プライスリスト
検索窓
泉田歯科ホームページ
患者様にインタビュー

子どもの乳歯と虫歯について


子どもの乳歯は、大人の永久歯に比べて、虫歯になりやすく、またその進行が早いという特徴があります。その原因して、主に次の3つのことが考えられます。


1:歯の強度

乳歯のエナメル質や象牙質は、永久歯に比べると半分くらいの厚みしかなく薄くてもろいものです。その影響で、永久歯よりも虫歯になりやすく、進行も早くなります。

2:歯の構造

永久歯に比べて乳歯は溝が複雑で深く、汚れがたたまりやすい形をしています。そのため磨き残しもできやすいのです。

3:歯磨き

虫歯にならないように汚れや歯垢を落とすためには、正しい歯磨きをしなければならないのですが、小さな子どもにとっては技術的にも難しいことです。ですから、子どもの頃は保護者の方が仕上げ磨きを欠かさずにやってあげることが大切です。




小児歯科に通うススメ


乳歯はそのうち生え変わるからと考えて子どもの虫歯を放っておくと、その後生えてくる永久歯や歯並びに悪い影響を与えてしまうことがあります。だからこそ、乳歯の段階から継続して専門的に診てもらえる小児歯科を受診することが大切です。

小児歯科は、子どもの対応に慣れていますし、子どもたちが怖がらずに楽しい気分で、通える工夫がなされています。

また、子どもの口の中は、乳歯から永久歯に生え変わったり、顎の骨が成長したりと、日々変化していくので、その時期に応じてた適切な治療や、歯磨き指導を含めた虫歯予防に力を入れています。


以上のことから、お子様の大切な歯を守るためには、定期的な小児歯科に通うことがお勧めです。
 



歯医者の選び方


小児歯科の看板を掲げていなくても、一般歯科の中には子どもの診察や治療に慣れているところもあります。そういったところであるなら問題はありませんが、もしこれから通うというのでしたら、やはり小児歯科を掲げているところを選ぶのが良いかと思います。

今はインターネットがありますので、小児歯科に関する情報を調べ集めて、お子様が末永く通い続けられるところを探すことをお勧めします。

歯は、食事を支えるとても大切な体の一部ですので、お子様が一生自分の歯で食事ができることを目標に、ぜひ小児歯科を役立てて頂きたいと思います。


泉田歯科医院では・・・定期検診の患者様にスタンプラリープレゼント(消しゴムや、歯磨きグッズ)をご用意いています。

3_93.jpg
 




















2_141.jpg


★お口の手帳「れんらくノート」に、お子様のお口の中の状態や、こちらからお伝えしたいことなどを記入してお渡ししています。

1_156.jpg