プライスリスト
Private Seminar
検索窓

■インプラントの治療費は保険適用外でも国の制度を利用して負担を軽くできる


インプラントの治療費は、一般的な歯科治療と違い、健康保険の適用外になることが知られています。しかし、インプラントの治療費は、負担を軽くするための国の制度を利用することができます。全額が免除になることはありませんが、制度を利用することで一部の負担を軽減させることができます。

少しでも負担が軽くなることは治療を受ける方にとってもメリットになりますので、早速、インプラント治療が対象になる国の制度について詳しく見ていきましょう。




■インプラント治療費は医療費控除の対象になる


国内では医療費控除という制度があり、毎年1月1日から12月31日までに支払った医療費に対して、所得控除を受けることができます。最高でも200万円までの控除対象額なのですが、インプラント1本あたり30万円とすれば6本程度が対象範囲になる計算です。


また、医療費控除を受けるには、治療をした翌年の確定申告期間中に、最寄りの税務署に確定申告をする必要があります。同時にお勤めされている方は、源泉徴収票の提出も必要になるため、年末から春先にかけては少し忙しくなるかもしれません。ですが還付金が発生すれば、その分の負担も軽減できることになります。


医療費控除は、出産で帝王切開のために医療費が多くかかった方も対象になるものです。そのほか200万円以内の治療を行った方が対象になります。インプラントであっても、年間に多くの医療費を支払った人が申告できる制度のため、インプラントの治療費を支払った場合は、申告だけでもしておくと良いでしょう。




■インプラント治療は高額療養費制度の対象になることもある

医療費控除のほかでは高額療養費制度というものがあります。高額療養費制度は、家計の負担を軽減させるもので、1カ月に支払う医療費が一定の金額を超えた場合に、超過分を支給してもらえる制度です。

上限額は個人の所得や年齢など諸条件によって変動しますが、世帯で合算できることや受診回数によってさらに負担を軽減させることができます。


また、高額療養費については、現在お手持ちの健康保険証に記載してある保険者まで問い合わせが必要です。利用したい方は健康保険証を確認して、問い合わせてみましょう。

インプラントの治療は、制度を上手く利用しながら進めていくのが良いようです。

泉田歯科医院の待合室に「ご存知ですか?歯科治療における“医療費控除”について」という資料をご用意しています。ぜひ、ご参考にしてください。


20200116.png