プライスリスト
検索窓

口腔内は細菌だらけ

ヒトには700種に及ぶ細菌などの微生物が住み着いています。中でも、口腔内には300種類以上の細菌が存在し、プラーク(歯垢)1ミリグラム中には1億個以上の細菌が存在するといわれています。口腔内常在細菌の中には、酸を産生し、う蝕を誘発する細菌もいます。

細菌が食事に含まれているショ糖から合成する不溶性グルカンは、滑沢な歯の表面に強固に附着してプラーク(歯垢)を形成します。

そして細菌は自ら住みやすい環境を作り上げ、唾液や抗菌物質にも負けない細菌の集合体「バイオフィルム」となってどんどん増加します。

バイオフィルムとは、簡単にいうとキッチンの排水溝などに付いたフルフルした膜などがそうで、複数の細菌が重なり合った集合体です。これらの細菌は食後1時間で1万倍にも増殖していくのですが、睡眠後3時間で爆発的にその数が増えていき、約8時間では、最近は飽和状態に達します。起床直後の唾液1ccの最近は、おおよそ糞便1グラムの10倍量にもなります。考えようによっては、体の入り口である口の方が、出口であるお尻より汚いとも言えます。

寝ている間は細菌のはたらきを抑えたり洗い流したりする唾液の量が少なくなりますので、寝る前の歯磨きが一番大切で効果的で。ぜひ今日から実践してください。

あと、口腔細菌の家族感染にふれておきます。まだ歯のはえていない乳児では細菌は検出されませんが、乳臼歯が生えだしてから生え揃うまでの生後19ヶ月から31ヶ月の期間に子どもへの初感染が集中します。

このことから、感染予防に神経質になりすぎ、親子のコミュニケーションをむやみにとがめてしまいがちです。しかし、コミュニケーションを制限することよりも、母親をはじめとする家族全員が自分自身の口腔を清潔に保つことこそが子供を守るということを理解することが大変重要な事なのです。



歯が抜けたまま放置していると

歯がぬけたまま放置していると大変な事になります。むし歯で歯に穴が開いているのに、痛みを我慢して歯科を受診しないまま放置し、気がつけば知らない間に歯がなくなっていた、というような場合は特に危険です。勝手に歯が抜けたと勘違いしてしまう患者さんもおられます。

歯ぐきの上に歯がなくても骨の中にまだ根が残っている可能性があります。永久歯の根は乳歯のように自然に吸収しません。骨の中で残った根が化膿して、突然顔まで腫れる恐れもあります。さらに放置すれば、周囲の骨をどんどん溶かして隣の歯の周りの骨まで失う事になります。急いで歯科を受診、レントゲンの検査で骨の中を調べてもらう必要があります。

抜けた部分の隣の歯も長期間放置すると徐々に抜けた部分を覆うように傾いていきます。かみ合っていた反対側の歯は伸びていきます。傾いたり、伸びた歯ではうまく噛めません。また空気も漏れるため話しづらくなります。正常な位置から歯がずれてくると、その部分の清掃が難しくなり、むし歯や歯周病が進行しやすくなります。かみ合わせのバランスも崩れ、あごが痛くなることもあります。

特に見えない奥歯は抜けても放置しがちです。1本ぐらいと考えて歯がなくなった場所を放っておくとまわりの健康な歯まで病気になります。とにかく早急に歯科を受診することをお勧めします。始めが大切です。