歯並びを改善することができます。
これは骨の柔らかい幼い頃にしかできないことです。
骨が成長して硬くなってしまうとこのような治療は困難になります。

場合によっては歯を抜いてスペースを作り、歯並びを治すしかありません。結果として、歯並びのためとはいえ、大切な永久歯を数本失うことになってしまうのです。

ですから、子供の歯の矯正はもう少し成長してからにしようと考えず、歯並びが気になったらすぐに小児矯正を行っている歯科に行って相談してください。

専門の歯科医がお子さんの歯やアゴの状態に合わせたピッタリの治療計画を作成してくれます。第一期治療をきちんと行うと、状態によっては第二期治療をする必要がなくなることもあります。

まだ永久歯が生えそろっていないからと小児矯正をためらう親御さんがいますが、第一期治療は乳歯の頃にアゴの成長をコントロールする治療法です。

美しい歯並びをお子さんに与えたいと思ったら、乳歯のうちに歯科医師に相談しましょう。



■早いほうがお得


お子さんの状態によって治療にかかる費用はまちまちですが、一般的には第一期治療なら10万円〜40万円程度、第二期治療なら30万円〜60万円程度と言われています。

値段にここまで差が出るのは、骨格矯正で使用されるプレートやマウスピースよりも、ワイヤーで歯を固定するブランケット矯正のほうが治療費が高額だからです。

また、第一期治療から行っていれば、第二期治療に突入しても費用が安くすむことが多いです。そのため、幼い頃から小児矯正を受けさせたほうが、家計にかかる負担を軽減することにもなるのです。

顎変形症と認定されれば保険が適応されますが、基本的には矯正では保険が使用できません。だからこそ、より費用を抑えるためにも早めの受診をおすすめします。