プライスリスト
Private Seminar
検索窓

■子供の頃に治療をする人も多い矯正歯科

矯正歯科は子供がする治療だと考えている方も多いですよね。確かに、症状によっては小さなうちから矯正を開始することもよくあります。

矯正歯科では歯や骨の位置を矯正器具を使って少しずつずらしていくので、まだ成長途中で歯の位置も完全には定着していない子供の方が矯正しやすいという点でも、早いうちから矯正歯科をはじめるメリットがあります。 

とはいえ、子供の頃「だけ」が矯正歯科治療を受けるタイミングだというわけでは決してありません。早めにはじめればそれだけコントロールしやすいのは事実ですが、年齢を重ねた後でも矯正歯科治療は十分可能なのです。




■矯正歯科に年齢制限はある?  

子供の頃はもちろん、大人になってからももちろんできる矯正歯科治療。年齢によって受けられなくなることはあるのでしょうか? 

結論から言えば、年齢だけでは矯正歯科治療のできる・できないは変わりません。実年齢が何歳であっても、歯ぐきや顎の骨さえ健康であれば問題ありません。年齢にかかわらず矯正歯科治療によって歯の位置を移動させられます。

歯並びが悪くなる原因としては、もともとの歯の生え方に問題があるケースと、年齢を重ねた後に元は綺麗だった歯並びが虫歯などの理由によって噛み合わせが悪くなるケースがあります。

後者の場合、綺麗な歯並びを保てているうちは当然矯正歯科を受ける必要はありません。

ですが年齢を重ねていくうち、親知らずが生えてきてしまったり、虫歯の治療が不十分だったり、何らかの理由で歯を失うことになったり……いろいろな原因から噛み合わせが変化してしまった場合には、矯正歯科治療を受けるべき状態になることもあります。

そうなった場合でも、年齢にかかわらず矯正歯科治療は受けられるので、「もう大人だから」と諦めずにぜひ歯科医へ相談してみてくださいね。



■大人になってからでも矯正歯科治療は間に合う!

矯正歯科治療は、確かに大人になってからの方が綺麗な歯並びが完成するまでに時間がかかります。ですが、何歳になっても歯の位置をゆっくりと変えていくことは十分可能。年齢を理由に矯正歯科を諦める必要は全くありません。

また、大人になってからの矯正歯科治療は自分の意思によるものであることがほとんどですから、スムーズに治療を進めることができるのも魅力的です。

矯正歯科治療は、噛み合わせを整えることでからだ全体の健康にも大きく寄与しますし、見た目の美しさも手に入れることができます。歯としての機能も改善されるので、これまで以上に食事も楽しくなります。

実際に矯正歯科治療を受けた方の多くが、「もっと早く治療をはじめればよかった」と感じています。年齢などを理由に迷っている方には、ぜひ早めに歯科医へ相談してみることをおすすめします!


20191024-1.jpg



20191024-2.jpg