プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

インプラントにかかる治療費

インプラント治療は保険適用外である自由診療(自費診療)です。
そのため、かかる治療費は一般的には1本の歯につき、約30〜40万円ほどとなっています。また同じ理由から、歯科医院によって設定している料金が異なっています。

あくまで傾向的な話ですが、地域差も見られ、首都圏や都市部では、約35〜45万円ほどと若干高くなることがあります。

決して安い金額ではありませんので、インプラント治療を受ける歯科医院にしっかりと確認を取り、その上で検討や比較をすることが重要なことです。


支払い方法や支払う時期

治療費の支払い方法や、支払う時期というのもまた上記同様に歯科医院によって変わります。
支払い方法の種類は、「現金一括」「現金分割」「クレジット」「デンタルローン」などがあり、支払う時期については、「一時手術前」「手術当日」「上部構造設置時」などです。

これらもまた、歯科医院に確認をするようにしてください。そして、「一括で払うのは厳しい」という方に向けて、「デンタルローン」というものに対応してくれている歯科医院だと、支払いが少し楽になるかもしれません。
ここでは、その「デンタルローン」という制度についてご説明します。


デンタルローンとは

デンタルローンは、歯科治療費のみに限定する立て替え払い制度を言います。
信販会社が患者側に代わり治療費を立て替えて支払い、その後患者はその信販会社に、治療費に手数料を加えた額を分割払いの形式で支払っていくものです。

メリットはいくつもあります。まずは、一気に払うことや、お金を貯めるまでインプラント治療を待たなければならない、という事態を避けられることです。

また、値段(治療費)だけで歯科医院や治療法を選ぶことを避けられることにも繋がりますし、それは自分が良いと思えた治療を無理なく続けられることにもなります。

分割回数も多いので無理なく月々支払っていくことができるのもメリットですし、歯科治療専用のローンということで、分割手数料を優遇してもらえる点も大きいです。

これらのようなメリットがあります。デンタルローンをうまく利用し、尚且つ自分が受けたい歯科医院を見つけられれば、自分に納得のいく治療を受けられる可能性があるのです。

ですが、デメリット、というより注意点もあります。 デンタルローンの注意点 歯科治療専用とは言え、ローンはローンですので、利用する際は審査が必須です。申込資格であったり、審査機関などは信販会社によって変わります。

ですので、デンタルローンを利用したくとも、誰であっても利用できるものではない、という点に注意が必要です。

また、どこであっても利用できるものでもない、という点も要注意です。ようするに、どこの歯科医院であってもこの制度での支払いを取り扱ってはいないので、利用したいと思ったとしてもそれが叶わない歯科医院があるのです。

そして、これはローンでの支払いですので、分割手数料が上乗せされることから、一括払いと比べると、総支払額はどうしても上がってしまいますし、もちろんその分割手数料も信販会社によって異なります。

こういった点には注意が必要となります。 確認と比較、検討のススメ 注意点は幾つかありますが、高額なインプラント治療を受ける際には、デンタルローンは非常に有益な制度です。

よくよく歯科医の話を聞き、さらには調べたりして、この制度の利用も選択肢に入れながら、インプラント治療を受けることを検討したり、または受ける歯科医院を比較したりすることをおすすめします。

そうしてご自身が納得でき、満足もできる治療を受けられればな、と勝手ながら願っております。



泉田歯科医院の取り組み


泉田歯科医院ではスルガ銀行と提携しており、デンタルローンの利用が可能です。
スルガ銀行の場合、返済を専用のATMではなくコンビニや銀行などのATMでの利用が可能です。クレジットカードのようにポイントは付きませんが、リボ払いよりも利率が低いケースもあります

インプラント治療は、受付にパンフレットをご用意しておりますので、ぜひご参考にしてください。


0_1.jpg