プライスリスト
Private Seminar
検索窓

虫歯の予防に役立つ小児歯科

小児歯科に限ったことではありませんが、多くの方が「虫歯をはじめとした歯のトラブルが起きた際に歯医者へ行く」という意識を持っているかと思います。ですが、実際に歯科とは治療だけではなく予防のためにも通うところという位置づけです。

もちろん歯の不調を感じたときに受診することもありますが、本来は定期的に受診して虫歯や歯周病などのトラブルを予防するのが一番良い歯科の使い方といえます。

小児歯科でもそれは同様です。特に子供の歯は虫歯になりやすく、また虫歯になってしまった後の進行も早いため、できるだけ早く見つけること、虫歯にならないようしっかり予防することが重要になってきます。そのためには、日頃から小児歯科に通い虫歯の予防に努めていく必要があります。



小児歯科で正しいケア習慣を身につけるというメリット

虫歯を予防するためには、毎日のブラッシングがとても大切です。正しいブラッシングを行って歯垢を丁寧に落とすよう心掛ければ、それだけで虫歯の発症を抑えることができます。

子供の歯の適切なブラッシングについても、小児歯科ではしっかり指導してくれます。親としてチェックしておくべきポイントについても説明してもらえるので、子供の歯のケア習慣についてちゃんと学ぶことができます。子供の歯の正しいケア方法や予防習慣を身につけられるのは、とても大きなメリットといえます。

泉田歯科医院では、どこに磨き残しがあるのか確認していただくために、染色液を使って磨き残しのところを染め出します。その後、染め出したところに歯ブラシをどうやって当てたらいいかなどのブラッシング指導をさせていただいています。

1_162.jpg


2_146.jpg


お子さんが特に小さいうちは、ご両親のケアがお子さんの歯の健康に大きく関わってきます。
虫歯になってから歯科へ行くのではなく、予防のため小児歯科に通院し、適切なブラッシングなどのケア方法を学び、定期的な予防措置を受けることで虫歯のリスクをできるだけ減らしましょう。



適切な治療なら小児歯科へ

子供は日々成長を続けています。それは歯をはじめ口の中についても例外ではありません。子どもの歯は大人の歯に比べ虫歯になりやすいため適切な虫歯予防のケアが必要ですが、子供の口内環境が大人と異なるのはそれだけではありません。

例えば顎の大きさも成長していきますし、噛み合わせについても成長によって日々変化していきます。小児歯科では、綺麗な歯並びへと成長するための治療も行っています。顎の大きさを広げて歯の生えるスペースを確保し、綺麗な歯並びへの成長を促す床矯正や、受け口を直すための矯正治療などは、小児歯科だからこそできる治療法です。

また噛み合わせについても、問題があるようならできるだけ早めに処置する方が矯正しやすいです。定期的に小児歯科へと通院することで、綺麗な歯並びの大人の歯を手に入れ、口内環境を良好に保つ基礎ができます。