プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ

こういうところに気を付けた方がいい』ということをご紹介させて頂きます。子供への対応であったり、歯医者へ子供が一人で通うことの考え方についての部分であったり、『保護者の心得』的なものとして、参考にして頂ければ幸いです。


子供を怖がらせたり、嘘をついたりするのはやめましょう

例えば、普段の生活で、『歯医者での治療は怖いものだよ』とか『歯を削られるのは痛くて、嫌なものだよ』と言うなどして、子供を怖がらせるのはやめましょう。

また、『悪いことをしたら、そんな怖い歯医者に連れて行くからね』という言葉も同様です。こうした言葉を言って、歯医者という存在に対して『怖い』というイメージを与えてしまうと、大事な成長期の子供の歯をしっかりと上手に治療を進めていくことができなくなってしまうからです。

それの延長上で、歯医者に連れて行く時に、『今日は診てもらうだけ』や『歯を削ることはない』『歯は抜かない』などといった嘘の約束をする事、また、嘘をついて歯医者に連れて行くこともやめましょう。

そうしてしまうと、先ほどと同じように、歯医者に対して怖いイメージが付きまとってしまい、うまく治療を進めていくことが難しくなってしまいます。歯医者は大事な成長期の子供の歯を治療、予防するところですから、そのための存在に対して怖いイメージを子供に与えてしまうのは問題なのです。


褒めてあげる、けれどご褒美はほどほどに

子供は褒められれば自信がつきます。ですから、歯医者で少しでも上手に治療を受けられた時には、褒めてあげましょう。そこで得られた自信は、今後も歯医者で治療を続けていくやる気や、頑張りに繋がっていくものだからです。

ですが一方で、勇気をつけるためとは言え、ご褒美を毎回あげるというのも問題です。確かに、勇気づけには必要な場合や部分もあると思いますが、それは病気を治すということの意味、意識を履き違えて子供に理解させてしまいます。

病気であるから、そしてその病気を治すために病院(この場合は、歯医者)に行く、と教えるためにも、通院毎、治療毎のご褒美は控えるべきです。



子供のためにも、保護者がリラックス

普段の生活でも何事でもそうですが、保護者の方の緊張感というのは子供に伝わります。歯医者にいる間も、保護者の方はなるべくリラックスするようにしてください。不安感や心配、恐怖感を空気に出してしまうと、『ここ(歯医者)に来ると緊張をしてしまうものだ』という考えが子どもにも伝わってしまいます。
どういう事態に直面しても、不安感や緊張感を出さず、リラックスしていてください。



まとめ

これらのことは、これから歯医者(病院)へ通い続け、病気を治療していくための意識を子供にちゃんと教える、心得です。もし成長期の子供の虫歯を放っておいたら、成長後の永久歯にも悪影響を与えてしまうことにも繋がりますので、治療や予防に対する子供の意識というのもまた、しっかりと教え、ケアしてあげられるよう、これらのことを参考にしてみて欲しいと願っています。



※待合室にも資料をご用意しています。参考にしていただければ幸いです。

20171121-2.png