プライスリスト
Private Seminar
検索窓

■インプラント治療は人工の歯根を顎の骨に埋めて歯を補う治療法

インプラント治療は、広い意味でいえば人体に人工物を埋め込む治療のことを指しますが、現在ではほとんどが歯科診療でのインプラント治療を意味します。何らかの理由で根っこごと失った歯の部分に、人工の歯根を顎の骨に埋めて、歯を補うのが歯科診療でのインプラント治療です。

歯は歯茎から出て見えている部分と、歯茎の中で歯を支えている歯の根っこ(歯根)から成り立っています。歯を失うということは歯の根から失うということになるため、インプラント治療で歯の根から再生することが必要になります。インプラントの場合はチタンなどの金属を、歯の根の代わりにあごの骨に埋めて治療します。

よく差し歯との違いを疑問に感じる方もいますが、差し歯は歯根が残っている状態で行う治療で、根本的に治療内容が全く異なるものです。インプラント治療は歯根がない状態に行う治療で人工の歯根を顎の骨に埋める治療法です。差し歯とインプラントは別の治療なので混同しないようにしましょう。



■インプラント治療と従来の治療の違いとは

仮に1本の歯を失った場合、従来の治療では失った歯の部分に人工の歯をかぶせて入れるブリッジが主流でした。複数本失った場合は入れ歯になり、どちらも歯茎の表面に対する治療が中心です。ブリッジの場合はかぶせる歯の両脇にひっかけるために、健康な歯を削って人工の歯をかぶせるので、若干のリスクもありました。


20191212-3.png

20191212-1.png


インプラント治療の場合は、何本の歯を失った場合でも、独立した歯を植立する治療法のため、現存する健康な歯には何の影響もない治療が可能です。1本1本のインプラントを独立した形で治療するので、まるで自分の歯を再生しているかのような治療が可能です。


20191212-2.png


■インプラント治療のメリットについて

インプラント治療は、歯茎や歯の表面に対する治療ではなく、あごの骨にインプラントを埋める治療のため、実際に生えている歯と同じような噛む感覚を得られることがメリットです。歯を食いしばるときにも入れ歯のようにずれることはなく、しっかり食いしばることが可能です。

また、1本1本を独立した形で治療するので、ブリッジのように周囲の歯に負担をかけることがありません。現存する健康な歯はそのままに、人工歯を埋め込むことが可能になります。また、一度埋め込んだインプラントは寿命が長く、インプラントの素材によっては10年単位で長く使用できます。自分の歯を再生するような感覚で、治療することができるのがインプラントの最大のメリットかもしれません。