プライスリスト
Private Seminar
検索窓

■インプラントが保険適用外の理由


インプラント治療は歯を失った理由にもよりますが、事故、ケガ、病気でない限りは健康保険は適用外になります。そもそも健康保険がケガや病気に対するもののため、見た目の良さも関係してくるインプラントは適用外になってしまうのです。

インプラントの場合は、美容整形などと同じニュアンスがあり、本来なら治療しなくても健康に害がないものとみなされてしまうためです。

一般的に健康保険が適用にならない治療のことを、自由診療といいます。自由診療の分野では、治療費については歯科医が自由に決めることができるのが特徴です。そのため、インプラントの治療費は幅が広くなっています。




■インプラント治療が保険適用になるときは?


インプラント治療は本来なら自由診療で、健康保険は適用外の治療法です。ですが、次の場合には保険適用になることもあります。
 

・生まれつき上下いずれかのあごの骨が三分の一以上無い場合
・病気であごの骨の切除が望ましい場合
・第三者による事故によって広範囲のあごの骨を欠損した場合


などが該当します。

歯並びをキレイにしたい場合や、虫歯や歯周病で歯を根っこから抜いた場合などは該当しません。現在ではインプラント治療が保険適用になるケースは少ないですが、今後、再生医療の分野では、歯を再生するといったニュアンスも含まれてくることから、一部保険適用の範囲が広がる可能性もあります。




■保険適用外でもメリットは多いインプラント治療


インプラントの治療は、検査や手術、治療期間や人工歯の種類によって掛かる治療費は異なります。しかし、その審美性は高く、噛み応え、耐久面などでも納得のいく治療を受けることができます。

ブリッジ、義歯や入れ歯とは異なり、健康な歯を削ったり負担を掛けることなく失った歯だけを補い、その役割を果たすためメリットが多い治療です。

治療後には、左右の噛み合わせも良くなりますので、食べ物を噛みしめながら、食感を含めてしっかりと味わうことができるようになり、以前よりも食事を楽しめるようになるでしょう。

また、日常会話では発音が良くなるので、以前よりも会話を楽しめるようになるはずです。また、きれいな口元になるため、笑顔にも自信が持てるようになります。自然と表情が豊かになっていきますので、周りの方に与える印象までも変わってくるに違いありません。

歯は、生活の中でとても大きな役割を担っています。治療費だけに着目するのではなく、ご自身の将来を見据えて、納得のいく治療・満足できる治療になるように信頼できる歯科医と一緒に相談しながら進めていくようになさってください。

泉田歯科医院では、初診コンサルで詳しくご説明しております。お気軽にご相談ください。

1_25.png