プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ

★一般歯科とは

小児歯科、矯正歯科、口腔外科のような、特殊な歯の治療以外を診るところが一般歯科といいます。普段受けるような虫歯の治療や歯周病の治療、それを予防するために行く歯医者のことです。

その他にも抜歯や入れ歯、義歯の作成であったり、歯槽膿漏や知覚過敏などもそうです。全般的な「歯」の悩みや病気を治療するところです。



★一般歯科の虫歯の治療費

一般歯科に診てもらう、治療してもらう時に一番多い悩みは虫歯ではないでしょうか。ここでは一般的な虫歯の治療費と処置内容をその進行度毎にご紹介したいと思います。

なぜ進行度毎にご紹介するかというと、虫歯は進行度によって治療費がかなり変わるためです。そしてここでは同時に、保険が適用される場合の治療費と保険の適用されない自費診療を受ける(望んだ)場合の治療費も比較し、ご紹介致します。


*虫歯の進行度毎の治療費

|郢の初期段階

1_153.jpg



この段階では、歯が黒ずんでいなく、白く濁っている状態なら削らずに治療することを望めます。ですが、そうでない場合は虫歯の部分を削り、レジンと呼ばれる歯科用のプラスチックを詰めます。

保険適用:1,500円〜3,000円
自費診療:5,000円〜50,000円



虫歯の中度の段階

3_92.jpg




歯の表面が黒くなり、痛み始める段階です。
多くの方は、この段階から歯医者に行くことを意識し始める段階とも言えます。症状の度合いによっては詰め物をしてすぐに終わることもありますし、何回かに分けて施術することもあります。それらによって料金も変わってきます。

保険適用:2,000円〜10,000円
自費診療:10,000円〜200,000円

☆自費診療は、自分の気に入った素材(例えば金やセラミックなど)の詰め物を選ぶことができ、それによって料金が大きく変わります。



C郢の重度の段階

2_139.jpg



根の方まで深く虫歯になっている段階で、ここめでいくと、痛いのを通り越し、我慢ができない段階です。治療法は、抜歯になります。抜歯自体は保険適用内なのですが、その後の処置の種類によって保険が適用されるかそうでないかが変わります。ブリッジか部分入れ歯での処置を望めば、保険が適用されます。

保険適用:7,000円〜20,000円
☆保険適用外の種類もあります。

その他に、インプラントという治療法もあります。歯を顎の骨の部分に埋め込む治療法です。こちらは自費診療となります。

自由診療:50,000円〜

インプラントの一般的治療費用は1本あたりおよそ30〜40万円ほどとなっています。



★まとめ

保険が適用される治療というのは、保険制度によって定められた範囲内で、どの歯医者でも同じ金額、診療で等しく受けられる治療です。

それとは逆に保険が適用されない自費診療(自由診療)というのは、厚生労働省に認可されていない治療法や、薬や材料を使うなどの治療です。詰め物を、より歯に馴染みが良い金の材質で作るなどがそれに該当します。

そうして、より高度で質の高い処置を受けられるのが、自費診療なのです。医師に相談をした上で、ご自身にとって満足のできるものが自費診療の治療であるならば、そういった選択肢もありますので参考にして頂ければ幸いです。

ただ、保険が適用される治療は原則3割負担ですが、自費診療は全額支払うので、よく検討なさってくださいね。