プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

生まれてくるお子さんに、むし歯のない綺麗な歯をプレゼントしませんか?


赤ちゃんが出来ると、生まれてくるお子さんに “こんな子供に…”“こんなことしたいな…”など色々な思いをめぐらせるのではないでしょうか?
201712261259322706.png
その思いの一つに “虫歯のないきれいな歯の子供にしたい” という夢を加えてみませんか?歯の健康と綺麗な笑顔は、 一生役に立つ親から子へのとっておきのプレゼント。

しかも、歯科医院の力を少し借りるだけで、 誰にでも必ずと言っていい程手に入れることの出来る宝物なのです。 もともと、生まれてすぐの赤ちゃんのお口にはむし歯菌はいません。 そこでむし歯菌がうつって増える前にケアをはじめ、リスクの低い状態をなるべく長く続ける事が大切です。

歯が痛くなってからの歯医者さんデビューは お子さんにとっては勿論連れて行く保護者にも それなりのストレスとなります。

またそれ以降の歯科との距離をおいてしまう原因の一つにもなりかねないのです。 なるべくなら怖がらないですむ普段の状態で慣れてもらうのです。

例えばお腹の中にいる時から歯医者に一緒に行って出産後また改めて一緒に行く…。 その時は特になにもせずただお母さんのお腹の上に居てもらい その様子を見てもらう。
 
お子さんはきっと「何してるんだ???」と興味をもって見ています。 これを何回か繰り返している間に「ママみたいに○○ちゃんのお口の中見せてね!」と言って少し見せてもらうのです。


慣れてきた頃予防の治療を開始していくのです。
201712261253562035.png
また、赤ちゃんにとって お口の中に歯ブラシのような異物が口の中に入るのは苦痛以外のなにものでもないはずです。

口の中に何かが入るという感覚に慣れてもらう為に歯が生え始める6カ月頃から歯がためのような歯ブラシを口の中に入れてただガシガシと噛んでもらって口の中にモノが入るというのに慣れてもらいましょう。

例え今の段階で虫歯があったとしても徐々に虫歯になりにくい口の中へと変えていけばいいのです。 乳歯のむし歯でしっかりリスクコントロールをすれば永久歯のむし歯ゼロも夢ではありませんよ♪


思いたった時が、はじめどきです☆