プライスリスト
検索窓

■4人に1人酸触症

酸触症(さんしょくしょう)って聞いたことがあますか? 疫学調査によると罹患(りかん)率は26.1%、約4人に1人が酸触症といわれています。酸によって歯の表面がすり減り、滑らかになったり、歯の色の黄色味が強くなったり、歯のつやがなくなったり、奥歯がクレーター状に穴があいたり、歯の先端がかけたりするのが酸触症です。
20200804.png

昔、メッキ工場やバッテリー工場などであった、酸性ガスの影響で歯の表面が解けたようになる職業病も酸触症の一種です。

現在考えられる原因には逆流性食道炎や過食症、アルコール依存症による自発的反復性嘔吐による胃酸の影響がありますが、この場合、内科受信が必要となります。

最も多い原因は酸性飲食物の過剰摂取によるものです。酸性飲食物とは炭酸飲料、スポーツドリンク、ヨーグルト、酢、柑橘系果物、梅酒などがあります。健康に良いと考え、日常的に摂取しているものが歯を弱める原因となることもあるので注意が必要です。

予防法は酸性飲食物摂取後、まず数回お水でうがいをし、口の中の酸を洗い流してください。むし歯予防のためにはすぐ歯みがきをする方がいいのですが、酸性飲食物摂取後すぐは、酸によって歯の表面が柔らかくなっているため、唾液で口の中の酸性度が回復するのを待ってから(接種後約30〜60分)歯を磨くようにしてください。

他にもかみしめ癖や磨き過ぎなどが酸の影響と重なり、症状を著名にすることもあります。

酸触症の進行は緩やかな事が多く欠損が大きくなって気づくことが多いので、心当たりのある方は歯科医院でご相談されることをお勧めします。



■むし歯、歯周病の特効薬はない

これだけ科学が発達しいろいろな薬が開発されているのに、むし歯や歯周病を引き起こすばい菌をやっつけて、除菌する薬がないのかと思ったことはありませんか? そんなことをしたら商売として成り立たなくなる歯科医院と製薬会社が結託してお薬の製造を阻止するようなことは決してありません。特効薬を作れない理由があるのです。

少し専門的なお話になりますが、細菌による病気(感染症)は強毒菌感染症と弱毒菌感染症の二つに分類されます。前者は法定伝染病のように、感染すると必ず発病してしまう病原性の強いばい菌が引き起こすもので、そのばい菌が普段身近にはいなくて、私たちが遭遇すると感染してしまいます。これらは大抵その病気にかかったかどうかの検査法も確立しており、治療法や効果的な抗生剤が用意されていることが多いです。


一方、弱毒菌感染症では事情が違います。これは普段私たちの身体に住みついているばい菌(常在菌)が原因で起こります。病気を起こす力が弱いのでばい菌がいるだけではなんともあ
20200804-2.png
りませんが、一定の条件がそろった時に病気をひき起こします。口の中においては、歯垢(しこう)が出来てきた時です。しかも、普段から身体に潜伏しているので、風邪やその他の病気になった時に飲む抗生剤にさらされて慣れています。だから、根製剤が効き難いのです。特効薬を作らないのではなく作れないのです。

原因となるばい菌を抗生剤などで完全に死滅させることは不可能なので、結局は歯垢ができないようにお掃除することが重要になります。歯科医師が歯を磨く指導をするのは、このような理由があるからです。
ばい菌の少ない健康な口を保つためには、ブラッシングが重要なのです。