プライスリスト
Private Seminar
検索窓

三叉神経痛について

三叉神経は顔や歯の感覚(痛覚・触覚・温覚など)を脳に伝える神経ですが、この神経に支配されている部位に起こる痛みを三叉神経痛といいます。脳・脊髄神経など中枢神経に関連して起こる本態性三叉神経痛と、末梢領域のいろいろな原因によって二次的におこる症候性三叉神経痛とがあります。

本態性三叉神経痛は最近、頭がい内で三叉神経に、動脈硬化などで屈曲した動脈や静脈が直接ぶつかり、圧迫することによって生じることが明らかになってきました。

また、脳腫瘍が三叉神経を圧迫または癒着することによっても起こるとも言われています。一方、症候性三叉神経痛は、歯や副鼻腔などの炎症病変や骨折、腫瘍、多発性硬化症、帯状疱疹など他の疾患が原因で引き起こされます。

本態性か症候性かにかかわらず、通常痛みは顔面や口腔のどちらかにみられます。三叉神経の三つの枝(眼神経、上顎神経、下顎神経)のどれが関与しているかによって痛みの部位は異なりますが、本態性では突然、電撃のような激しい痛みがあるのが特徴です。この痛みは短時間(数秒から30病ぐらい)で治まりますが繰り返し起こります。

発作は食べているとき、洗顔、ひげそり、歯磨き、会話などの刺激で誘発され、特定の部位が引き金となっています。時には風に当たっただけで痛むこともあります。一方、症候性の痛みは電撃様ではなく、範囲や程度もさまざまですが、初発年齢は40歳以上であることが多いようです。

三叉神経痛が疑われた場合、まずMRI(磁気共鳴画像化装置)などによる画像診断が必要です。症候性原因を精査し、判明すれその治療を行うことで改善していきます。

本態性の治療法には大きく分けて、

    ・内服薬による治療(経症例に対しては抗てんかん薬カルバマゼピンが特効薬)
    ・神経ロックによる治療
    ・ガンマーナイフによる放射線治療
    ・頭がい内における三叉神経の減圧手術(ジャネッタ手術)

以上の四つがあります。

口腔顔面痛の診断には歯科の領域でも、さまざまな方面からのアプローチが必要な分野です。脳神経外科、神経内科、麻酔科(ペインクリニック)、心療内科などの関連する各科とミツな連携をとり、診断して治療を行う必要があります。

気になる方は、泉田歯科医院までご相談ください。

 



診療時間
フォームからのご予約はこちら
無料メール相談受け付けはこちら
無料託児サービスの詳細はこちら

インプラント インプラントとは 泉田歯科医院のインプラントとは

banner_icoi.png
banner_kaigai.png 海外研修・ドミニカ診療奉仕 海外研修・ニューヨーク大学 海外研修・ハーバード大学 海外研修・ハーバード大学 海外研修・コロンビア大学

海外研修・ハーバード大学