プライスリスト
Private Seminar
検索窓

 「シーラント」は小児歯科での虫歯予防の一つ

子供の虫歯予防の処置法の一つに、小児歯科などで受けられる「シーラント」というものがあります。シーラントがどういった処置なのかと言いますと、生え始めの子どもの歯や幼少期の大人の歯の噛み合わせにある奥歯の溝をフッ素の配合されたプラスチック製のもので覆って、口の中の環境を良くし、虫歯から歯を守る処置法です。

そんなシーラントは、処置を行うタイミングや時期というものがありまして、年齢で言えば6歳頃で、子どもの歯や大人の歯が生えてから3年〜4年までの間、と言われています。そしてシーラントの効果がある子供というのは、奥歯の溝が複雑な形をしていたり、同様に奥歯の溝が深い子供に対して行うのが効果的であると言われています。
これらのことから、シーラントが適しているかなどは、歯科医に相談をすることが大事なのです。



シーラントのメリット

それでは、シーラントを実際に行った際の具体的なメリットについてご紹介したいと思います。一番はやはり、虫歯の予防に効果があることが実証済みである点です。ただ、もちろんこれは、シーラントの処置後にもしっかりとしたケアがされている環境での話であり、シーラントを処置されるだけで虫歯に絶対にならないということではない点に注意が必要です。

処置後のケアとは、歯科医に定期検診を受けることであったり、しっかりと適切に歯磨きを行う、などのことです。そうして、しっかりとした処置後のケアを続けているならば、シーラントを行わなかった場合とでは虫歯の予防効果にかなりの大きさの違いが出るくらい、シーラントの予防効果は高いのです。他にも、歯を削るものでもないので痛みなどが特にないのも、メリットの一つです。



シーラントのデメリット

シーラントにもデメリットというものはあります。まず、歯の溝のみにしか行えないことから、歯と歯の間であったり、歯と歯の境目には処置を行うことができないことです。あとは歯を覆っているものは絶対に外れないものではなく、場合によっては取れやすいことがあることも、デメリットとして挙げられます。

また、上記メリットのところでも触れましたが、シーラントの処置を受けただけで、虫歯を確実にできなくさせられるわけではなく、毎日しっかりと適切に歯磨きを行い、シーラントに覆われていない部分が虫歯とならないようにしなければなりません。

これらのような若干のデメリット(というよりは注意点ですね)が確かにあるので、そこはよく意識し、考えるべきことです。

泉田歯科医院では定期検診のときにシーラントが取れていないか確認しています。取れていたらやり直しをしています。

シーラント処置は医院によって、保険が適用されない場合もあるようですが、泉田歯科医院では保険が適用されます。

泉田歯科医院のシーラントの処置時間は、本数にもよりますが大体30分から40分ほどで終わります。経済的にも時間的にも便利なものです。ただ、そんなシーラントですが、上記で説明したような注意点をしっかりと踏まえ、意識や考えを持つようにしてください。

もちろん、覆っているものが外れた時などは、早めにお越しください。こういったケアの意味合いでも、また虫歯が新たにできていないかも含めて、定期的な検診も大事なことです。

これから成長し、大人になって、ずっとずっと使っていく歯のことですので、子供のうちにしっかりと虫歯から守ってあげるようにしてください。



泉田歯科医院のシーラント

01_5.png