プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ

お子様のための歯科の豆知識


歯並びと一緒にアゴの成長もチェック。

歯科矯正というとどうしても歯並びにばかり目がいきますが、実は歯並びの悪さの原因にはアゴの成長が大きく関わってきます。

アゴを土台として歯は生えてくるので、アゴの成長に問題があると、歯も正常に生えてこなくなるのです。小児矯正の場合、まだアゴや歯が成長段階なら、これを利用して成長を正常な方向へと導き、歯並びを改善することができます。

これは大人の矯正歯科ではできないことです。アゴや歯の成長が終わってしまうと簡単には動かすことができなくなるので、大規模な外科手術でアゴの骨を削ったりすることもあります。
そんな負担を将来お子さんにかけないためにも、早期矯正をぜひおすすめしたいのです。



■アゴのどこをチェックしたらいいの?

歯並びならすぐにわかりますが、アゴをチェックしろと言われても、どこを見ていいか戸惑う人も多いでしょう。アゴが正常に成長しているかは、上アゴと下アゴのバランスを見てください。
上の前歯が2〜3mm下の前歯をおおい、下の前歯が上の前歯の裏に軽く当たるくらいが正しい状態です。

ただし、一般的には下アゴよりも上アゴのほうが先に成長するので、上アゴが大きくてもそこまで慌てる必要はありません。

逆に幼い頃から下アゴが大きい場合は、異常な成長をしている可能性が高いので、速やかに歯科を受診しましょう。

また、左右のアゴ関節がずれていないかも大切です。上下の前歯がきちんとずれずにかみ合っているかチェックしましょう。



■アゴがきちんと成長する前なら矯正も簡単


アゴの骨格は幼い頃はまだ未発達なので、成人のものと比べるとやわらかいのが特徴です。この時期なら、歯科医師の適切な処置で、歪みを調整し、正しい位置へ導くことができます。

この処置ができるのは小児矯正のときのみです。10歳前後から骨格は硬くなりはじめます。こうなってしまうと最悪骨を削ったり切ったりする大手術が必要となるため、お子さんのアゴの状態がおかしいなと感じたら、速やかに小児矯正を行っている歯科へ相談したほうがいいでしょう。

また、この時期に小児矯正を開始すると、アゴが小さくても乳歯の内に歯がはえてくるスペースを確保して永久歯を一本も失わずに歯列をキレイにすることができます。永久歯が生えそろってしまうと、この処置はできないので、抜歯してスペースを確保することになります。

このようなことから、最近では永久歯がはえそろう7歳までに小児矯正を受診させるのがよいとされているのです。成長してから苦労しないようにと、小児矯正を早めに受けさせる親御さんが増えつつあります。