プライスリスト
Private Seminar
検索窓

■小児歯科とは

小児歯科とは、子供の歯に関する専門的な知識と治療技術を持っている歯科医院を指します。 

一般的な歯医者さんでも、子供の歯を診療してもらうことは可能です。ですが、お子さんが小さいうちは子供を専門としている小児歯科で診てもらうことをおすすめします。 なぜかというと、子供の歯と大人の歯は大きく違うものだからです。

まず、子供の歯である乳歯は大人の永久歯とは性質が違います。エナメル質や象牙質が薄いことから虫歯が進行しやすく、溝が多く深いために、永久歯と比べると歯みがきが難しいことなど独自の特徴があります。
20190912.png
こういった乳歯の性質をきちんと把握したうえで、大人に向けたケアとはまた異なる視点からのアプローチができるのは小児歯科ならではのメリットです。 

また子供の歯や顎は日々成長を続けているという点でも大人の歯とは異なります。成長による変化をふまえた治療や、健全な成長をサポートしていくという役割を持っているのも小児歯科の特徴です。



■一般歯科と小児歯科はどう違う?

もちろん、一般歯科でも子供の診療はしてもらえます。普通の歯医者さんとはどう違うのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。 自分と一緒に子供も診療してもらう方が簡単だと、一般歯科での診療や治療を続けている方もいらっしゃるかと思います。 

一般歯科と小児歯科の違いとして、一番大きなものはその治療の内容です。先ほどもご説明した通り、成長途中である子供の体に合わせた診療をするのが小児歯科の特徴です。 

例えば、一般歯科では虫歯が治れば一旦治療は終了となることがほとんどですが、小児歯科ではたとえ虫歯がなくても定期的に通うことを勧められます。 虫歯が発生してから治療するだけではなく、できるだけ未然に防ぐ、つまり予防に力を入れています。 

また、小児歯科では子供だけを診療しているため、院内の全てが子供向けに用意されています。歯医者を怖がる子供は多いですが、歯医者や治療への苦手意識をなくしてもらえるよう、楽しい雰囲気作りがされているのです。 

現在の歯の治療や虫歯の予防がしやすくなるのはもちろんですが、将来的にも歯医者への苦手意識を持たないでいれば気軽に定期健診にこられますし、調子が悪い時にもすぐ来院できますよね。これからずっとつき合っていくご自身の歯に向き合いやすくなる土台作りにも貢献するのが小児歯科なのです。



■子供のうちから小児歯科に通うのがおすすめ!

子供の歯に合わせた治療や病気の予防、定期的に歯医者へ通う習慣づけなど、小児歯科へ通うことにはいろいろなメリットがあります。 「虫歯ができたら一般歯科に行く」のではなく、普段から小児歯科へ通う習慣をつけましょう!!

 



診療時間
フォームからのご予約はこちら
無料メール相談受け付けはこちら
無料託児サービスの詳細はこちら

インプラント インプラントとは 泉田歯科医院のインプラントとは

banner_icoi.png
banner_kaigai.png 海外研修・ドミニカ診療奉仕 海外研修・ニューヨーク大学 海外研修・ハーバード大学 海外研修・ハーバード大学 海外研修・コロンビア大学

海外研修・ハーバード大学