歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。歯は一生の宝ものだから。いつもキレイな歯で笑えるようお手伝いさせてください。

痛くない、削らない、抜かない。痛くない、削らない、抜かない。

小さなお子様がいても大丈夫。小さなお子様がいても大丈夫。

歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。歯医者が好きになる、そんな医院を目指して。

プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

お子様のための歯科の豆知識


不正咬合ってどんな種類があるの?


不正咬合とは歯がうまく噛み合わなかったり、歯並びが悪い状態のことを言います。不正咬合を治すには歯科矯正をするしかありません。

不正咬合はまだ骨格が未発達な幼い頃に治療すると、大人になってからよりも無理なく治療ができるので小児矯正がとくにおすすめとなっています。

では、そんな不正咬合ですが、どんな種類があるのかご紹介しましょう。


1.八重歯、乱くい歯

八重歯がかわいいなんて言われていた時代もありましたが、これもれっきとした不正咬合です。八重歯も乱くい歯も歯の生えるスペースが少ないせいで歯が押し出され、歯並びがでこぼこになる症状です。歯磨きがしにくいため、虫歯や歯周病になりやすいという問題もあります。


2.出っ歯(上顎前突)

前歯が前方に傾いて生えていることで突出して見えたり、上の歯すべてが前に出ている症状です。原因にはさまざまあり、上アゴが成長しすぎた、下あごの成長が不足している、前歯の生える角度異常があげられます。また、指しゃぶりをいつまでも止められないなど癖によっても、後天的になることがります。


3.受け口(下顎前突)

正常だと前歯が前にきますが、下の歯が前に出てしまう症状です。発音に問題が起こることもあります。骨格が原因の場合は骨が硬くなる前の幼児期に治療するのがベストです。それに間に合わなかった場合、手術が必要になることがあります。


4.上下顎前突

上下の顎や歯が突き出ている症状です。口全体が突き出て顔のバランスが悪くなります。前歯の角度を調整することでバランスを取ることができます。


5.すきっ歯(正中離開)

前歯の間がひろく離れている状態です。上唇にある筋がきちんと成長できなかったり、上顎の中にいらない歯が埋まっているせいで発症します。


6.過蓋咬合

前歯が2〜3mm程度かぶさっているのが正常なのですが、それよりも深くかぶさっている症状を言います。バランスのが悪いことでアゴへかかる負担が通常よりも多くなります。


7.開咬

前歯同士がかみ合わずに隙間ができている状態のことです。前歯で噛み切るという動作ができないので、食事がしにくくなります。成長と共に開咬はひどくなることがあるので、気がついたら幼い頃から矯正するのがいいでしょう。



このように、一口に不正咬合と言ってもいろいろな種類があります。その多くは、幼児期に早期矯正することで悪化させずに治療することが可能です。

逆に放置してしまうと、大人になってから大きな手術が必要になったり、時間や費用をもっとかけなくては治療できなくなります。

ですから、紹介した症状以外でも、お子さんの歯並びを見てどこかおかしいと感じたら、まずは歯科医師に相談してみてください。