プライスリスト
Private Seminar
検索窓

■インプラントとは自分の歯のように噛む力を再生する治療の1つ

 

インプラントとは、歯根から失った歯に対しての治療の1つで、圧倒的な噛む力と審美性、耐久性を再現できることが魅力です。失った歯の治療といえば、入れ歯や被せるタイプのブリッジなどがあります。

 

これらは、ずれたり硬いものを噛んだりするときに不安になることがあります。また入れ歯なら口の中の違和感、ブリッジなら周囲の健康な歯も削る必要があるなど、何かとリスクも高くなりやすいです。

 

 

 

その点、インプラントは人工の歯をあごの骨に埋め込んでしまうので、違和感はほぼないですし、周囲の健康な歯を削るようなリスクもほぼありません。

 

 

 

 

■インプラントなら噛む力が伝わりやすい

 

インプラントが初めて登場してから、長い間研究が重ねられていて、近年では精度の高い治療法として国際的にも浸透してきています。

 

インプラントの素材もチタンなどの頑丈な金属で作られるようになり、人工歯根を顎の骨に埋め込むときも、骨としっかり結合させることが可能です。

 

しっかり結合させた部分を土台にして、自然の歯と同じような人工歯を取り付けることで、噛む力が伝わりやすくなります。自分の歯に近い感覚を取り戻し、硬いものもしっかり咀嚼できるようになります。インプラントなら、1本の歯を失った場合でも、複数の歯を失った場合でも、それぞれの症状に合わせた治療ができます。

 

個人の失った歯にきめ細かく合わせた治療ができる点が、世界的に広がりを見せている理由といっても良いでしょう。

 

 

 

■見た目にも自分の歯と変わりない自然な仕上がりが魅力

 

インプラントとは、チタンなどの人工歯根を埋め込んだ後に、人工の歯をかぶせて使用するものです。

 

人工の歯は通常なら白いセラミックなどが使用されますが、現在では自分の口の中に現存する歯とほとんど同じ色味のものをかぶせることができます。そのため、銀歯のように治療した部分だけが色が違う、というような現象をほぼ失くすことが可能です。

 

泉田歯科医院では、かぶせ物の種類の説明を患者様一人一人にカウンセラーから丁寧に説明させていただきます。

 

治療した歯の色が現存する歯と違う色に見えるということがほぼないので、自信を持って笑うこともできます。また、自分の現存する歯と同じように、歯磨きができるのもインプラントの魅力の1つです。入れ歯のように取り外してケアする必要もなく、現存する歯と同じように歯磨きやフロスの使用が可能なので、ほとんど自分の歯と同じ使用感を味わうことができます。

 

さらに10年単位での耐久性があるので、一度治療すると長く使用できるメリットもあります。