プライスリスト
Private Seminar
検索窓

■矯正歯科では裏側矯正より表側矯正の方が安い

矯正歯科では、矯正方法に種類があり、歯の表側を矯正する表側矯正では25〜150万円ほどかかるといわれています。表側に矯正装置をするとどうしても目立ってしまうので、歯の裏側から矯正したいという場合は、80〜150万円ほどかかるといわれています。矯正箇所や矯正器具によって費用は大きく変動するものの、少し目立つ表側矯正の方が安く済むことがわかります。

また、近年ではハーフリンガル矯正といって、表側と裏側の良いところをとった矯正方法があります。ハーフリンガル矯正では、目立つ前歯部分を裏側矯正にして、それ以外の目立たないところは表側矯正にできる方法です。このハーフリンガル矯正の場合は、70〜130万円ほどと、裏表のやや中間くらいの費用になります。



■全体矯正よりも部分矯正の方が安い 自分の歯の並び方で前歯だけが気になる、下の歯並びが気になるというように、部分的に矯正したい方もいます。矯正歯科では全体矯正と部分矯正が選べて、前歯だけまたは部分的のように部分矯正にする方が、費用を安くすることができます。

部分矯正にした場合、使用する装置も少ないので、全体矯正よりも安くなり、1ケ所だけ矯正する場合だと5万円位からの費用になります。あくまでも参考の費用額です。表側矯正をする場合と比べてもぐっと安くなることがわかります。ちなみに上前歯・ブラケットの組み合わせにした場合は、5〜40万円くらいまで見ておくと良いでしょう。



■矯正歯科で使用するのは透明よりもメタルブラケットの方が安い 表側矯正をするときは、近年ではあまり目立たないように透明やセラミック製などの素材が使用されています。ブラケットにかかる費用は一般的に45万円ほどで、どんな素材でも同じくらいなのですが、装着すると目立ってしまうメタルブラケットにするとより安くなります。

メタルブラケットは丈夫で、通院回数もほかの素材よりも少なくて済みます。総合的な治療費として考えてもメタルブラケットの方が安くなる可能性が高くなります。そのため、通院費そのものも節約したい方は、透明なブラケットよりもメタルブラケットを選択するようにしましょう。

また、矯正歯科の治療の中には、マウスピースを使用するケースもあります。マウスピースはあまり歯を大きく動かさなくても良い治療に使用され、15〜120万円ほどかかります。とりはずしできるところが魅力のマウスピースでも、自分専用のものを作るのでその分の作成費用がかかります。


【例】こんな方におススメ
2020022719544914267.jpg



【例】矯正後
2020022719544914267_1.jpg