プライスリスト
Private Seminar
検索窓

■小児歯科で子どものときから矯正を受けるのが良いケース

子どもは、上下のあごのバランスも成長とともに整っていきます。もしも、歯並びが悪くても成長の過程でバランスも徐々に整っていくことが多いです。ですが、あごの骨やその他の発達に影響があるような場合は、子どものときから矯正した方が良いケースもあります。

例えば、先天性の欠如歯や、埋伏歯があるときは、早めに適切な治療が必要です。適切な治療が行われれば、歯を抜くリスクも抑えることが可能だからです。子どものときから小児歯科を利用するようになると、定期的に口腔内の管理をするようになるので、虫歯予防、歯周病の予防など良い習慣が身に付くメリットもあります。子ども自身がケアを意識するようになるので、大人になっても良い影響を与えます。


■小児歯科と矯正歯科のどちらを選ぶ?

小児歯科と矯正歯科のどちらで治療を受けるかは、多くの父母が悩むところです。一般に、矯正専門の矯正歯科の場合だと高度な治療技術を持つところが多いので、十分な矯正治療を受けることができるでしょう。

大人の場合は矯正歯科で間違いないのですが、子どもの場合は小児歯科の方が虫歯や歯肉炎の予防をしながら、歯の生え変わりなどの状況に応じた治療や経過観察などが可能となります。

子どもの歯の生え変わりのタイミングを見ながら、矯正治療ができることを考えると、成長に合わせた治療が期待できるので、子どもは小児歯科でも問題ないといえます。最終的にどの歯科医院に行くかは、事前に該当歯科医院の公式ホームページなどをチェックして、歯科医院を選ぶようにしましょう。


20200326-2.jpg



■小児歯科で矯正にかかる費用はどのくらい?

子どもの矯正治療は、いくら子どもの治療といっても自由診療になります。健康保険が適用外になるので、利用費の相場はあってないようなもの、歯科医院によってさまざまな料金設定になっています。料金体系など詳しい情報は、実際に電話をかけて確認したり、歯科医院のホームページから確認したりするのがおすすめです。

大人の歯が混ざっていると25〜40万円になります。大人の矯正費用は65〜85万円と倍以上かかりますので、それに比べればやや安くはなります。


20200326-1.jpg



泉田歯科医院の矯正料金は、28〜45万円になります。大人の矯正費用は70〜95万円。なので、悩まれている場合は一度矯正無料相談もしくは担当の歯科医師と相談していただくことをお勧めします。